« 2014年8月 | メイン | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

友の憂鬱

今まさに介護と正面から対峙し、消耗戦を闘う友がいる。

その彼に、かける言葉が見つからない。

もし俺のお袋が、彼の状況と同じで其処に居たら、

俺は彼と同じ行動をとることが出来るのだろうか?

この問いにも、言葉が見当たらない。


願わくば、彼を取り巻く環境が、彼に優しくありますように。

そして、一人で抱え込まない勇気を、彼に与え給え。

 


2014年9月29日 (月)

♪さよなら 君の声を 抱いて歩いていく

 ああ 僕のままで どこまで届くだろう・・・


         

 唄 スピッツ 作詞・作曲 草野正宗


http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=10397

 

スピッツ / 楓
YouTube: スピッツ / 楓

歳かなぁ~

朝、洗濯機が壊れた、、、前ぶれも無く。

其処へ急ぎの仕事依頼、、、多少の苛立ちを抑えて仕事先へ。

作業現場に入るのは久しぶりのこと、、、だけど、至って平常心のつもり。

仕事は、リフォーム現場でのエアコン取外し作業。

内容はシンプル、、、ただ、現場はすでに人が入り乱れて雑多な感じ、

作業スペースが資材や道具で溢れていて、狭くてそれに、

取付板からエアコン本体がなかなか外れなくて・・・

すったもんだの挙句に外れはしたものの、外す力のベクトルが

意外な方向にも向いていたようで、身体のバランスを崩してしまい、

外れたエアコン室内機本体を放り出しそうになる。

それを反射的に食い止めようとの反作用が働き、

結局右ひじを捻って傷めてしまった。

それほどの痛みは感じず、残りの作業をこなして帰宅。

その後も、我が家の洗濯機処置をやって、午後からは

アンテナ作業にも従事。ただ、そのことから多少の痛みが・・・


今は湿布して、肘サポーターも巻いて、、、経過観察中。

腰にも爆弾抱えているし、無理が利かない年齢になったってことかな!

2014年9月28日 (日)

公営プール

親父との特別な思い出がある。それは、

二人だけで行った、公営プールでのひと時。

あれは確か、ウィークデーの昼下がりだったと思う。

友達同士でその公営プールに行くことはあっても、

親兄弟と行くことは、そんなに無かった。

だからきっと記憶に残っているのだろう。

友達同士では泳ぐことを禁じられていた50mプールに、

親父となら堂々と入ることが出来た。

足が付かない恐怖心も、親父と一緒だと云う

安心感が勝っていた

親父のゆったりと、そして大らかな平泳ぎの姿。

・・・夏の終わりの、公営プールの思い出。

2014年9月27日 (土)

道化師のソネット

♪笑ってよ君のために 笑ってよ僕のために

 きっと誰もが同じ河の ほとりを歩いている・・・


http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=3202

 

 

【さだまさし】道化師のソネット
YouTube: 【さだまさし】道化師のソネット


 


 

佐渡の怪童

1973年秋場所、新入幕を果たした『佐渡の怪童』こと元小結大錦一徹は、

1941年夏場所、同じく新入幕で横綱男女ノ川を破った双見山以来、

32年ぶりの快挙を飾った力士。

当時中学2年生の俺は、横綱琴桜を破った大錦の雄姿を、

リアルタイムでテレビ観戦していた記憶がある。

祖父の影響で大相撲が大好きな少年だった俺は、

童顔でひょうひょうとした振る舞いの大錦関が、

一旦土壌に上がると怒涛の攻めをみせる、

そのギャップに魅了された。


時空を超えて今場所、、、新入幕の逸ノ城の活躍。

しかも14日目の今日、優勝を左右する横綱白鵬との対戦。

勝敗の行方より、純粋に大相撲の面白さを堪能出来そうな、

対戦までのプロセスも楽しめる、そんな大一番を期待したい。

2014年9月26日 (金)

ごめんね

♪消えない過ちの 言い訳する前に

貴方に もっと 尽くせたはずね

連れて行って 別離(わかれ)のない国へ・・・


           ごめんね

 唄 高橋真梨子 作詞 高橋真梨子 作曲 水島康宏

 

ごめんね / 高橋真梨子/ 歌詞 1080HD
YouTube: ごめんね / 高橋真梨子/ 歌詞 1080HD

 


http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=9229

 

帰宅の途

仕事先からの車での帰り道、

ど忘れして、会話が途切れた失態を回想していた。

すると、ちょうど普賢岳を背にしていることに気づいた。


この山が噴火したのは、いつのことだったろうか?

ど忘れするほどの時間が、過ぎ去ったのだろうか?

人は忘れるから、良かったり悪かったりする。

忘れてもいいことを、いつまでも覚えていたり、

覚えていなきゃいけないことまで、忘れたり。


そんなこんなで、人なのだけれど・・・

どうして人は、

人であることを忘れてしまいそうになるのだろう❓

きっと人は、都合よく出来ているから人なのだろう。

・・・人はつい、嘘をつきたがる。

だって、ほんとうに忘れるってことは、

忘れたことさえ、忘れているのだから!


独り言まで呟きながら、帰路に就いた。。。

 

2014年9月25日 (木)

YOU RAISE ME UP

                  YOU RAISE ME UP

作詞・作曲 Rolf Lovland/Brendan Graham


When I am down and, oh my soul, so weary;
When troubles come and my heart burdened be;
Then, I am still and wait here in the silence,
Until you come and sit awhile with me.

※You raise me up, so I can stand on mountains;
You raise me up, to walk on stormy seas;
I am strong, when I am on your shoulders;
You raise me up... To more than I can be.※

There is no life, no life without its hunger;
Each restless heart beats so imperfectly;
But then you come, and I am filled with wonder;
Sometimes I think, I glimpse eternity.

You raise me up, so I can stand on mountains;
You raise me up, to walk on stormy seas;
And I am strong, when I am on your shoulders;
You raise me up... To more than I can be.

※~※ 繰り返し×2

You raise me up... To more than I can be...



落ち込んで心底うんざりしたとき
困難に見舞われ重荷を抱えたとき
私はただここで静かに待つの
あなたが来て そばに座ってくれるまで

あなたが励ましてくれるから
山の頂にも立てる
あなたが励ましてくれるから
荒ぶる海も渡ってゆける
私は強くなれるのよ
あなたの支えがあれば

飢えのない人生などない
気ぜわしい胸の鼓動はひどく乱れていて...
でもあなたが来て、私の心が感動で満たされると
時に永遠をかいま見たと思うほどになる

※あなたが励ましてくれるから
山の頂にも立てる
あなたが励ましてくれるから
荒ぶる海も渡ってゆける
私は強くなれるのよ
あなたの支えがあれば※

※~※ 繰り返し×2

あなたが励ましてくれるから
私以上の私になれるの...



 

Celtic Woman - You Raise Me Up (and Concert Closing, live at the Slane Castle)
YouTube: Celtic Woman - You Raise Me Up (and Concert Closing, live at the Slane Castle)

 

9 year old sing You Raise Me Up (Samuel Afi)
YouTube: 9 year old sing You Raise Me Up (Samuel Afi)

MARTIN YOU RAISE ME UP
YouTube: MARTIN YOU RAISE ME UP

それぞれの・・・駅

駅_竹内まりや_MIDI/カラオケ_歌詞・メロライン有り
YouTube: 駅_竹内まりや_MIDI/カラオケ_歌詞・メロライン有り

♪見覚えのある レインコート

 黄昏の駅で 胸が震えた・・・ 

http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=859

     
唄・作詞・作曲 竹内まりや





 

2014年9月24日 (水)

SNEP(孤立無業者)

今朝、テレビの情報番組で取り上げられていた話題。

20~59歳、結婚していなくて仕事もせず、ここ2日ほど家族以外

の人との接触が無い、、、そんな女性SNEPについての話。

現在、このような人が160万人以上いるとのこと。

中でも、女性は離婚や介護支援などの理由が切っ掛けになることも。

 

そう云えば、俺も二十歳代前半は長く引きこもっていた時期があった。

人付き合いが下手な性格が、商売とは相いれないと思っていたのだろう。

これはとんでもない仕事を選択してしまったとの焦燥感が、拍車をかけた。

結果、自分の殻に閉じこもることになる。

そこから脱出できた切っっ掛けは、何だったのだろう?

ドラマチックな展開は無かったから少しずつ、少しずつだったのだろう。

少し早起きして、身の回りを片付け掃除することから始めたような。

生活にリズムを取り戻しかけたら、仕事の雰囲気を感じるために、

仕事先についていく、、、それでも、話したりはきっと出来なかった。

慣れてくると、親父の傍で、お客さんとのやり取りを見聞きした。

それから、日記を始めた、、、いろんな言葉を綴った、吐き出すように。

そんなこんなを2年ほど続けたと思う。

まぁ、どうにか仕事にも慣れ、世間話も出来るようになり、まるでここ

数年の出来事が、何もなかったかのように。

俺は恵まれていた、仕事をしなくても食わせてもらえた。

ただ、ヘタレだったに過ぎなかった、、、俺は。

そんな簡単じゃない人が大勢いると知った。

何も出来ないが、その人達が一人ぼっちでは無いことを

願わずにはいられない。

人は弱いが、人達になれば強くもなれると信じているから。

2014年9月23日 (火)

段ボール処理

午前中いっぱい使って、段ボール処理に勤しんだ。

段ボールだけでなく、発砲スチロールも同時に処理。

資源回収業者さんまで軽トラで持ち込む。

昔は、重量㎏あたりで買い取りしてくれていたが、

今は無料回収が定番だ。

その回収業者さんは、港の近くに立地する。

むかし、その入り江で祖母の精霊流しを行った。

ロウソクを灯した精霊船は、河口から沖へ沖へと流れていった。

そしてその明かりは、まるで不知火のようにおぼろげだったと

記憶している。

そう云えば、親父の精霊流しはしなかったなぁcoldsweats02

2014年9月22日 (月)

いま、思うこと。

唯一の家族であるお袋のこと、本人は至って楽観的。

ケセラセラと、鼻歌でも歌わんばかりに見える、、、俺には。

先日の通院診察日、主治医からは・・・

『体力がある今のうちに、近場でもいいから気分転換の旅行spaでも』

と勧められていた。

『年齢からしても、少しずつ足腰が衰えるからね、早い方がいいよsign01

『それから、美味しいものnoodle食べるのもいいね!、少しだけならsign03。』

と、フレンドリーな先生は、キーボートを叩きながら。

そしてお袋は窓の外、目を細めて遠くを眺めながら・・・『はいthink


寒くなる前に、泊まりは無理でもドライブrvcarくらいには行こうと思う。

まだ家族が6人だった頃、40年ほど前が最後の1泊2日の旅行だったかな?

旅行に行く余裕なんて、無かったもんなぁ。


いま思うことは、残されたお袋との時間を、ただひたすら

普通に過ごすこと、、、そして、ちょっとだけ贅沢すること。

今のささやかな贅沢は、、、お袋梅焼酎と俺日本酒での晩酌かなbottle

たぶんそんな時間こそが、間違いなく贅沢なひと時なのだろうshine

覚悟

仕事先でのこと、、、

そこのご主人は、退院なさって2ヶ月目。

足腰もめっきり弱くなったご本人になり代わって、

蛍光管の交換をして差し上げる。

それはすぐに済んで、次は「テレビのリモコンチェック」。

さらに、「冷蔵庫の製氷機の具合を見てほしい」

「洗面台照明のスイッチ接触が悪い」「懐中電灯が点かない」

などなど、矢継ぎ早に仕事の依頼を投げかけられる。

ご年配のお客様が多いから、このようなことは茶飯事である。

そのご主人いわく、、、


一人住まいだから、心配事を云い出せばきりがない。

それは不安が無いと云えば嘘になるが、

そのことばかり考えている訳にもいかない、日々の生活がある。

今は、身体が動けて普通に寝食できること、それで充分、充分。


ご主人の生きる覚悟と、それぞれ抱えるものがある人生を

見た思いがした。

瓦屋根

風雨が激しいと決まって、俺の寝室が雨漏りする。

引っ越してきて最初に見つけた雨漏り箇所だった。

リフォームして5年ほどが経過して、豪雨の時に再発!

普段は漏らないからと無視していたら、

次の豪雨でダダ漏れとなり、しばらくしたら、天井面から

キノコみたいなものが生えて来たことがあった。

日曜大工で、多少の雨では漏らないようにしたが、

先日の豪雨で再再発‼‼

台風16号がやって来てしまう可能性が高いので、とにかく

出来るだけ屋根瓦の隙間を埋めてみることにした。


まぁ、本職さんにお願いすればいいのだけれど、

今は懐ぐあいがよろしくないbearing

さて、どうなることやら?

2014年9月21日 (日)

序列

序列、、、世の中は、そういう取り決めがあるもの。

区別や差別をする訳では無く、暗黙で決まったりすることも。


隣近所の遊び仲間、、、上級生の兄ちゃん・姉ちゃん、

同級生・下級生らと、まんべんなくよく遊んだ。

中でも、俺らが序列で最下位だった頃、放課後は複雑だった。

もちろん、大枠では楽しいのだ!

楽しいが、そればかりではない!

下っ端ゆえに、兄ちゃんたちの決まりは守らねばならぬ。

遊びに誘われたら、なかなか断り切れない。

しかも、遊びの内容は兄ちゃんたち次第、ままならない。

序列はグループに一つとは限らないのも厄介なこと。

派閥みたいなものが存在していて、

別派閥の同学年同士の序列があやふやで、

ややこしいことになっていたような。

それでも、隣町の別グループとの交流戦

(コマやメンコ合戦)では、一糸乱れぬ連携で、

対戦相手を撃破していた、、、やっとのことで💦


そんなこんなで序列を這い上がり、トップになったころ、

時代は急速にフレンドリーな状況となったのかもしれない。

後輩の連中の数はまばらになり、先輩への配慮である、

“ちゃん” や “さん” 付けもそぞろとなり・・・

あげくには、名前を呼び捨てにするやからも横行する始末。

伝統は、かくも無惨についえるものかと、我の非力を嘆いた。


節目に際し、物事の幕引きに接する機会が多かった俺の人生。

これは、そのはじまりだったのだと回顧する、、、

そんな今日この頃である。

2014年9月20日 (土)

台風シーズン

子供のころ、ちょうどこの時期、大きな台風が来襲していた。

直撃台風の威力は半端ないが、それが夜襲となれば怖さが倍増する。

今回の台風16号、、、進路予想は、まだ定まらないが、

九州北部を直撃する可能性は高い。

子供心に恐ろしいものの代名詞だった台風だが、

その恐怖心とは裏腹に、暴風雨にさらされながら

家族身を寄せ合って、自然の驚異の前に佇む姿に、

得も言われぬ一体感を覚えたものだった。

台風一過の翌朝が、すっきり秋晴れだったかは覚えてないが、

澄んだ秋風が、嵐の爪跡を優しく撫でてくれていたような、

そんな想いがある。


台風16号、、、郷愁にふける感傷的な暇があればよいが・・・

2014年9月19日 (金)

アイツムギ

♫高い枝を 見上げるあまり 足下の花を 踏んでないか

 誰かにとって 大事なものを はかりにかけて 汚してはいないか

 強さの意味を 違えてないか 守ることで 奪ってないか

 勝ろうとして ひざまずかせて あなたに一体 何が残ろうか・・・

      アイツムギ

唄 城 南海 作詞・作曲 川村結花


http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=74586

 

 

アイツムギ/城南海 [PV FULL]
YouTube: アイツムギ/城南海 [PV FULL]


  

 

通院日

お袋の通院日、、、採血と診察。

今日は巡りあわせに恵まれて、待ち時間も少なく、

流れもスムーズで、久々に機嫌のいい病院でのお袋の姿。

ただ、小雨降り続く肌寒い空気感が、秋への装いを

加速させる予感がした。

2014年9月18日 (木)

二十歳のめぐり逢い

 🎶命を賭けた恋に破れて 心は傷ついて

  人を信じることが出来ない 

  そんな女(ひと)だった・・・

 

       二十歳のめぐり逢い

唄 シグナル 作詞 田村功夫 作曲 田村功夫

 

 

 

20歳のめぐり逢い/シグナル
YouTube: 20歳のめぐり逢い/シグナル

 

墓地

それは町中の小高い丘の上にあった。

仕事で向かう道すがら、めったに通らぬ脇道に踏み込んだ。

狭い路地を進むと、眼前が開けた刹那、、、墓、墓、そして墓。


大小とり混ぜて、200基から300基!

由緒ありそうな古めかしいものから、

こじんまりと清楚な感じのものまで。

その中に、囚人墓と書かれた立て看板があった。

そう云えばこの近くに、むかし大きな刑務所があった。

そことの関係があるのだろうか?


仕事を済ませた帰り道、同じ墓地を通ったが、

景色が若干違ってた。

なだらかに下る道なりに、お墓が整然と並んでいて、

まるで、お見送りをしてくれているかのように。

軽く会釈をして、ゆっくりと車をすすめた。



2014年9月17日 (水)

この道

🎶この道はいつか来た道  ああ 

そうだよ あかしやの花が咲いてる・・・

         この道

作詞 北原白秋 作曲 山田耕筰 唄 大貫妙子  


http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=5946

大貫妙子 - この道
YouTube: 大貫妙子 - この道

夢で・・・

時々俺のゆめに現れる親父だが、今回はなんとも奇抜な

シチュエーションでの登場だった!


“トイレの前で高イビキする親父を、偶然見つけた俺が
寝床へと運ぶ。

ゆめならもっと綺麗な部屋を想定すればいいものを、すごく物が

散乱した部屋に、しかも無造作に敷かれた寝具。

そこに親父の身体を横たえる。

親父の身体を摩りながら、何故が濡れた寝巻を取り替えている俺。

傍らの台の上に、一匹の金魚が入った鉢が目に留まる。

そのうち、俺の意識はその金魚に移って行き、

親父も金魚に同化していく。

ゆめが奇抜なのは理解できるが、その金魚鉢が何故か

小さなジュークボックスのようなラジオに変わったのには、

さすがに違和感を覚えた、、、と、感じた。

そのジュークボックスのようなラジオから、

『びっくりしたねぇ~、なし、こげんなところに入っとるとやろうか?』

そんな風なことを喋っていたような?

すると、これまた唐突に妹が現れて、親父の意識がもとの身体に戻るよう、

そのジュークボックスのようなラジオに語り掛ける妹・・・”

・・・そこでゆめから目覚めることに。


いつも、夢に落ちは無いと分かっている。

それにしても、不可思議で鮮明な夢であった。。。

2014年9月16日 (火)

ひとのこころ

口をついて出る言葉に、隠されたもの。

仮面の下の素顔は、分からないもの。

差しのべられた右手が、その優しげな仕草ほどに、

労りの心が感じ取れない、、、事実。


ひとは、いろいろで、複雑で単純で。

親切で冷淡で、器用で不器用で、そして、、、

悪であり、善でもある。


それ以上でも、以下でもなし。。。

2014年9月15日 (月)

敬老の日

はじめは『年寄りの日』と呼ばれていたのに

いつからか、敬老の日と云うようになった。

思えば、年金制度の成り立ちは、この敬老精神に

基づく世代間の助け合いが本質ではなかったか!

少子高齢化に罪を被せて、あまりに稚拙な年金資金の

運用が、直接的に制度崩壊危機を招いたという実態を、

覆い隠していやしないか!


敬老の日に、、、なんか、

ごめんなさい m(__)m

2014年9月14日 (日)

夢待列車

🎶夢待ち駅へ 夢叶う場所へ 向かう列車にゆられながら

こころに花を くちびるに歌を 微笑みを絶やさずに・・・


         夢待列車

唄 城南海 作詞 川村結花 作曲 川村結花


http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=142674

 

夢待列車~NHK「みんなのうた」バージョン~/城南海
YouTube: 夢待列車~NHK「みんなのうた」バージョン~/城南海

 

家庭科の時間

小学生も高学年になれば、家庭科の授業があった。

裁縫も習ったが、、、不器用な手先から何が生み出されたのか?

確か、チェーンステッチってあったと思うのだけれど、

名前だけ覚えてて、どんな縫い方だったかは?


今でも裁縫はするのだけれど、上手では無い。

ただ、マイ裁縫箱はある。

今でも時々縫い物をしたりしている。

2014年9月13日 (土)

異邦人

🎶あなたにとって私 ただの通りすがり

ちょっとふりむいてみただけの 異邦人・・・

    異邦人

作詞・作曲 久保田早紀


唄 久保田早紀


http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=728

 

異邦人 /  久保田早紀
YouTube: 異邦人 /  久保田早紀


唄 森恵

森恵 異邦人@TRESSA横浜2009 7 5
YouTube: 森恵 異邦人@TRESSA横浜2009 7 5

健康寿命

平均寿命は、知っている。ただ、健康寿命って?

たぶん、体や心が病んだ状態で無い年齢のことかな?

もちろん、健やかで長生きに越したことはない。

親父は87歳で永眠したが、73歳まで働いていた。

じゃ、73歳が健康寿命だったのかな?

統計だけの指標ではなく、主観的な要素もあるのかな!


明日のことは分からない、だから不安もあれば希望だってある。

生きているってこと。

子供のころ、ただ漠然と死が怖くて、

眠れない夜があったことを覚えてる。

病や事故に見舞われなくとも、人には限界寿命がある。

生まれながらにして、死へのカウントダウンの只中にある。

味気なく絶望的にも思えるが、だからこその生命、、、

生きる道である。

超高齢社会の渦中で、経済的な背景が健康寿命志向に

拍車をかけていること、、、そこに活路を模索している現実。

やるせないが、ここは冷静に、考えをみんなで巡らす時かな。。。

2014年9月12日 (金)

むく の はね

♪♪忘れないでいたいのは 何気ない瞬間に笑った君を

ずっと僕が見てること 何もしなくていいんだ

いつも君の隣で・・・


   むくのはね

唄・作詞・作曲 玉置浩二

http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=156315


メイキング映像

玉置浩二_新堂本兄弟でkinkiに提供された「むくのはね」ができるまで
YouTube: 玉置浩二_新堂本兄弟でkinkiに提供された「むくのはね」ができるまで

 


唄 Kinki Kids

むくのはね
YouTube: むくのはね

時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013