« 将棋 | メイン | 遊歩人 »

2014年5月26日 (月)

はじめ人間

なんにもない なんにもない 

まったく なんにもない

生まれた 生まれた なにが生まれた

星がひとつ 暗い宇宙に 生まれた

星には夜があり そして朝が訪れた

なんにもない大地に ただ風が吹いてた


やがて大地に 草が生え 樹が生え

海には アンモナイトが生まれた

雲が流れ 時が流れ 流れた

ブロントザウルスが ほろび 

イグアノドンが さかえた

なんにもない 大空に ただ雲が流れた


山が火を噴き 大地を氷河がおおった

マンモスのからだを 長い毛がおおった

なんにもない 草原に かすかに

やつらの足音がきこえた

地平線のかなたより マンモスのにおいとともに

やつらが やってきた

やってきた やってきた


    『やつらの足音のバラード』

作詞 園山 俊二  作曲 かまやつ ひろし

 

http://www.uta-net.com/song/5959/


https://www.youtube.com/watch?v=C9jBT93zq7A








コメント

この記事へのコメントは終了しました。

アンティーク時計

アクセスランキング

福岡の天気
祝日カウントダウン
Sakura Calendar
名言集
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
Powered by Six Apart
Member since 02/2013
フォトアルバム