アンティーク時計
福岡の天気
名言集
祝日カウントダウン
Sakura Calendar
野菜today
ガソリン価格

gogo.gs
フォトアルバム

« STAP細胞の憂鬱 | メイン | Smile again »

2014年8月28日 (木)

九九とザボン漬け

小学2年生だったと思う、、、俺のころは。

誰にでも記憶にあると思う、、、掛け算の九九を丸暗記。

教壇で一人づつ、2の段から順に発表する。

その光景の記憶は無いのだが、九九とは直接関係のないことで、

強烈な印象を残すことになろうとは。


ザボン漬け、、、この食べ物自体、

好き嫌いの対象では無かった、その日までは。

柑橘系のくだものの表皮を剥ぎ取り、果皮を

砂糖で煮込み、更に砂糖を塗せば出来上がり。

簡単に云えば、そんな風にして作られたお菓子。

このザボン漬けが、九九の段練習のご褒美として、

段をクリヤー出来た暁に、先生から頂戴できるのだ。


これから九九を発表せねばならない緊張感。

しかも、クラスメートみんなの前で、たったひとり。

ただでさえ緊張しいの俺は、真っ白になって・・・


なんと意外にも、最初の発表は上手くいった、たぶん。

そこで、ご褒美のザボン漬けを戴くことに、なった。

ところがこのザボン漬け、、、強烈に甘苦い!。

あまりの甘苦さに、残したものをポッケにいれた。

そして休み時間に図書室へ行き、そこのゴミ箱に捨てた。


ただ、捨てた行為が後ろめたさと相まって、自己嫌悪。

ザボン漬けの甘苦さ、、、より苦い思い出となってしまった。


今でもザボン漬けは食べないし、マーマレードも苦手かな。

まったく、小っちゃい小っちゃい💦