« 2013年2月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

弱音

お酒の力を借りて、つい弱音を吐いた!3人しか居ない家族の間で・・・。

親父は、俺が働けないせいだと嘆き、お袋は固まった。

生活の苦しさは、まだ何とかなる。ただ、先行き不安は辛い。

今は底なのかもしれない。

・・・と、随分と弱気だが、確かに現実は厳しいのだ!

今日は、早く寝ることにしよう。

2013年3月29日 (金)

お袋の通院日

検査とお薬調達の通院だったはずが、薬だけに!?

なんでも、次回は検査と診察になるらしいが、これだと3時間は滞留覚悟が必至!

辛抱強い性格のお袋が、この頃そうでもなくなって来ているので、これは試練か!!

大きく湾曲した背中を伸ばしのばし、杖を頼りに月一通院リハビリが続くよ、、、

いつまでも・・・♪。

2013年3月28日 (木)

散髪

20代後半からの20数年、薄毛を隠しながらの人生だった。

いろんな演出を手伝って下さった床屋さんも、今では2代目

の息子さんに受け継がれている。

今日は、ちょっぴり短めに刈り込んでもらった。

たかが薄げ、、、されどハゲ、、、である。

続きを読む »

2013年3月27日 (水)

電車

混み合う電車に押し込まれ ガラスに額をつけたまま

大きなため息をついたら なお気がめいる

どんなに悲しい夜ばかり 過ぎても会社に着いたなら

笑顔を振りまいて Jokeの一つもとばす

何を求めて明日を探せばいいのか

大きな海を漂う木の葉のようだわ

仕事を始めていたずらに 時間が流れていくけれど

けじめと名のついた 卒業証書がほしい

誰もが自分の生き方を 見つけて歩いてゆくけれど

私は変わらずに 私でいるしかできない

あなたを失くしてまでも 決めた道を

悔やむほど弱くなった 私をしかって

あなたを失くしてまでも 決めた道を

悔やむほど弱くなった 私をしかって

あなたを失くしてまでも 決めた道を

進むほどずるくなって 明日を変えたい



http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=3155





電車 岡村孝子 電子ピアノ弾き語り cover by kei
YouTube: 電車 岡村孝子 電子ピアノ弾き語り cover by kei



              『電車』    作詞・作曲 岡村孝子

                         唄   岡村孝子

2013年3月26日 (火)

洗濯物

今日のように、微妙な天候のとき、干し方で乾き加減が違ってくる。

そのことは十二分に承知している積りだが、つい楽な干し方に流される。

すると案の定、取り込む際に一部が生乾きのままになっていて、愉快ではない。

ただしかし、、、部屋干しの定位置が確立していて、其処に干せば大丈夫と云う

拠り所がある。そのことも、楽な干し方に走る原因なのだろう。

まぁ、つべこべ云わず、しっかりと洗濯物干しに勤しむこと、、、何事も奥深きものだ。

2013年3月25日 (月)

さくら

桜が満開だ!

綺麗な桜は沢山あると思う。中でも、ソメイヨシノの舞い散る様子には、

切ないほどの美しさ・潔さがあると思う。ただ、一本桜となると、、、

枝垂れ桜の妖艶さは、秀逸であろう。

花見て 一杯、、、気分は春・さくら。

お昼ごはん

惣菜を使わせてもらうことが多い、我が家の昼食。

冷凍ものも重宝する。それに、冷凍おにぎりを常備しておけばOK !

電子レンジには、毎日大変にお世話になる。無くてはならない存在だ。

あと、何回できるか分からない、家族3人での昼食を、普段どうりに

淡々とこなしていく・・・あたりまえのことが、嬉しくもある。

2013年3月23日 (土)

生きる、と云うこと。

生きているということ いま生きているということ

それはのどがかわくということ 木もれ陽がまぶしいということ

ふっと或るメロディを思い出すということ くしゃみすること

あなたと手をつなぐこと

生きているということ いま生きているということ

それはミニスカート それはプラネタリウム

それはヨハン・シュトラウス それはピカソ それはアルプス

すべての美しいものに出会うということ そして

かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ いま生きているということ

いま遠くで犬が吠えるということ いま地球が廻っているということ

いまどこかで産声があがるということ 

いまどこかで兵士が傷つくということ

いまぶらんこがゆれているということ

いまいまが過ぎてゆくこと

生きているということ いま生きているということ

鳥ははばたくということ 海はとどろくということ

かたつむりははうということ 人は愛するということ

あなたの手のぬくみ いのちということ

                        『生きる』   谷川俊太郎

続きを読む »

2013年3月22日 (金)

仕事に勤しんだ日

久々に充実の仕事が出来た感があった。

正月明けてからこの方、仕事らしい仕事が無かったから。

お馴染みさんとのお付き合いが長い商売を営んでいる。

そのお馴染みさん方も、随分とご高齢になられた。

考えてみれば、この俺が52歳だものなぁ ^^;

とにかく今は、やれるだけのことをやる!

それっきゃ、、、ない。

2013年3月21日 (木)

月命日

花冷えの月命日、、、普段は椅子生活の親父も、この日ばかりは座椅子に腰を下ろす。

ただ、座るのも大変だが、立つのは更に大変な作業になる。

力とコツで親父を持ち上げるわけだが、流石に辛くなってきた。

それでも今日は、けっこう上手く出来た方だ!スムーズに立てたしね。

2013年3月20日 (水)

春分の日

今年の桜は、開花が早いと聞く。

小学校の卒業式は、きっと満開のさくらが観れる。

まさに、”桜舞う校門を背に、いざ卒業す!” かな。

2013年3月19日 (火)

進化してる?

たまご焼きのこと、、、かつお出汁の素を玉子2個に対して小さじ1杯。

それに、砂糖と醤油、酒も小さじ1杯ずつ、それに水を小さじ2杯を混ぜる。

プロの出汁巻き卵にはまだ遠く及ばないが、以前には無いほどの

上出来だと自負。昨日より明日、、、日々進化したいものだ!

2013年3月18日 (月)

些細なこと

日々の暮らしの中で、何気なく口を付いて出た言葉が、誰かを

傷つけたり憤慨させたりしている、、、そんなことも、ある。

家族間でも、それは起こる。しばらくは、沈黙の時間が。

何か、他で深刻な場面が展開すると、小さな諍いは吹き飛ぶ。

しばしば、国の政で使われる手法にも、そんなことがあったような!?

・・・つまりは、争いごとは好まないと云うこと、、、しかし、難しい。

2013年3月17日 (日)

電柱の上で・・・

通りの掃除をしていると、頭上で鳥の鳴き声が。

カササギの巣をカラスが襲っているところに出くわしたのだ。

雛を狙ったのだろう、、、無残にも、巣は丸裸にされてしまった。

果敢にも、2羽のカラスに立ち向かうカササギの勇士は、徒労と化した。

その姿に、弱肉強食の掟を感じながら、カササギの無念に同情していた

俺だったが、その置かれている巣は、電柱の上。

電力会社も手を焼いていた、悪評の危険な巣だった。

この場合、巣を撤去してくれた形のカラスに、むしろ敬意を表するべき?

なんて、変な理屈を思いついたりした。

こんなこと、人の世でも有りがちかな?

2013年3月15日 (金)

後悔

結局後悔は、してもしょうがないと解っていて、それでもしてしまうもの。

”あんな場面で、何であんなこと云ってしまったんだろう!” とか、

”我慢の限界で、つい、やっちまった!” とか。

でも、何とか修復したい、しようと試みる場面も数多くあった。

その繰り返しが、これまでの俺の人生。

みんなそうなのだろうか?

2013年3月14日 (木)

ほろ酔い気分

晩酌が少し過ぎたかもしれない。

気分は悪くないが、少しクラクラしてる。でも、書き込みは出来た!

明日は、仕事がありそうだ、、、よかった!

2013年3月13日 (水)

一日、雨

春雨だけど、濡れる訳にはいかない、かも!?

大気中を浮遊する花粉やPM2.5などの微粒子が、雨に混じって降り注ぐ

可能性も、あり?! 

関東では、南から突風が吹き、九州福岡・宮崎では、桜の便りが・・・

いろいろあるが、三寒四温を繰り返し、季節は着実に春本番へと向う。

2013年3月12日 (火)

WBC

親父は野球が大好物!王道のジャイアンツファン。

今は、WBCにハマッテいる。準決勝進出、さっきまでテレビ観戦していた。

お袋は、全く関心なし、テレビは、サスペンスドラマとクイズ番組、、、これに限る

・・・らしい。

2013年3月11日 (月)

あの震災から・・・

2年の歳月が経過した。

東北の災地を思うとき、こころは真っ白になる。

いろんな人々のほんとうが、埋もれていくみたいで怖い。

震災が、どんどん人災になって行く。

遠く九州の地、、、俺は両親と3人で、日々を静かに闘っている。

心は、東北の魂に寄り添うようにと念じながら。

2013年3月10日 (日)

一日中、家の中

やらなきゃいけないことは、沢山あるんだけれど、

後回しにしてるうちに面倒になって、結局やらずに後回しに・・・。

取り敢えず、今日のうちに日記を更新したいので、この辺で!

2013年3月 9日 (土)

今を生きる

今朝、テレビで討論をやっていた。

『どんな老後を送りたい?』、、、そこがポイントになる、らしい。

大方の人は、家族に負担をかけずに老後を送りたいと思っている。

しかも、終の棲家が自宅ならベスト!。もちろん、その実現は容易でない。

・・・今を生きてる俺ら家族にとって、気負いや諦めは無い。

何かに囚われず、決め付けず、流されず、、、自然体で受け入れて、

淡々と日々を送れたら、それで上出来なんだよね。

黄砂

今朝、窓から望む風景は、薄い黄色の帯で覆われていた、、、黄砂飛来!

その上にPM2.5と花粉が重なってるらしいから、始末が悪い。

洗濯物は部屋干し、外出は極力避ける。どうしてもの外出にはマスクを着用!

家の中に留まっていれば安心なの?黄砂が季節の風物詩では無くなってしまった。

2013年3月 7日 (木)

支え、支えられて

今朝、親父がお袋のベッドに横たわっていた。

着替えの最中に、バランスを崩して、そのまま倒れたみたい。

俺もお袋も気付かずにいた。

俺の朝寝坊が、発見を遅らせたのだが、幸い大事には至らず、

何も無かったかの如く、着替えを再開。

横たわっていたのは、数分間だったと思うのだが、親父にしたら

不安の募る数分間だったことだろう。

油断禁物、、、肝に銘じた。

2013年3月 6日 (水)

臥龍梅

・・・普光寺と云うお寺の境内に咲き誇る、龍を模したような梅の木群のこと。

小学生の頃、お別れ遠足の目的地だったことを覚えている。

もう30年位前のこと、親父とお袋が早朝ウォーキングで通ったこともあった!

早春の便りは、まさに臥龍梅の香りとともに届けられるのだ。

2013年3月 5日 (火)

PM2.5

隣町のPM2.5値が、やたらと高い数値を示していたらしい。

ここのところ、サイトで数値を確認しながら洗濯物干しの目安にしたり、

外出時のマスクを用意したりしていたのに、今日に限って忘れていた。

”災害は、忘れた頃に、やって来る!”

そんなことを、考えたりした。・・・大袈裟かな?

親父の通院日

今日は、循環器内科の診察日。消化器内科に比べれば、

こちらは小康状態と云ったところ!まずまず。

総合病院に付き物と云えば、待ち時間が長いということ。

検査と診察、、、処方箋を貰って、薬の待ち時間まで加えたら、

約3時間の長丁場。車椅子に腰掛けたままの高齢者には、

しんどい修行のようなもの。

そこで、主治医の先生の計らいで、検査と診察日を分けて

もらい、滞在時間を短縮する試みを企てた。

週2日の病院通いは、正直付き添いの俺にも影響大だが、

ここは踏ん張り所と覚悟を決めた!

2013年3月 3日 (日)

長閑な一日

肌寒さはあるが、明らかに季節は春へと向ってる。

親父のことを、先日少しばかり書き綴ったので、

今日は、お袋の事にも触れておくこととする。

概ね穏やかな性格の持ち主であるお袋だが、ここぞと

云う場面では、開き直って大胆な発言や行動に打って出る

荒々しさも兼ね備えている、、、流石である。

夫婦揃って、お世辞にも商売上手とは云えないながらも、

二人三脚で歩んできた経験と度胸の賜物と言えるのかも。

その商売を継いだ俺も、その二人に輪を掛けて商売は下手

なのである ^^;

2013年3月 2日 (土)

仕事もしなければ

毎年、この時期は仕事が暇になる。仕事が無くなるんじゃないかとさえ思える。

30年続けてるのに、ちっとも仕事が上手にならない、、、不器用だから、かな!?

でも、今日は少しばかり忙しくした。日銭も稼げた。上出来だ!

この時期、毎年思うのは同じこと、『仕事が出来て、なんの不満ありや』

~初心、忘るべからず~ 

2013年3月 1日 (金)

お袋の通院日

雨の通院日、親父と比べたら、いくらか動けるお袋は、手押し車で

颯爽と、院内を巡る余裕がある。

ただ、3時間越えの院内滞在は、やはり疲れるようだ。持病の悪化を

心配するほどの滞在時間は、如何なものか?やはり、検査と診察は

別の日でお願いしないといけないのかな。。。

・・・それと、今日は恒例の初市の日、、、昔は、植木や農機具などを

扱う出店で賑わいをみせた、早春のお祭りだった。

小学生の頃のお袋は、帰宅途中に初市を見物して回ったそうだ。

お楽しみ会的な盛り上がりをみせたに違いない。だって、

そんな話をするお袋は、随分とハイテンションだったもの^^。

時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013