« 2014年2月 | メイン | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

月末

早くも月末だ!消費税増税前の駆け込み需要の反動で、

このひと月の売り上げは、過去最低記録を更新した。

折り込み済みの結果だが、予想を大きく上回る厳しさ。

巷はGWに浮かれているが、今後の景気には要注意か!?

続きを読む »

2014年4月29日 (火)

ご近所のお店に今年もまた、ツバメの巣がかかっている。

ご店主が作業されている店内頭上に、その巣はある。

店先が解放されているおかげで、彼らの子育ては順調だ!

ただし、お店が閉店時間を迎えるころ、彼らが騒ぎ出す。

シャッターが閉まった後、巣には帰れないから。

店舗近くの電線上で、彼らは夜を明かすことになる。

もう何年もこの状態が続くのに、きっと彼らは

来年もまたこのお店にやって来ては、子育てをすることだろう。

あんなに大騒ぎな子育てを、黙って見守るご店主の自然体が、

きっと彼らにも通じているはずだから。。。

Img_07881

続きを読む »

昭和の日

朝から、衣替えに乗じてタンスや押し入れの整理をしてみた。

親父のスーツやコート、綿入れ袢纏や作業着などなど、

けっこうあるものだと驚いた。

今日は昭和の日、親父の人生の、大半を共に過ごした時間の流れが

昭和という時代にあった。

俺にとっても、幼少期から青年期まで過ごした大切な、

そして懐かしい時代なのである、、、が・・・昭和に限らずいつの世も、いいことよりむしろ、

苦しく困難なことの方が多いもの。

そんな時代の感傷に浸っていたら、どこからか・・・

『大袈裟に心配するな!たぶん、大丈夫。』

根拠のない自信に満ちた親父の声が聞こえた?  気がした。

続きを読む »

2014年4月28日 (月)

小雨

曇天が今にも泣きだしそうで・・・。

今年のGWは飛び石と消費増税の影響で、

盛り上がりに欠けると云う。

それに、天然ガスの値上げが、電気料金へ波及して、

値上げが必至の状況。

泣き出しそうなのは、曇天ばかりでは無いようだ。

続きを読む »

2014年4月27日 (日)

藤の花

車で1時間ほどのところに、藤棚で有名なスポットがある。

いつのころからか、GW前の日曜日に家族3人で出掛けるのが

習慣になっていた。

ところがこの2年間、親父の入院が重なり見物出来ずにいた。

家族が2人となった今年、3年ぶりの藤棚詣でと洒落込んだ!

親父の遺影と共に。

Photo_2

続きを読む »

2014年4月26日 (土)

繁忙

April fool を境に、仕事は暇になった。

ただ、昨日は例外だった、忙しかった、ほっとした。

田舎のでんきやさんを30数年やってる、親父の後を継いで。

今に思えば、本当に忙しかったころ、

いろんなことが見えていなかった。

仕事は、降って湧いて来るものと錯覚していた。

空気は何処にでもあるから、その大切さを忘れてるのと同じで。

当たり前と思えることは見えていても、見てはいないものだ。

続きを読む »

2014年4月25日 (金)

リサイクル

今朝は資源回収の日。

いつもの場所に、変わらぬ顔ぶれがこぞってくる。

”おはよう”の挨拶程度で充分なのだが、それすら無いままに、

ただ黙々と缶やペットボトルを、ケースへ落とし入れる人。

新聞紙の束が積みあがった山の不安定さが気になるのか、

やたらに積み替え指示を急かす人、、、自らはせずに。

回収箱の真ん前で、世間話を展開し始める人。

収集場所に近すぎて、毎回遅れて来る人。

そう云えば、不燃物ごみを持って来て注意されてたことも

あったかな?、この人。

・・・そして、その様子を遠巻きにして観察している、

暇な俺、、、心もリサイクル。

続きを読む »

2014年4月24日 (木)

新緑

お決まりのコースをただ、只管歩き切るのが

いつものお散歩流儀。

公園の外周を反時計周りに半周すると、辺りは田圃と化す。

今の時期、麦の穂が風に揺れているが、もうしばらくすると、水田の準備がはじまる。

その新緑のジュータンをかき分けるように畦道を、

まっすぐまっすぐ進み切ると、突き当りを右へ。

今度は、田起こしが既に済んだ田圃の脇を進み行き、ブドウ畑を抜け切ると、

用水路の水門が顔を出す。

水面を覗きながら、畦道交差を北へと進路をとれば程なく、

十六面田圃をぐるっと一周することになる。

ひばりのさえずりに急かされて、公園外周路を取って返せば

いつものお散歩がお開きに。

Hi3d00580001

続きを読む »

2014年4月23日 (水)

NHKの朝ドラ、、、主人公が校則違反の飲酒の罪をきせられる。

そのことを噂で聞きつけた主人公の父親が、彼女に質す。

彼女は事の仔細を述べ、弁明するが、父親は一応の理解を示すものの、

『悪いものは、悪い』として、叱りつけ、落胆し、崩れ落ちる。

ワインの香りに、ふるさと甲府のブドウ農園の香りを懐かしんだ

主人公に、隙と落ち度があったのだろうか?

ドラマの展開はともかく、このような場面は意外と、

日常にも潜んでいる気がする。大切なのは、いいことも、悪いことも

身に起こってのち、どのように振る舞うかで決まってしまうと云うこと。

どんでん返しだって起き得るということである。

・・・なんちゃって。

続きを読む »

2014年4月22日 (火)

人の振り見て・・・。

大通りを左折して、狭い路地に入った刹那、

眼前に大きな4WD車が飛び込んできた。

どうやら、道路沿いの住人と車窓越しに話し込んでいる、

運転手の女性と、幼い女の子の姿が見えた。

いっとき間をおいて、警笛でも鳴らそうかと考えていた矢先、

今度は徐にドアが開いたかと思いきや、本格的に話し込む

面持ちの女性が車から、、、滑り出てきた。

その大胆な態度に唖然として、少しの怒りを覚え始めた。

次の瞬間、何かを手渡された女性が今度は、素早く車に

乗り込むと、こちらに振り向くでもなく車を走らせた。

・・・ほんの1~2分の出来事だろうが、

感情のサインウェーブは、かなりの高周波となっていて、

発信間際だったに違いない。

人の振り見て、我が振りなおす。

続きを読む »

2014年4月21日 (月)

ひとりよがり

お昼のテレビ番組を見ていたら、あるMCさんの顔が、飛び込んできた。

今が盛りと咲き乱れんばかりの勢い、、、りきんでるなぁ~

キャラクターを前面に押し出す時期なのだろうことは、容易に分かる。

旬を逃す手は無いのである。

ただ、ひとりよがりの空回りになってしまっては、如何なものか!

チャレンジャーの孤独をみた。

続きを読む »

2014年4月20日 (日)

蔑み

電話相談でのこと。

ある事柄の段取り表の説明と、作業工程とのつじつまが合わなくなり、

止むを得ず専門家のご指導を仰ぐことに。

たぶん、この相談内容は素人がつまずく定番の質問であって、

スタッフにはウンザリするような電話相談だったのかもしれない。

電話を切ったあとのモヤモヤ感と云ったら半端がなく、

腹立たしいやら、悔しいやらで・・・・・・・・・。

ただ、おかげで作業は程なく無事終了。

怒りの矛先は、こんなことくらいでつまづき、

人に頼ってしまう自らにも向いた、少しだけ!

人への説明責任を追った仕事をしている私にも、

このような対応をしてしまう場面があると思う。

人を蔑めば、その因果はいつか必ず巡ってくる。

重く受け止めて、肝に銘じた。

続きを読む »

2014年4月19日 (土)

安泰

しばらくぶりにウォーキング散歩を始めた、、、まだ2日目だけど。

車で約10分のところにある公園の遊歩道。

そこから続く田圃道を巡る30分ほどの時間が、父と歩いた頃の情景を

蘇らせてくれる。

戻ることのない時間を慈しみながら、気分は寒の戻りの北風を突っ切って

前へ前へと進んでいく、、、心が穏やかに落ち着いていった。

続きを読む »

2014年4月18日 (金)

後悔

嘘は、嘘。

相手を傷つけまいと、吐いて出る言葉もあるというが・・・

昨日の仕事先での出来事。

悪意は、、、確かに無かったのかもしれない。ただ・・・

今、後悔してると云うことは、後ろめたさがあるということ。

どこかに、自分を正当化しようと振る舞う姿があった。

後悔と反省。次に生かすしかない、、、なぁ。

続きを読む »

2014年4月17日 (木)

郷愁

住みなれた場所を追われた人がいる。

そこには刻まれた年輪と想いが沢山詰まっていたと云うのに。

いろんな事情という名の言い訳が、聞こえてくる。

これが現実だと。

その人は一念発起、、、故郷に帰る決心を・・・。

かすかな記憶を頼りに、ただ休まずに歩く、歩く、そして歩く。

どのくらい時が経ったのだろう、その人は誰かに伴われて

帰宅の途についた。そして、ある人が言った。

『着いたよ良かったね、ここがふるさとだよ』、と。

続きを読む »

2014年4月16日 (水)

日常

ブログを始めた当初、毎日更新と意気込んだ。

しばらくして、少し苦痛を覚え始めたころ

父親が入院、闘病記を綴った。

その父が他界してブログは止めようと思ったが、

紆余曲折で今に至る。

そもそも、父の介助日誌を書くことから始まったのであった。

・・・今日は、ちょっぴり仕事が忙しくなりそうだ。

続きを読む »

2014年4月15日 (火)

学生の頃、冬の山陰を巡ったことがある。

社会人一年生の時、研修を兼ね滋賀・大津で数週間過ごした。

・・・俳優の火野正平さんが自転車で旅をする番組がある。

今週は、滋賀県のこころの風景を巡ってる。

春の陽気もあってか、そわそわして心地いい懐かしさ。

”二十歳の自分に戻った気分”と言ったら言い過ぎかな!

続きを読む »

2014年4月14日 (月)

Good モーニング!

東向きに2軒ほどの窓があって、そこからの朝日は眩しいけれど、

春の日差しの柔らかさが、何とも心地いい。まさに、洗濯日和だ。

慌ただしかった年度末の喧騒から抜け、静かで穏やかな日々が戻った。

ただ、この静寂は一時の中休みであってほしい。

仕事の沈黙は、すべてを停滞させるから、それがコワイ。

・・・貧乏性の戯言である。

続きを読む »

2014年4月13日 (日)

迷い路

小さいころ、よく道草を食って帰宅が遅くなった。

もちろん迷っていた訳ではない。

はじめて行った場所でも、目印をチェックして、

道順を忘れぬようにしていた。

ただ、対人関係は勝手が違うんだな、、、これが!

仕事だと何でもない会話でも無難にこなすのに、

普段は重い口が災いして、ぎこちなくなる。

誤解されてるなぁ、これは。

五十路にして、まだ迷路の中。

続きを読む »

2014年4月12日 (土)

You Tube

泣ける歌や奇跡の歌声、それから泣ける話。

夕食を済ませたころ合いで、最近よく観ている。

年を重ねると涙腺が緩むと云うが、

逆に、緩ませてくれる事柄を求め探している自分がいる。

涙目で霞む画面を眺めながら、安い焼酎を流し込む。

お洒落じゃ無いなぁ~。

続きを読む »

2014年4月11日 (金)

思いこみ

目前のことを見逃したが為に、恥ずかしい

失敗を露呈することがある。

幼少から早合点を指摘されていた。ただ、

今でもそうだとしたら、進歩がない!

思いこみの駄目な一面である。

反面、思い込むことで切り開く場面もある。

自信を持つこと、自らを奮い立たせるために

いいイメージを思い込ませる作業をやって来た!

ただし、”冷静さを忘れずに、短期は損気だから”

自分に言い聞かせた。。。

続きを読む »

2014年4月10日 (木)

小保方春子さん

小保方の姓は、関東の群馬県伊勢崎市内にある地名に由来しているらしい。

全国5,316位にランクされる、珍しい苗字だ!

およそ2,000名の方々が、この姓を名乗っている。

たぶん、STAP細胞に関わっている小保方さんは、

小保方春子さん、ただ一人だと。。。

自分が信じる道に偽り無しと誓えるならば、

”若き研究者よ、大志を抱け、そして懼れず進め!”

続きを読む »

2014年4月 9日 (水)

サポート

Windows XPのサポートが切れる。

愛着ある我がノートPCも、そのXP搭載である。

何にでも、始まりがあれば終焉の時が来るものだが

このPCによって繋がる社会からの隔絶を宣告された

ような錯覚に陥った。

10年弱の付き合いとなるXPへのノスタルジーでは

ないのだが、すでに相棒と化した存在がそうさせるのだろう。

このブルグを含め、殴り書きの日記やメモ書き等、

可能な限りXPとの付き合いを継続していきたいものだ。

続きを読む »

2014年4月 8日 (火)

春、、、なの?

ここのところ、寒の戻りと云う奴のせいで朝晩は、

暖房機のお世話になっている最中、、、

リセットの春がスタートする。

そんな4月の気配いを窓の外、

登校児童のはしゃぐ声色で感じとる。

日々新たな心持ちで営む、、、

普段の姿勢を見つめ直す、早春の朝。

時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013