« 2015年12月 | メイン | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

いつまで・・・

この時期になると、毎年気分が憂うつになる。

確定申告、、、出来の悪い通知表を、自らに付ける気分。


最も優等生のころを10とすると、、、今は4くらいかな?

それも大おまけしての、甘い自己採点になるが。

果たしてこの状態で、いつまでやって行けるのか?

自問自答は堂々巡って、、、答えの出ぬまま、深みにはまる。

そんな時には、もっと苦しかった頃の記録や日記を見て、

ここを乗りきって今があるのだと溜飲を下げる。

それでも抜け出せなければ、酒を煽って好きなDVDを見る。

更には、ひたすら日記帳に、情けなさの極みを殴り書く。

そうして、しっかり眠ると、、、また朝が気て、月が明ける。



早春を匂わせる、爽やかな風がそよ吹いた午後。

久々に窓を開け放ち、部屋の空気を一変させてみた。

ベランダの手すりに布団や毛布を下げて、、、天日干し。

気分が乗ったところで、キッチンシンク周りを磨いてみて、

その勢いで浴室洗い場のモップ掛け、、、浴槽もピッカピカ。

小一時間、体を動かしているうちに、

「いつまで・・・」が、「できるだけ・・・」に。

少しだけモチベーションが、上がった気分、、、かな。

落とし前

事の大小を問わず、人の営みは複雑怪奇。

事件事故、火事騒乱に自然災害、、、果ては戦争。

そんな中でも人は、逞しく生き抜くもの。

ただ、生まれ落ちて3歳まで、少なくともそこまでの期間、

人は無条件に保護されて然るべき、、、親の加護の元。

その親が、最愛成る筈の子供を守ることが出来ない。

愛人が我が子を虐待、、、そして殺害。


罪を犯した者は、その償いの罰を受けることになるが、

罰でも償えない罪もあると、俺は考える。

一生償えない罪を抱えながら、余命を生かされる、、、

人としての落とし前は、きっちりと付けねばならないのだ。

 

2016年1月30日 (土)

ファースト・ペンギン

真っ先に、危険を恐れず海原に飛び込む、勇気あるペンギン。

NHK朝ドラ『あさが来た』で話題になった言葉、

それが、、、ファースト・ペンギン。

人間社会にも通じるとして、殊にビジネスの分野で

持て囃されているとか!


しんがりを標ぼうする俺にとってみれば、

まさに真逆な生き様になろうか?

ハイリスク・ハイリターンは、ややもすると

伸るか反るか、一か八か、、、いやいや破れかぶれ!

そんなことしか思い描けない俺には、

やはり縁の薄い考え方なのかもしれない、、、

First Penguin

 

First_penguin     ~ファースト・ペンギン Google画像 参照~

2016年1月29日 (金)

水道管工事

たぶん暫くは続くと思われる、水道配管の補修工事。

水道工事専門の業者さんだけでは手に追えず、

住宅設備業者さんやガス屋さん、、、

簡易な塩ビ管の補修工事には、我々家電屋も加勢した。


家電に於けるトラブルは、洗濯機に温水洗浄便座、食器洗い機など。

凍結断水後に発生した、水道管内の鉄錆びなどの老廃物が

給水口を塞ぐため、給水が出来ずに行程が進まなかったり、

洗浄できなかったり、そんな水道水絡みの不具合が発生した。


これほどまでの断水騒動は過去に記憶が無い。

みな口を揃え、水道水の有難さを唱える。

喉元過ぎれば・・・

そうならぬよう、心せねばならない。

勿論、自戒の念も込めて。

 

2016年1月28日 (木)

八木アンテナ

Photo

Images       ~八木アンテナ Google画像 参照~


どこでも見かけるテレビアンテナ、、、八木アンテナ。

正式には、八木・宇田アンテナ。

その発明をした八木秀次の生まれた日が、今日。


テレビの放送電波を受信するのに適した、

指向性のあるアンテナとして定着した。

数あるアンテナメーカーも、この方式。


地デジ移行後は、反射器の大きい
UHFアンテナが主流となり、

素子数の少ないVHFアンテナは、お役御免になった。

最近では地デジアンテナも平面化してきた。

Photo_2

Imagesb4tu5sqw      ~平面アンテナ Google画像 参照~



放送と通信の融合や動画配信などなど、、、

映像文化を取り巻く環境は、日々変化していくことだろう。

それを進化や革新などと呼ぶかどうかはさて置き、

茶の間にリングサイドの特等席を招き入れた、

ブラウン管テレビと八木アンテナの功績を忘れまじ。

2016年1月27日 (水)

歴史秘話ヒストリア

今日のオンエアーでは、江戸時代の発明家、

からくり儀右衛門こと、田中久重を取り上げる。


1799年9月18日(1799年10月16日)、

筑後国久留米(現・福岡県久留米市)の

鼈甲細工師・田中弥右衛門の長男として生まれた。

幼名は儀右衛門。 ~Wikipedia 参照~



福岡県南部の中心地久留米市は、世界的な

タイヤメーカーであるブリヂストンの城下町。

其の地は、東芝の創始者の一人である、

田中久重を輩出した地でもあったのだ。


江戸の大発明家「からくり儀右衛門」の名を、

もうこれ以上汚して欲しくは無いものだ。



 

2016年1月26日 (火)

記録的な寒波

市役所水道局が、水道管の凍結による破損の怖れを

車で触れ廻っていたので、屋外の露出部分だけは

断熱材で養生していたのだが何と、、、

洗面台の水栓と配管を連絡している接続配管が、

凍結による亀裂から漏水を発生させた。

室内とはいえ室温は氷点下だっただろうし、

接続配管も、古い真ちゅう製の物だったし、、、



今朝、市内全域で断水状態とのメールが届いた。

市内数か所で、応急給水所を開設したとの追加メールも。

早速朝から、うがいや洗顔に難儀する始末。

水道水の有難さを痛感する。



沖縄や奄美大島でも降雪があったほどの大寒波。

北国ほどの寒さ対策に疎い土地柄でもあり、

今回ばかりは、勉強をさせて頂いた。

2016年1月25日 (月)

琴奨菊和弘

琴奨菊(本名 菊次一弘 きくつぎかずひろ)、、、福岡県柳川市出身。

初場所、日本出身力士としては10年ぶりとなる幕内最高優勝を果たす。


幼少期からの相撲ファンではあるが、さすがに近年は

テレビ観戦すら怠るほどの不義理を重ねに重ねていた。

初場所も、日馬富士の連覇か白鵬の復活かと高を括っていたが・・・

あの快進撃を、どれほどの人が予測していただろうか?


もちろん、頷ける理由はあるのだろう。

来場所以降の活躍を期待する声も、無理からぬこと。

ただ、今は、、、そっとしておいてあげたい。

むしろこれから来場所までの時間が大事になるから。


近隣同県人としても、ほんとうに喜ばしく誇らしい。

 

Pn2013111201001572___ci0002              琴奨菊 Google画像 参照

2016年1月24日 (日)

銀世界

平野部でも降り積もる雪、、、何年ぶりかの大雪。

有明海に面しているからか我が町では、

真冬でも滅多に降ることが無くなっていた、、、雪。


朝方には溶けかけていた路面の氷結が、

降り続く雪と上がらない気温のせいで、

みるみる凍りつき、次第に白くなって行く。

行き交う車の轍も見え隠れ。

もともとの制限速度以下で走る車の列も、新鮮なほど。


車が途切れ、白銀の絨毯に包まれた静寂の一瞬、、、

深々と降り続く、粉雪の囁きが聞こえたような。

2016年1月23日 (土)

魔女の宅急便

劇中、主人公のキキが魔法の力が萎えて落ち込むシーンがある。

その時、森で知り合った絵描きの女性ウルスラが放った言葉・・・


ウルスラ 「ねえ、魔女ってどうやって飛ぶの?」

キキ   「血で飛ぶの。」

ウルスラ 「へぇ~、、、でもそう云うの私好きよ。」

ウルスラ 「魔女の血、絵描きの血、パン職人の血。

      神さまか誰かがくれた力なんだよね」

ウルスラ 「でも、ちょっと疲れるけどね!」


血で生きる、、、人は、そういうことなのだろう。


♫小さい頃は 神さまがいて 不思議に夢をかなえてくれた

  やさしい気持ちで 目覚めた朝は 

  おとなになっても 奇跡はおこるよ・・・


http://www.uta-net.com/song/5808/


   やさしさに包まれたなら

唄 松任谷由美 作詞・作曲 荒井由美

 


YouTube: やさしさに包まれたなら/荒井由実【オルゴール】 (ジブリ映画『魔女の宅急便』主題歌)

 

2016年1月22日 (金)

冷蔵庫の中に?

以前から気になっていることがある。

それは、冷蔵庫の修理などで庫内を点検すると、

決まってある物が点在するということ。

それは、冷蔵庫には似つかわしくない物質。

もちろん、人に関わりのある物ではあるのだが・・・


たぶん庫内を物色中に、あるいは物に付着して

紛れ込んでしまうのだろうが・・・


その物は、人の毛髪、、、たぶん髪の毛。

 

まず間違いなく、殆どの冷蔵庫に存在する。

どこの冷蔵庫にも。。。

2016年1月21日 (木)

STAP細胞の呪縛

i-PS細胞の活躍が加速度を増している。

殊に、再生医療の分野では顕著である。


そうであればあるほど、STAP細胞の

呪縛の蔓(つる)と化した、

大きな失望感が俺の心に、

絡んでは、、、解ける。



やはりあれは、まぼろしだったんだな。

2016年1月20日 (水)

SMAP

その存在を知ったのは、「夢がMORIMORI」というテレビ番組。

当時メンバーだった森且行が活躍した、スーパーキックベース

のコーナーが好きだった。

この後、SMAPは大きく飛躍することになるが、スーパーアイドル

への道は、紆余曲折いろいろあったと思う。


彼らもいい大人となり、今回大きな岐路に立った。

その先に見えているものが何であれ、

過去に例を見ないほどの年月を、第一線でスーパーアイドルとして

走り続けて来た彼らの生き方を、ただ見守り応援するより他出来ない。


SMAPの前にSMAP無し、そしてSMAPの後にSMAPは無い。

2016年1月19日 (火)

話題は・・・

久々に同系列の同業者さんと立ち話をした。

以前は、少なくとも月に一度は会合で会ってもいた。

それが最近では、車ですれ違うことも稀なほど。


話題はいろいろだが、まずは久しぶりのご挨拶から。

他愛もない話が続くはずが、何やら近況報告会の様相に。


確かなことは、今も仕事が出来ているという事実だけ。

それを感謝しつつ、お互いの健闘を祈るのみ。


゛生かされて ただ生かされて 生きて行く ” 

2016年1月18日 (月)

整髪は、日曜日。

近くの美容院に、整髪をお願いしているお袋。

思いついたように、「髪を切る」支度を朝から始めた。

髪を切るのは店が休みの日、、、今も守り続けるお袋のけじめ。


最近、病院以外で出掛けるのは、この美容院くらい。

車での送り迎えを含んでも、ほんの30分程度のこと。

閉じこもりは、認知症を進めてしまうからと、

支援センターや老人会のお誘いもあるが・・・


好きなテレビ鑑賞やパズルに興じて時を過ごし、

たまに室内自転車漕ぎで運動のまねごとをして、

ほとんど来店者の無い店の御守りで日々生きる。

それをスローライフと呼ぶのなら、それもいい。

 

2016年1月17日 (日)

鎮魂

阪神・淡路大震災から21年、、、御魂安らかにと希う。

天災を前にすると、人の無力を思い知ると聞くが、

そもそも人の出来ることが、知れていると云うこと。

だから気付いたら備える、、、それしかないのだろう。


人は悲しみを、容易く忘れ去りはしない、、、そう書いた。

だけどそれは、あくまでも己の悲しみのこと。

他人の悲しみは、いとも簡単に忘却する、、、そうだろう。

だから忘れぬように語り伝え、記し残す、、、そう、思う。

2016年1月16日 (土)

1月16日。

亡き父の、90回目の誕生日だった日、、、1月16日。

亡くして3年目、まだ過去のこと、、、では無い。

 

引き摺るのでは無く、ただ片すみにとどめておく。

悲しみは薄らいで行くが、忘れ去るものでは無い。

この日は、、、

俺にとっても、必要不可欠な日だったのだから。

2016年1月15日 (金)

資源回収の掟

リサイクルごみの収集にも、当然ルールはある。

そのことを踏まえての、取り組みなのだろう。

紆余曲折を経て、その区域の独自性も生まれ、

いつしか資源回収の掟(おきて)として定着する。


その掟にまた、、、

ごく小さな変更と言う名の一石が投じられた。

その波紋の広がりはどうであれ、

この地域の結びつきは、この資源回収活動の

出来不出来で決まる、、、過言では無い。


少なくとも俺には、そのように映っている。

2016年1月14日 (木)

酒と泪と男と女

♫忘れてしまいたい事や どうしようもない寂しさに

  包まれたときに男は 酒を飲むのでしょう・・・


http://www.uta-net.com/song/2047/


   酒と泪と男と女

 唄・作詞・作曲 河島英五 

 


YouTube: 河島英五 【Live】 酒と泪と男と女

 

承天寺報賽式

お坊さんが神社へお参りをする珍事。

鎌倉時代から受け継がれている風物詩、、、

それが『承天寺報賽(じょうてんじ ほうさい)式』という伝統行事。


承天寺開祖 聖一国師が1241年、中国・宋での修行を終え帰国途中、

玄界灘で悪天候に見舞われた折、筥崎宮の加護を祈願したところ、

無事帰国出来たことへのお礼参りをしたことが、その起源とされる。

                   朝日新聞 2016.1.12 記事参照


゛白だ黒だと喧嘩はおよし 白という字も墨で書く”

そんな都々逸があると書いたことがあった。

白だ黒だ、表だ裏だ、女だ男だ、嘘だ本当だ、、、

そして神だ仏だと、そんなに違いを煽ることは無い。


「どんな違いも対立も、しょせん言葉の戯れ。」

       折々の言葉 鷲田清一 2015.10.2  参照

2016年1月13日 (水)

夜空ノムコウ

♫あれからぼくたちは 何かを信じてこれたかなぁ…

  夜空のむこうには 明日がもう待っている・・・


http://www.uta-net.com/song/10065/


        夜空ノムコウ

唄 SMAP 作詞 スガシカオ 作曲 川村結花

 


YouTube: SMAP 夜空ノムコウ オルゴール

スペシャリスト

特に秀でた技能の持ち主、、、その人のことをそう呼ぶ。

草彅剛さん主演のテレビドラマが、そのスペシャリスト。


刑事ものはお袋の得意な分野だから、

よくお付き合いで鑑賞している。

ただ好みもあって、、、

派手なアクションやシリアスな愛憎ものは、ちょっと・・・

相棒や科捜研の女など、テレ朝系かな?

俳優さんは、渡瀬恒彦さんや船越英一郎さん、、、

水谷豊さんもいいみたい。

そんな中でのスペシャリスト。

特にお気に入りでは無いのに、何故か見てしまう。

そこが、このドラマと草彅剛さんの真骨頂だろう。


因みに俺は断然、、、科捜研の女がいい。

主演の沢口靖子さんもいいが、脇の若村麻由美さんも気になる。

そう云えば明日の放送回に、スペシャリストの草彅剛さんが、

科捜研の女に登場する、、、もちろんスペシャリストとして。


もうお分かりだとは思うが、お袋も俺も、、、

テレ朝系ドラマに、はまり込んでいるのである。

2016年1月12日 (火)

夢、かなえたろか!

さんまさんのバラエティー番組に、ある。

取材や投稿から選ばれた、視聴者の夢を叶えようとする番組。


老若男女、、、何がしか夢はあるもの。

叶うか叶わぬかは、、、分からない、ただ・・・

叶えたいと望むのならば、叶えたいと声に出すこと。

そして強く思うこと、、、さすれば呼び寄せる。

「そんなことも、あるよ!」 それが、、、


さんま・珠緒の 夢かなえたろか!

2016年1月11日 (月)

成人式と、成人の日と。

成人になったことを祝う通過儀礼、、、

その式典のことを成人式と云う。

古来は、元服や裳着(もぎ)なる儀礼もある。

免許取りたての、若葉マークドライバーといったところだが、

ドライブテクに覚え有りの初心者も多いご時世で、

暴走行為の過ぎる式典も、少なくないようだ。


成人式は、大人の技量をひけらかす集会では無い。

足らざる己を肝に銘じ、胸に刻み込む風習であり、

これから野に放たれるを覚悟する儀礼なのだ。


その意味で、成人式と成人の日は人によって違う。

選挙権を行使した日、はじめて生活費を捻出した日。

結婚することを決めた日、あるいは・・・

人に感謝され認められた日、、、人それぞれでいい。


だから、、、

成人式は、大人になることを公に宣言する儀式の日。

成人の日は、大人になる覚悟を決めた日。


俺はそう思っている。

天気、いい。

年明け2回目の布団干し、、、前回より、日差しがGood!

南向きのベランダいっぱいに、掛け布団から敷布まで、、、


親父がいた頃は、屋上の手すりも利用して3人分をいちどきに。

この頃は、お袋と俺の分を交互にベランダのみに干している。

それで事足りてはいるが・・・

あのいちどきの清々しさはやはり、、、いい。


こんな日のことを、小春日和などと呼ぶのだろうが、

新春のこの時期は、何と呼べばいいのか?

 

まぁ、布団干し日和とでも、、、しておくか。。。

2016年1月10日 (日)

統合

東芝の冷蔵庫や洗濯機などの白物家電部門売却が、

どうやら本格的な実現路線を歩みだす。

産業改革機構の社長が、東芝とシャープの新会社

への出資を検討していると述べた。


これで、電機業界の統合・再編の動きが加速するか?

越すに越せぬ業界の垣根は、意外に容易く瓦解するか?

そして、その先にある家電王国日本の復権はあるか?


現状を受け止めここは、、、

オールジャパンで明日を切り開く覚悟を!

2016年1月 9日 (土)

EXILE

創世記を支えたメンバー3人が、卒業するのだという。

進化を続けるためには必要な、新陳代謝なのだとも。

どの世界にも当てはまる、腑に落ちる考え方だろう。

殊にエンターテイメントの世界、、、

取り分けEXILEのパフォーマンスはアスリート級、

それ故の判断もあったのだろう。



ジャニーズと並び称され、芸能の歴史に燦然と輝く、

そんなEXILE BRANDへの道を突き進んで欲しいもの。

2016年1月 8日 (金)

月命日 2016年 睦月

昨日のお上人様は、1時間足らずのご滞在。

急用とのこと、、、逆に、

よくぞ此処まで、急用が入らなかったものと感心した。


急用も或る意味、休養と心得た。

2016年1月 7日 (木)

抑止力

北朝鮮は6日、朝鮮中央テレビを通じ「水爆実験に成功した」と発表した。

                 毎日新聞 1月6日(水)12時38分配信 参照



すでに核を保有している国は当然のこと、

「保有するぞ!」と宣言する国々は、

異口同音に、核の抑止力を公言する。

戦争を回避するための一里塚や試金石とでも云うのか?

この世に人が存在する限り、核の脅威にさらされ続けるのか?


戦後71年目、、、何と言われようとも不戦の誓い。

非核三原則、、、日本人の大義は、何処にある・・・

2016年1月 6日 (水)

残尿感

年末から気にはなっていた、、、排尿異常の気付き。

最近コマーシャルで見聞きする、、、排尿年齢。

そうこうしてる間に、トイレ回数は激増し残尿感までも併発。

更に頻尿傾向は増すばかり。そのうちに少し痛みも出てきて・・・

近くの泌尿器科へ行ってみることにした。


そんな時には、よからぬ想像力をめぐらすもので、

頭の中は既に、ネガティブマインドに支配されていた。

可活動膀胱、前立腺肥大症、、、果ては前立腺がん。

問診の後、エコーと尿検査を受けるとその不安はマックスに。


検査結果は意外に早くもたらされ、、、

菌による炎症で、この時期にはよくあることらしい。


単に不衛生な男と言うことか?

確かに、垢抜けしない容姿ではあるが・・・


帰り際、お薬の処方箋と一緒に、

お年賀のタオルを頂戴した。

時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013