« 2015年11月 | メイン | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

大晦日

今年も何とかここまでこぎ着けた、、、大晦日。

まぁ、それでも来年も、、、

中くらいであれば、それで由(よし)としよう。



過ぎ往く年に感謝し、来る年に希望を・・・

よいお年を。

2015年12月30日 (水)

カレンダー事情

ある店先に、段ボール箱に入ったカレンダーの束が、

ただ無造作に放ってあった、、、そう見えた。

箱の側面には、「ご自由にお取りください」の文字。

一瞬立ち止まり、思案してから一本頂戴した。

躊躇したのは、優しい文字で書かれていた

「ご自由にお取りください」の裏に

『当店のカレンダーが欲しいお方は、取りにお越しください』

の文字が、透けて見えたような気がしたから。

そうなのだ、カレンダーはすでに届くものでは無く、

出向いて行って買ったり、頂戴するもの。

立派な大判のカレンダーが何本も届くお宅は、稀なのだ。

 

忸怩たる思いは思いのままに、ただカレンダーには、どうにも惹かれる。

丸まって地面に放られたカレンダーは見るに忍びない。

広げてどこかにぶら下げてやって欲しい、見て欲しい。

カレンダーを毎年運ぶ、、、俺としては。



お届けしている側の、勝手な論理なのだが。

 

2015年12月29日 (火)

日を記す。

今年も押し迫って来た。


日を記すことを役務の如く自らに課し、

捻りだすように書き綴って来たように思う、、、ここまで。

ただ漫然と日々を過ごしている訳では無いと思うのだが、

そんなに劇的な出来事など起ころう筈も無いのが、世の常。

それでもそんな、何でもないような時のゆらぎを記せたら・・・

どこかにそんな、大それた思いを秘め込んでいたきらいがある。


以前にもふれたが、そもそも日記のつけ始めは、

嫌な自分の内面を出し切るための、殴り書きであった。

時には淡々と名詞を列記したり、意味不明の造語や

誤字・脱字のオンパレードを許したり。

ただ文字を書くことの方が、文章になることを凌駕していて、

そこに意味など求めてはいなかった、、、ただ書いていた。

それは、誰の目にもふれることが無いと知っていたから。

まさに、その日その時の思いをそのまま記していた。


思いを少しだけ、よそ行きの言葉なんぞも交えながら、

随分と上品なブログになってしまった感があるが、

それもその時々の俺の感覚なのだと諦めて、

来年もまた、波打ち際の砂浜のような、

書いても書いても波にさらわれて消えてしまう、、、

そんな退屈な毎日を、更新しながら生きて行く。

そんな奴でありたい。

 

 

2015年12月28日 (月)

年賀状

年のはじめのご挨拶、それが年賀状という儀礼。

むかし昔は、元旦にお宮参り、

そして、年始のあいさつ周りが定番だったそうな。

お宮参りは今でも続くが、

家族・親族以外では、お宮参りに出合う知人くらいに

御年始の挨拶を交わす程度のこと。

そこを埋めたのが、年賀状だったのだろう。


それが今では、LINEにメールで事足りる。

年賀状も、手書きでは無くプリントアウトの代物。

せめてものコメントも、おざなりな文言。

ならばと家族の写真を送ってみる・・・

いやはや、、、これすべて俺の所業である。


なんだかんだで、おめでとう、、、なのだろう。

2015年12月27日 (日)

帰還

常に新しい状態に更新させておく、、、情報社会では鉄則。

アップデートというらしい、、、コンピューターの世界では。


温故知新という言葉がある。

古きを求めることで、新しきを導く、、、そのことを言う。


常に新しさを追い求めていると、

いつしかその方向性を見失う、、、

そんな危うさはないだろうか?


フィードバック、、、制御工学の世界で使われる用語。

増幅器などの電気回路に於いて、出力の全部、もしくは一部を

入力サイドへ戻すこと、、、帰還ともいう。

回路の自動制御を図るためには、重要な作業になる。


人の社会でも、この帰還なる考え方が重要なのだと。

そんなことを昔、教わったような気がする。


いい塩梅の世界、、、そこそこの人生。

 

2015年12月26日 (土)

お袋の通院 12.25

今日は総合病院の眼科通院日。

このまま待ち時間の長い此処か?

開業医さんを選択するのか?

それを主治医に伝えなければならない日。


自宅から近くて、検査設備も整っている眼科医さんに決めた。

ただ、こちらの希望が必ずしも叶う訳ではない。

高齢で重い持病のある患者は、何処も受け入れたがらない、

そんな現実がある、、、そう主治医は云う。

その場合は出戻りということか?


そんなことより、、、お袋の思いはどうなる?

なんとも、腑に落ちないなぁ。

2015年12月25日 (金)

Silent Night(Pentatonix)

                             Silent night

唄 Pentatonix 作詞 不詳 作曲 Franz Xaver Gruber

 


YouTube: [Official Video] Silent Night (Live) - Pentatonix

お袋の通院 12.24

内科クリニックの受診、、、約15分。

特に変わりなく、現状維持を指導される。

ただお袋の場合、病院で測る血圧値が低い。

そんな人もいるらしい。


血糖コントロールは相変わらず難儀するが、

臨機応変の対応で、どうにか対処出来ているようだ。


今日は眼科の受診、、、今年最後になるだろう。


先日、お袋のことを気にかけて下さるお客様が来店された。

ご自身の体験と想い出が、お喋りを軽やかにしたのだろう。


孝行の したい時分に 親はなし

2015年12月24日 (木)

Silent Night(Enya)

♫Silent night, holy night! All is calm, all   is bright・・・


         Silent night

唄 Enya 作詞 不詳 作曲 Franz Xaver Gruber 

 


YouTube: Enya - 'Silent Night' (Oíche Chiúin)

 

天皇誕生日 12月23日

テレビや新聞等で、今上天皇を拝見するにつけ、

母方の祖父の面影を重ねるようになった。

寡黙な祖父の印象を、噛みしめるようにお話をなさる

天皇陛下のお姿に重ねて見てしまうのだ。


陛下も82歳、、、戦後70年。

2015年12月23日 (水)

エアコン移設作業

この冬は、お引越し絡みのエアコン移設作業が多い。

今月に入って4件目、、、新設は1台のみ。


近年は取替作業が主で、新築・増改築に絡む作業は皆無だった。

真新しいクロス張りの壁に、エアコン配管用の穴を開けるのも

久しぶりのこと、、、得も言われぬ緊張感が、背筋を伸ばす。


まずは穴のセンターを出し、そこを細長いドリルで

仮の穴開けをやってみた、、、「コツン!、金属音?」

「確かにサッシの枠はあり得るが、それにしても此処まで?」

思いもよらぬ場面に、貫通穴開けでトラブル。

仕方なく左出しを選択、、、ただ、柱が出て来る可能性も。

何とか斜交いや柱をかわせて、穴開け完了!


壁の中の障害物を探る機材も、簡易なものから

高性能なものまでいろいろある。

ある時期までは使ってもいたが、

この頃では使う場面も殆ど無くなり、忘れ去っていた。

そんな便利グッズの無かった頃の、貫通穴開け作業は、

建物の構造を熟知した上での経験値がものを言う。

そんな職人技のような世界観だった気がする。



久々に、緊張しながらのエアコン取付となる。

いや、いつも緊張感は必要なんだ、、、きっと。

2015年12月22日 (火)

冬至

一年で一番昼の時間が短い日、、、それが冬至。

北半球では、ちょうど今頃になるらしい。

ちなみに、最も日照時間の長い夏至と比べると、

東京で約4時間40分も違うらしいから、驚きだ!


またこの日は、お日様の力が最も弱い日だから、

ここが底で、これから上向きだという意味合いを込め、

「一陽来復」と、古来からの言い伝えもあるとのこと。


冬至は、二十四節気の中でも重要な、八節の一つである。

時節柄、寒さが本番を迎えるが、

どちら様もご自愛のほど、、、願い奉(たてまつ)る。

 

2015年12月21日 (月)

徒歩で・・・

一昨日の配送遅延の影響を、何とか戻してひと安心。

片付けを済ませ、一息ついている所へドアベルの音。

モニターに映し出された顔に見覚えは無い。

店は閉めていたので、玄関ドアを開けてみた。

そこには見知らぬ風体のご老人が・・・

しかし、、、よくよく見ると、お客様ではないか (-_-;)

そのお客様宅から店までは、徒歩で7~8分だが、

ご高齢の方だと15分は掛かる距離。

店は市道に面していて、お客様宅からはほぼ一本道。

分かりやすい田舎道だが、車の往来は多い方。

日曜日とはいえ、お一人歩きは危険な道でもある。


いつもはお電話での依頼が殆ど、、、来店はめったに無い。

そんな方が日曜日の夕暮れ時、電話で事足りる内容の依頼を

わざわざ徒歩で店までお越し下さる。

有り難いことではあるが、他のことが頭をよぎる。

徘徊、、、言動にも少しばかり外れる内容が。

とにかくお宅まで送ることにした。


依頼の内容にそごは無い、、、ただどこかが、

何かがちょっとだけ、、、気のせいだろうか?

駆けつけたお孫さんに、後を頼んだ。



お一人暮らしの広い空間が、物悲しさを誘う。

後ろ髪をひかれる思いを降り切り、帰宅の途についた。

2015年12月20日 (日)

この時期

年末から年度末にかけて、公共事業が大手を振ってまかり通る。

道路の舗装、上下水道、電気や電話・インターネットの配線などなど。

゛ここも工事か!” 足並み揃い過ぎ感が、半端ない。

インフラの整備は大事なこと、、、だが、腑に落ちない揃い踏み。

それに、信号機と重なると渋滞になる、、、もう嫌だ!



それにしても、高齢の道路警備員さんが多過ぎる。

この寒空の中、立ちっぱなしは辛過ぎる。

これが一億総活躍社会の実現、、、と云うことか。

 

 

2015年12月19日 (土)

段取り

九州でも、今冬の最低気温を叩き出した昨日の朝。

久々に商品発注したメーカーからの配送便が遅れた。

予定時刻を3時間半の遅延、、、すべての段取りが崩れた。


突発的な事故や交通渋滞など、不可抗力だったとしても、

何らかの連絡が欲しかった、、、出来たら。

珍しく仕事が重なる年の瀬なのも、皮肉なめぐり合わせ。



朝から、遅れた仕事に追われる今日になりそうだ。

2015年12月18日 (金)

とうちゃこ祭り

今日12月18日、東京渋谷NHKみんなの広場、ふれあいホール

特別ライブ公開収録の日、、、にっぽん縦断 こころ旅。

この日の放送は、2016年1月2日午後5時半~。


スタジオの雰囲気、、、味わいたかったなぁ。

冬将軍

この冬一番の寒波が到来した、、、暖冬とは云え、当然そうなる時期。

洗面所の給湯が出ないので、お湯を沸かして洗顔した。

石油ファンヒーターを入れると、温度表示が7度。

この冬一番が更新された、、、れでもこの冬将軍、

長く居座ることは無さそうだ。


小学生の頃、暖房はコタツに限られた。

部屋が狭く、石油ストーブは火災が怖いからと使用禁止。

猿団子状態で過ごす、冬将軍の夜、、、隙間風が、痛かった。


真夏生まれの俺だけど、寒さに弱い訳では無い。

むしろ強いくらい、、、好きでは無いけれども。

だけど冬は、家族が塊(かたまり)になれた気がして。

なんだか、ほっこりした心地よさがあったような。

頬は冷たいけど、足からお腹までぽっかぽか。

こたつで寝るから、よく叱られたなぁ・・・

Imagesamez8rvt      ~こたつ イラスト Google 参照~  

2015年12月17日 (木)

車検

相棒の軽トラが、車検を通って帰って来た。

今年で8年目、走行距離は6万Kmを少し超えたところ。

2年に一度の定期健診は、重症箇所もなく無事終了したようだ。

 

ところで、家電の世界に車検に匹敵する制度があろうか?

たぶん無いように思う、、、たぶん。

規則で縛られなくとも、守られるべき規範はある。

日々の暮らしに根差した家電品だからこそ、

その安全性には、細心の注意を払わなければならない。

我々の仕事、、、使命は其処にある。

ほんとうは、大した仕事なんだ、、、電器屋は!

 

2015年12月16日 (水)

ヨワネ

こころが折れる、、、胸がきしむ。

すべてを自分で決めることが出来る自由。

素敵なことなのに、空虚なこころの自分がいる。


いまさら何を、、、そう自分に問いつつ、

今を懸命に生きねばと、自らに言い聞かせる。



俺は本当に、、、弱い人間なのだ。

Self-control

ダイエットは、自己抑制と云えるのか?

精神統一もまた、セルフコントロールの賜物だろうか?


お袋の血糖値コントロールも、食欲との闘いだと思うのだ。

インスリンの分泌が無いお袋の場合、其の闘いは過酷なのだろうに、

本人は至って冷静に、淡々と日々をこなしている。

もちろん葛藤もあろう、、、三度三度の注射には、嫌気がさすことも・・・

それでも、自らが招き入れた病と引き受けての、静かな自己との闘い。


お袋の凄さは、何ごとにも深刻なストレスを感じないと云う図太さ。

この病を得て30年余、、、それこそ深刻な合併症を発しなかった幸運も、

引き摺らない生き方の賜物だろうか?


その意味でも、見事な Self-control だ。

2015年12月15日 (火)

河のほとりに

♫河のほとりに ふたり坐(すわ)れば

  さざ波のかすかな 歌がきこえる・・・


http://www.uta-net.com/song/77182/


   河のほとりに

唄・作詞・作曲 谷山浩子

 


YouTube: 【MAD】 Clannad 「河のほとりに~谷山浩子~」 【渚編】

2015年12月14日 (月)

ゆれる、揺れる東芝。

今回の不正会計事件によらず、個人向けのパソコン事業縮小や

テレビ事業でも海外事業撤退・リストラなど、不採算部門の

整理を始めていた、、、東芝。

利益水増しなどに伴う業績の悪化は膨大で、業績回復と

生き残りを掛け、更なる不採算部門の切り捨ては

必至だと思われる。


「からくり儀衛門」の血筋である芝浦製作所と、

白熱電球の製造会社であった弱電メーカーの東京電機が

くっついて出来たのが東京芝浦電気、、、東芝である。



俺のこころに宿る東芝は、親父の作業帽に記されたロゴマーク、

先頭を切って走り続ける、家電のトップランナー。

人に寄り添うものづくりの匠に、戻れるだろうか?

  ♫   ひかる、、、光る東芝・・・ ・・・ ・・・

 

Imagesan08wrfr

          ~東芝 Google 画像 参照~

 

おもかげ

仕事帰り、親父の散歩コースだった公園に立ち寄ってみた。

風景は変わらぬまま、其処ここに親父の面影が!

Hi3d0150

 

Hi3d0148

 

2015年12月13日 (日)

にっぽん縦断こころ旅 祝500回

2015年12月11日OA、、、沖縄県豊見城市のロケで、

こころ旅が、記念の500回目放送日を迎えた。


ここまで回を重ねると、マンネリ感が襲って来そうなもの。

それは、視聴者のみならず、制作者サイドにも。

ただ、そんな感覚は、まだ無いような気がする。

なぜならば、こころの風景を辿る旅には、

投稿者ひとり一人の、ほんとうが宿っているから。

そして、その心情を火野さんが淡々と、しかして

優しく拾うから、、、その、こころごと。


少なくとも、あと500回、、、そこを目指して欲しいもの。

 

Photo

 ~にっぽん縦断こころ旅 Google 画像 参照~

2015年12月12日 (土)

12月12日

朝の血圧測定中のお袋が徐(おもむろ)に・・・

「今日は、イチ・ニ、イチ・ニの日やね!」そう云った。

今日は12月12日、、、だからそうなる!?


水前寺清子さんの歌、、、『365歩のマーチ』。

歌詞の中に、「one・two、one・two・・・」と、

連呼する部分がある。

イチ・ニ、イチ・ニ、、、確かに行進のリズムだ!

゛しあわせは 歩いて来ない だから 歩いて 行くんだね・・・”

歌は、そんな歌詞で始まる。

2015年12月11日 (金)

お袋の通院日 12.10

昨日はご近所の開業医さんへ、、、内科の診察日。

こちらは午後から出掛けて、約30分の短時間。

ストレスもなく、スムーズに流れる。


地域の拠点となる総合病院と、最前線の開業医さん達。

そのコラボレーションの行きつく先に見える将来像。

すべてに満足は無かろうが、得心できる医療の姿を、

安心出来る未来予想図に期待をして、、、今を生きる。

 

2015年12月10日 (木)

お袋の通院日 12.09

予約時間のほぼ15分前には、外来待合席に到着。

昨日、お袋の眼科受診の為に市立病院へ出掛けた。

視力検査は意外に早く呼び込まれたが、そこからが長い。

診察まで約2時間半の待ち時間、、、ほんとうに長い。


眼科外来担当の医師が一人なのも、、、大きな理由か?

もちろん受診者も多い、、、でも症状や重症度は様々。

総合病院としての形態も、大きく変ったと聞く。


そろそろ転院だな、、、何となくだけど。

2015年12月 9日 (水)

とこしえ

母の目覚ましは、古い携帯電話のアラーム音。

いつもの午前6時半、合図は鮮やかに目覚めを促す。


母の朝の行事は、血圧と血糖値の測定から。

それを終え、一息つくと徐に朝食の準備。

作り置きの野菜サラダと玉子焼きをテーブルへ。

一切れの食パンと、一杯のコーヒー、、、二人分。

いつものように淡々とこなしていく、、、お袋さん。


この何気ない和やかな毎日が、とこしえに続け、、、と。

2015年12月 8日 (火)

月命日 2015 師走

今年最後の月命日、お上人のご滞在は約1時間半。

最近の交通事情から社会情勢まで、幅広いお話に終始。


さすがに師走第2週の月曜日、、、けっこう電話が鳴っていた。

そのうち来客もチラホラと、、、せっかくのお話も途切れたりして。


3度目の電話が入るを合図に、お上人さまは帰宅の途に。

今年も沢山お世話になりました。

来年もまた、よろしくお願いします、、、合掌。

2015年12月 7日 (月)

お歳暮

゛もらって嬉しいものを贈る” 基本はそうだと思っている。


「お世話になった、あの方に・・・」


そんなフレーズのCMが、むかしあった。

要するに、気は心、、、その表れなのだと。


もちろん懐具合との相談でもあるのだが、

今年もご挨拶出来て、まずはひと安心な年の瀬である。

Images     ~お歳暮 Google 画像 参照~ 

時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013