« 2014年10月 | メイン | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

人形細工

小学5年か6年生の頃、図画工作の授業で作った物が、

けっこうお気に入りだった。

校舎の窓越しに見えていた、体育の授業中にふざけている

男子児童2人の、取っ組み合いをモチーフにした人形細工。


一人がもう一人を羽交い絞めにして、抱え上げている格好。

芯を針金で模って、たこ紐で巻き上げて基本の形を作り、

肉付けは石膏粘土で仕上げていく。


出来が良かったのか、玄関横のショーケースに暫く飾られることに。

「俺が作った物だから、きっといつかは戻るだろう」、、、

そんな思いとは裏腹に、いつまで経っても戻っては来ない。

そうしているうちに、すっかり人形細工のことを忘れていて・・・

思い出したのは、、、成人式で久々に会った、同級生の一言。

同級生『あの人形、、、小学校のショーケースに飾ってあった、

    あれどうしたsign02

 俺 『あっsweat01俺の人形細工、、、忘れてたぁsign03


その後、学校に出向いてはみたが、所在の分かる記録は無く・・・

そのことより、真新しい校舎とプールが眩しいことに驚いたschool


どこかにあればいいなぁ~、俺の傑作品。

 

 

風の街

♫旅の終わりがここなら 旅の始まりもここから

 みんなを乗せてまわりだす 風の街角で・・・


      風の街

唄 カズン 作詞・作曲 漆戸啓


http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=20942

 

風の街 カズン
YouTube: 風の街 カズン



片道切符片手に、

その旅路を乗り尽そうと目指すとそこには、

壮大な、一筆書きの人生が広がっている・・・

2014年11月29日 (土)

お酒のこと

若いころ、、、泥酔して正体が無くなって・・・

それでも、不思議に家の寝床で寝ていて。


お袋の家系がお酒に強いと云われていたことをイイことに、

誘われれば、二つ返事で出掛けていたことも度々。


好きな酒は、日本酒。それと夏はビールも好物だった!

酒が好きと云うこともあるけれど、場の雰囲気もそうだった。

何度か酒で失態をさらしたことも、、、若気の至り。


中年のいま、、、ウィスキーの香りと焼酎の旨さが、

少し分かるようになって、、、

アルコールが面白くなった!


まぁ、他の楽しみを知らない、底の浅さが露呈しただけのこと。

打つと買うは、昔からカラッキシだったので。


煙草を止めて16年目、、、嗜む程度のお酒が、ささやかな楽しみ!

ほろ酔い気分で、キーボード叩くのも一興。

そしてこのブログが、唯一の自分表現の場。

ここは、大切にしたい、、、なぁ~。

 

阿蘇中岳

小学生の頃、バス旅行で行ったのが初めてだったろうか?

火口までの登りを、みんなと一緒に頂上を目指して・・・


世界有数のカルデラ火山である、阿蘇山。

活火山であることから、時折その活動は活発化する。

鹿児島の桜島や宮崎の霧島山、大分の九重山や由布岳、

それから、長崎・島原の雲仙岳、、、ほかにもあるが、

まさに九州は活火山の密集地。


東日本大震災による余波は、火山活動の活発化を後押ししたのか?

圧倒的な大自然の脅威、先人たちの知恵、粛々と受け入れ、

そして学び同化していくこと、、、それが歴史として刻まれる。

阿蘇カルデラおよび阿蘇火山  Wikipediaより

2014年11月28日 (金)

赤いスイートピー

♫心の岸辺に咲いた 赤いスイートピー・・・


       赤いスイートピー
唄 松田聖子 作詞 松本 降 作曲 呉田軽穂


http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=188

 

赤いスイートピー/松田聖子【オルゴール】
YouTube: 赤いスイートピー/松田聖子【オルゴール】

野良猫ちゃん

仕事先で出会った野良ちゃんは、しっかりしたガタイの男の子。

そのお宅には一匹の飼いネコちゃんがいるのだが、

少し前からやって来ては、お食事をなさっていらしたとか!

それでも、近くによっても逃げなくなったのは最近のこと。

およそ野良猫とは思えない風格と、気品を兼ね備えた猫ちゃんだった。


うちの廻りにも、数十匹の野良ネコがいる。

勝手気ままに闊歩しているさまは、田舎の景色に馴染み過ぎている。

あの猫ちゃんほどの気品は無いが、たくましさはあるみたい。

いろいろ困りごとも、あるにはあるが、まぁ仕方あるまい!


ただ、このままだと何れ、野良猫が人の数を追い超してしまう。

その裏には、飼い猫が野良化し、そんな野良猫たちを飼い猫化したり、、、

すでに、飼い猫と野良猫のボーダーラインが見えなくなっている現状が。

 

 

2014年11月27日 (木)

自動販売機

いつも通る道路沿いの自販機。

春夏秋冬、、、お世話になっている感じはある。

ところが今日、思いもよらぬ反応が・・・


いつものように、130円を用意してお好みの缶コーヒーを所望。

まずは10円玉を3枚、続けざまに投入!

それから100円玉を入れると、なんと100円玉が返却口に戻ってる!

取り敢えず返却100円玉を、もう一度投入、、、でも返却!

えぇ~~~っbearing、、、

仕方なく、他の100円玉を投入するものの、結果は同じ返却。

そうか!50円玉を2枚入れたら大丈夫かぁ、、、

結果は50円玉一枚投入後、返却。

「あっ!そうかぁ~~~、10円玉はOKなんだから、

10円玉を13枚入れたらいんだ!smile


そこで、おもむろに財布から10円玉を13枚取り出して・・・

1枚、2枚・・・目投入したら、、、10円玉5枚返却。

えぇ~~~っcoldsweats02 どうしてぇsign02~~~。

2014年11月26日 (水)

希望という名の光 ~A Ray Of Hope For Life~

希望という名の光(cover by Momo)
YouTube: 希望という名の光(cover by Momo)


♫どうぞ忘れないで 移ろう時代(とき)の中から

 あなたを照らし続ける 希望という名の光を

 あなたを照らす光を 希望という名の光を・・・



希望という名の光は、いまの東北に届いているのだろうか?

遠征

もちろん、闘いに行った訳ではないが、それに近いものもあった。


小さな町を皮切りに、田舎とは云え県庁所在の街を通り、

長いトンネルのある峠道抜けて、けっこう賑やかで都会風な街へ。


途中の峠道、車窓からの眺めは紅葉に彩られ、

山肌の深まりが、さながら晩秋の装いを醸していた。


依頼された仕事の下調べだったのだが、片道2時間余の車旅は、

まるで遠征試合に出かけるアスリート気分だった。

2014年11月25日 (火)

朝のお勤め

一通りの朝の行事を済ませて、仏壇に手を合わせる。

お袋のお勤めは、もうどれくらい続いているのか?

最近、神棚や仏壇の世話を加勢してはいるが、

合掌しお経を唱える振る舞いは、少しも変わらない佇まい。


腰の曲がった84歳の母親の、朝のお勤め風景がそこにある。

2014年11月24日 (月)

勤労感謝の日、代休。

ご近所のお店も今日は、、、お休み。

急ぎの仕事も無いので、貸出品の整備をしてみた。

取り敢えず、石油ファンヒーターと全自動洗濯機の点検・修理。


まず、石油ファンヒーターは分解して消耗品を交換。

各部クリーニングして組立、、、試運転で確認終了!、、、合格だ。


次は全自動洗濯機、、、時々エラー表示が出て、停止していた。

症状から考えられる診断は二つ。

一つは電気系統、今一つはメカニックの傷み。

判断に迷うところだが、異音発生もあることから、

今回はメカ部品を発注していた。

とにかく交換してみて試運転、、、上々の出来映え!



町のでんき屋さんの修理技術が落ちていると云われて久しい。

情報家電や携帯電話、オール電化商品に太陽光発電システムなどなど、

最先端の技術には付いていけないのも確かなこと。

其処まで行かなくても、液晶テレビやブルーレイレコーダーなどの

AV商品も、相当難しい技術を要する修理になる。

冷蔵庫やエアコン、洗濯機だって侮れない。


正直、直面する修理品にたじろぐことも、しばしば。

とても修理では儲からない状況がある。


それでも、困っているお客様は確実にいる

霞みを食って生きてる訳では無いから、利益は肝要。

ギリギリで勝負しているのが、今の現状なのだ!


そんなに売れない状況は変わらないが、何とかなっている。

不思議な勤労に感謝しつつ、今やれることを確実にこなし、

明日もまた生きてけることを信じて。

希望という名の光

♫だからどうぞ泣かないで こんな古ぼけた言葉でも

魂で繰り返せば あなたのため 祈りを刻める

眠れない夜のために 子守唄があるように

傷付いた心には 愛という名の絆を・・・


   希望という名の光 

 唄・作詞・作曲 山下達郎 


http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=93399

 

Yamashita Tatsurou  ~ Kibou to iu na no hikari ~
YouTube: Yamashita Tatsurou ~ Kibou to iu na no hikari ~

希望という名の光  カバー
YouTube: 希望という名の光  カバー

 

小景異情(その二)

ふるさとは遠きにありて思うもの

そして悲しくうたうもの

よしや

うらぶれて異土の乞食(かたい)となるとても

帰るところにあるまじや

ひとり都のゆうぐれに

ふるさとおもい涙ぐむ

そのこころもて

遠き都にかえらばや

遠き都にかえらばや


 小景異情(その二)  室生犀星 著 ~特選 小さな名詩集 より~  

2014年11月23日 (日)

白鵬 翔

平成26年大相撲九州場所の最高優勝は、

横綱白鵬の32回目の優勝で幕を閉じた。

これで、大横綱大鵬の優勝回数に肩を並べた。


相撲観戦が大好物だった頃が、三度ある。

一度目は輪島・北の湖時代。

北の湖の、憎たらしいほどの強さが際立っていた頃、

それに立ち向かう『黄金の左』輪島との熱戦が見物だった。


二度目は、千代の富士時代。

小さな大横綱と称されるように、あの体格で横綱を張る

タフな精神力と運動能力の高さ。何より、

俊敏な立ち合いからの、一気の攻めに魅了された。


そして三度目は、若・貴時代。それに絡む曙・武蔵丸のハワイ勢。

相撲人気に火を点けた、角界のサラブレッド兄弟の活躍は、

実力に裏付けられた、文字通りのスターだった。


そして今、、、モンゴル勢の活躍もあって、

相撲人気は立ち直りはじめている。

逸ノ城に代表される、伸び盛りの若手も出て来た!

日本人力士の奮起と健闘を希うのは、俺だけではないはず。


それにしても、32回目の大相撲幕内最高優勝は圧巻だ!

白鵬翔、、、おめでとう🎊

坂道~こころ旅~

こころ旅発進地である、長崎県の旅O.Aが先週だった。

番組最強と称された峠道を、チャリオと共に何とか攻略!

65歳の火野正平さんにとって、容易い旅では無いだろうが、

神は、乗り越えられない試練は与えないものだと聞くから、

先取りのリハビリと心得て、"日新、日日新”の精神で、

乗り越えて行って頂きたいもの。


上る苦しみを知るからこその、、、

『人生下り坂、最高!』(火野正平 談)

 

「にっぽん縦断こころ旅」 こころ手紙 火野正平 2014秋ver.
YouTube: 「にっぽん縦断こころ旅」 こころ手紙 火野正平 2014秋ver.

赤い羽根

近くのディスカウント店に買い物に行くと、

募金箱を携えた数名の方々が並んでいた。

「そうか、もうそんな時期なのか!」

以前は、赤い羽根募金と歳末助け合いの活動は、

霜月から師走にかけての風物詩になっていた。

お隣組で寄せ合って、募金していたこともあった。

ほんの数年前までの出来事、、、今では・・・・・・


日頃からのお付き合いが重要視されている、地域のつながり方。

孤高はまだいい、孤独は辛い、、、これから・・・・・・


少しずつ、数ミリずつでも縮めなきゃ、

そんな思いの、赤い羽根募金。

2014年11月22日 (土)

長野県で地震

平成26年11月22日22時19分 気象庁発表
22日22時08分頃地震がありました。
震源地は長野県北部(北緯36.7度、東経137.9度)で、
震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は6.8と推定されます。


状況は分からない、ただ被害が最小限に留まってくれていることを、

今は祈るのみ。

ほんとうに地震は、日本国中どこでも起こり得るのだと実感させられる。

夏のクラクション

♫海沿いのカーブを 君の白いクーペ

 曲がれば 夏も終わる・・・


       夏のクラクション

歌 稲垣潤一 作詞 売野雅勇 作曲 筒美京平


http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=3403

 

稲垣潤一 「夏のクラクション」
YouTube: 稲垣潤一 「夏のクラクション」

同じなのに・・・

ちょっと前から工事していて、拡張や移動をした訳でもなく、

雰囲気もそれほど変わっていないのに、何処かが違っているような、、、

・・・ご近所のコンビニのこと。

最大手チェーン店系コンビニがそこに出来てから、15年ほどになる。

地区の道路沿いには、ローカルなコンビニが数店舗あったが、

今ではこの大手が1店舗のみとなってしまった。


そこで今回のリニューアル。

店内が多少様変わりしたのかもしれないが、其れほどの変化はない。

それなのに、どことなく違って見えるのは、、、

駐車スペースの区割り、、、白線の感じが違ってて、

何だか駐車がし易くなったような感覚がある。

たぶん、来客が増えたんじゃないかな?

だから、停車してる車を含めた活気ある店舗の風景が

違って見えたんだ、、、きっとそうだ!

2014年11月21日 (金)

しごとの、こと。

成り行きで得た、しごとのこと。

以前の俺ならば、いっさい関わりを持ちやしない、

多店購入の商品のこと。


「お困りごと、ご相談ください!」

そんなのぼりを掲げて半年余り、、、やって来たしごとだった。

もちろん切っ掛け作りの施策だった、、、簡単に考えていた。


依頼された仕事は、けっこうハードなもの。

責任の所在を問わず、すべてを引き受ける覚悟が必然の状況。

ただ、依頼主の利害関係にとらわれて、こちらの意思などお構いなし。

『とんでもないことに、巻き込まれてしまったなぁ』、率直な気持ち。

結局、何の利益にもつながらず、其れほどに有り難がられもせずに、

くたびれもうけの厄介しごと。


俺の仕事は、お得意様と思っている少数精鋭の方々に、

何だかんだとお世話になりながら、少しお世話的なことを

仕事と称してお仕着せ乍ら、駄賃を頂くこと。

さりながら、少数精鋭とは言え自然と減って行くのも、これ常道。

減ったお客の数だけは、足して行かねば少数精鋭は成り立たぬ。

すなわち、、、多少のリスクは覚悟のお客作りは、生命線flair


講釈らしき物言いはするが、内心怖々の小心者な俺。

商いの道など、所詮は分かってなんていないのだ。

だけど、俺なりの流儀でやるしかない!

それしか、、、ない。

 

 

 

2014年11月20日 (木)

アメージンググレース

唄 福原美穂 作詞 John Newton 作曲 不詳

福原美穂 アメイジング・グレイス
YouTube: 福原美穂 アメイジング・グレイス

選挙(児童会)

どこの小学校にもある、児童会。

今は何と呼んでるんだろう?


児童会会長の選出は、、、選挙!

5年生が務める役目になるのだが、

当然、立候補者が必要になる。

クラスの代表が選出されてのクラス対抗戦。

大人の選挙のように、公示日から投票日までが選挙戦。

下級生のクラスに、朝の朝礼前の僅かな時間に、

選挙活動は展開された、、、もちろん、休み時間にも。

立会演説会だって、当然あった!

俺は5年1組代表者の推薦者として演説した。

結果は、5年3組の代表者が児童会長に選出された。

 

細かなことは、何も覚えてはいないが、

クラスの代表者に選出された子が、

゛ほんとは児童会長になんてなりたくなかったんだ‼‼”

そう云って、ホッとした顔を見せたこと覚えている。

ただ俺は、彼みたいな人だから、会長に推した。

なりたい人より、させたい人、、、

そんな人選も有りだと、今でも思ってる。

回顧

人それぞれの、歳の重ね方がある。

その方いわく、90数年の生涯の前半は貧乏ゆえ、

ただ重苦しくて楽しいことの少ない人生。

それから中盤は、人間関係のごたごた、、、切ない人生。

そして終盤、慎ましくも悠々自適な人生。

しかしながら顧みればその時々に、ささやかだけれど

幸せな瞬間があったような気もする、、、と。

人生の終わりに近づくと、人生のはじまりを思うとおっしゃる。

顧みた人生を、どのように思われているのかは分からないが、

今を生きることが、すべてだとつぶやかれた。


人生の回顧録、、、伺うことも、俺のしごと。

2014年11月19日 (水)

時代遅れの酒場

 「人が心に思うことは 誰も止めることはできない・・・」


    時代おくれの酒場

唄 高倉健 作詞・作曲 加藤登紀子


http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=2419

 

 

時代遅れの酒場         歌、高倉健
YouTube: 時代遅れの酒場         歌、高倉健

ゆめ夢

この頃、たまに夢をみる、、、

目覚め前に取り急ぎ見てる夢を、

覚えていることが多くなったのだろうか?


今日のは、家のリフォームをしてる夢。

そこに何故か、ロンブー敦似の男性と

藤原紀香風の女性がいて、リフォーム進行具合の説明をしてくれた。

そうこうしていると、そこに訳の分からない男女も現れて・・・


夢とはそうしたものだろうが、何の脈絡もなくなってしまい、

そのうち今度は、外壁工事作業にボビーオロゴンがいたwobbly

2014年11月18日 (火)

逝く

名優 高倉健さんが、亡くなられた。83歳だった。


俺の中の高倉さんと云えば、リアルタイムでは無く、

レンタルビデオの任侠映画、、、義理と人情の男。

鶴田浩二さんとの、2大俳優キャスティングが思い出される。


安らかなる旅立ちであったと信じて・・・

謹んで哀悼の意を表したい。

ちょっとだけ、散歩

久しぶりに、亡き親父とのリハビリ散歩の公園に出向く。

秋晴れの空のもと、球技に勤しむ方々を横目に、

フィールドを一周してみた。


仕事帰り、、、一服の清涼剤となった。

 

Hi3d01060001

解散

何故に、選挙?

前回の選挙も、確か師走だったような?

民主党は?、、、野党は・・・居るの?

どこの、誰に投票しよう?


もう一度云う、、、どうして
いま選挙?

2014年11月17日 (月)

星と花

同じ「自然」のおん母の 御手(みて)にそだちし姉と妹(いも)

み空の花を星といい わが世の星を花という。


かれとこれとに隔たれど においは同じ星と花

笑みと光を宵々(よいよい)に 替わすもやさし花と星


されば曙(あけぼの)雲白く 御空(みそら)の花のしぼむとき

見よ白露のひとしずく わが世の星に涙あり。



 『星と花』   土井晩翠 作  ~特選 小さな名詩集~ より

 

横浜国際女子マラソン

横浜で昨日開催されたマラソン大会、、、今年で終了と聞いた。

大会は、有終の美を飾るに相応しく、ゴールまで気の抜けない

大接戦で幕を閉じた。。。


この大会の前身は、東京国際女子マラソン。

女子マラソン草分けの大会だったと思う。


横浜国際女子マラソンは、リオ五輪の選考レースになっていたと記憶している。

後継の大会を、関係諸子もお考えと察するが、

願わくば、〇〇国際の後の女子を付けずとも、

女性の国際マラソン大会であるとの思いを込めて、選考頂きたい。

ことさら女子の文字は、、、もう、いらない。

時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013