« 2016年1月 | メイン | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

閏日

今年は閏年、今日は閏日、、、2月29日。

思いつくのは、オリンピックにアメリカ大統領選挙くらいか?

そもそも何故にうるうひ(閏日)は、2月にあるのか?


古代ローマにおいて使われていた暦に於いては、

現在の2月にあたる月が、一年の終わりの月だった。

            ~自然科学研究機構 国立天文台サイト 参照~

だからそこに、1日足したのだとでも云うのだろうか?


それにしても、風が強くて寒々しい一日だった。



さきがけ

東窓の外は一面、、、霧もやの様相。

朝陽がさしかかると、ほのかに晴れて行く。

日曜日の朝にはほど良い温さと静けさ。


そろそろ冬も、峠を越えたか?

梅の花も盛りを迎え、観梅客の賑やかな行列が、

春のさきがけを匂わせる。


notes春よ来い 早く来いcherryblossom 

2016年2月28日 (日)

UPTOWN GIRL

         UPTOWN GIRL

唄・作詞・作曲 BILLY JOEL


http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=58506


YouTube: Billy Joel - Uptown Girl

福士の決断

名古屋ウィメンズマラソンにエントリーした、福士加代子選手。

彼女の胸中を慮ることに意味は無い。アスリートの決断なのだ!

ただ世間は勝手だから、すぐ評価したがる、、、餌食になる。


陸連の選定基準も緩い、、、世界選手権を含め、選考レースの

参加は一度きり、、、そこにすべてを賭けること。

さもなくば、総勢で一発勝負。一度ですべてを決める。


名古屋に参加しようとしまいと、

福士さんの覚悟は、きっと歴史になる。

2016年2月27日 (土)

お仏壇

今ある仏壇は、祖母が亡くなったことで買い求めたもの。

質素な作りと地味な様相、、、それでも、40年余のお仏壇。


当時14歳の俺に、仏壇入魂の印象は薄い。

神棚は祀られていたが、それと仏壇の関係性も何も分からず。

ただ毎朝、お経を唱え拝む両親の姿には覚えがある。

信仰心とはまた別の、厳かな空気感、、、朝のお勤め。


最近は俺も、少しだけ口ずさむ、、、南無・・・・・

実はお経のフレーズに覚えがあって、

つい、お袋に合わせて唱えたりして。



お袋は、今でも毎朝お勤めを果たしている。

そしてその読経は、仏壇から遥か黄泉へと木霊する。

Imagesm0xferjn

         ~お仏壇 Google画像 参照~

2016年2月26日 (金)

アニマル・ファミリー

むかし犬を飼っていたことがある。

ほかには、インコと金魚くらい。

好きだが世話が難儀なので、

今は居ない。。。


久々に思い出したことが・・・

まったく人に懐かない、俺みたいな犬だったぁ💦。

                  愛犬チロ

Img_0996

    ついでに、妹の愛犬、、、今は亡きミント

Img_0995

           それから、弟の愛猫???

Img_0997


電力小売りの自由化

個人の住居やスモールビジネスなど、小口需要家の

電力小売りの自由化が、4月より始まる。

大規模工場やデパートなどの大口需要家は、2000年から

すでに自由化が進んでいたが、これで完全自由化になる。


2月8日現在、登録小売電気事業者の総数は169社。

本当に多種多様な企業が参入していて脈絡は無いが、

それだけうま味のある商売なのだろう。


3月に入ると、新規参入業者のアピール合戦も

ヒートアップするし、如何わしい勧誘も後を絶つまい。

混乱は否めないし、はっきり言って選ぶに迷うところだ。


2020年には、発送電分離が実施される、、、予定?

スマートライフの実現に、電力小売りの自由化や

発送電の分離は、どのように関わって来るのだろうか?

何より、需要家のメリットに繋がる自由化にしなければ、

やる意味が無い、、、何れ、ガスもそうなる。

何となれば、命に関わるライフラインのことである。

ここは、混乱の少ない選択が出来る仕組みを願いたい。

そこに、微力ながら我々家電店も協力を惜しむまい。

 

2016年2月25日 (木)

気まぐれ

お袋の、血糖値コントロールのこと。

インスリンの摂取は朝・昼・夜それぞれ食事前の3度。

朝は持効型のランタスと、速効型のヒューマログを併用。

昼・夜はヒューマログのみになる。

インスリン摂取を始めて23年目、、、

経験則から、摂取量は決められているのだが、

この頃どうも、効き目が定まらない。

インスリンの摂取量が足りているのか?

間食増加が血糖コントロールを難しくしている?

同じ様にしてるのに、今日は低いぞ血糖値!?

どうも、、、わからん???


先日の血液検査でHbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)

を測定してるので、その結果次第では、

インシュリンの摂取量も変わるのかな?

だんだん難しくなってくる。

2016年2月24日 (水)

アリとキリギリス

本来のイソップ寓話では、『アリとセミ』だったらしい。

日本には、セミがキリギリスに変って伝わった。

何でも、北欧経由だったから?


寓話の教訓は、2つある。

1つは、キリギリスのように将来の危機への備えを怠ると、

 その将来が訪れた時に非常に困ることになるので、

 アリのように将来の危機の事を常に考え、行動し、

 準備をしておくのが良いというもの。

2つ目は、アリのように夏にせこせこと、

 ためこんでいる者というのは、餓死寸前の困窮者にさえ

 助けの手を差し伸べないほど、冷酷で独善的な

 けちであるのが常だ、というものである。

                      ~アリとキリギリス Wikipedia参照~



アリにも人と同じく、怠け者はいる。

ただその怠け者と見られているアリが意外にも、

重要な役目を果たしているというのである。

働き過ぎたアリの交代要員、、、それが普段、

怠けているように見えるアリの存在意義、実直な

アリたちの、絶妙なワークシェアリングなのだ。

              ~TBS サンデーモーニング より~



アリにも、、、ひょっとしたらキリギリスにも、

いやきっと誰しもが、、、

内面に働き者と怠け者の両方を併せ持つ。

何ごとも、過ぎたるは及ばざるが如し。

すべては、絶妙なバランスの成せる業なのだろう。


それにしても、俺の中のキリギリスは、、、

存外手ごわい。

Images            ~アリとキリギリス brogs. yahoo画像 参照~

 

2016年2月23日 (火)

おきまり

いつもの定位置に置かれたアイテム、、、

ボロボロキャップに、ヨレヨレカバン。

それと、おニューのシェーバー

俺の相棒たち。

 

Img_0993

 

2016年2月22日 (月)

講習会(スマートライフコンシェルジュ)

エネルギーを、つくる・ためる・かしこく使う、

それがこれからのライフスタイル、、、スマートライフ。



普及が進む太陽光発電システム、エネファーム(家庭用燃料電池

コージェネレーションシステム)などの、つくるシステム。


鉛蓄電池、ニッカド電池、ニッケル水素に
リチウムイオン電池などの

二次電池を利用する蓄電システムでエネルギーをためる。

この先、次世代バッテリー(全固体型電池やキャパシタ)の出現が、

ハイブリッド車や電気自動車のレベルを格段に上げる。


そして、HEMS(家庭用エネルギー管理システム)を利用し、

省エネ家電のネットワーク化でエネルギーをかしこく使う。



そんなスマートライフの実現に、幅広い知識と提案力で

貢献するのが『スマートライフ コンシェルジュ』、

我々地域家電店にとって必須アイテムになると云う。


スマートライフの案内人とでも云えばいいのか?

過去にならえば、スマートライフは必ず来るという。

人の欲望とお金が絡むところには、

必然として、需要がうごめくのだろう。

果たして俺にその案内人など務まるか?

いや、、、なりたいのか!



 

2016年2月21日 (日)

PIECES OF A DREAM

♫ハンパな夢のひとカケラが 

  不意に誰かを傷つけていく・・・


http://www.uta-net.com/song/12843/


       PIECES OF A DREAM

唄 CHEMISTRY 作詞 麻生哲朗 作詞 藤本和則

 


YouTube: PIECES OF A DREAM【PV】 CHEMISTRY

 

 

訪問歯科

お袋がこの頃、義歯を外して食事するものだから、

尋ねてみると、どうやら歯茎が痛くて噛めないらしい。

義歯と歯茎の噛み合わせが悪いのだという。


親父がお世話になっていた、

訪問歯科の先生にお願いをしたところ、

快諾していただき、午後から往診して頂いた。


自宅にいながら、歯の治療や義歯の調整をして頂けるなんて、

ほんとに有り難いこと、、、身に染みるね、お袋さん!

2016年2月20日 (土)

You go your way

♫想いは想いのままで 熱を失うだけ

  あなたは帰る あの日の場所へ 僕は僕の道へ・・・


http://www.uta-net.com/song/14579/


       You go your way

唄 CHEMISTRY 作詞 小山内舞 作曲 豊島吉宏

 


YouTube: CHEMISTRY - You Go Your Way (Live)

非正規労働

18日のあさイチで取り上げられていた話題。

40歳前後の働くシングル女性を取り巻く状況と憂うつ。

非正規は何も40歳代の女性のみならず今や、

働く人の実に40%は非正規の労働者だという。


1970年代に、一億総中流社会を標榜していた我が日本。

正規終身雇用は必然であり、年功序列もまかり通っていた時代。

女性の社会進出も徐々にではあるが、増加傾向を辿り、

春闘、ベースアップ、、、拍車がかかると歯止めは・・・

二度に及ぶオイルショックは痛かった。

それでも勤勉実直な日本人労働者は頑張った、、、

そしてバブル、、、崩壊。

もちろん紆余曲折はあった、ただ中流社会から格差社会へ。


良くも悪くも、非正規の労働力を頼む世なのだ。

地を這うように生き続けている非正規の女性に、

「自分はゴミのような存在だ」

などと言わしめるこの国の舵取りが、

一億総活躍時代などと宣(のたま)うは、

洒落てはいるが、、、頂けない。

0増5減だ10減だと、しみったれた削減案も

実現できない政治家諸子に、

庶民の喘ぎは終ぞ届かず、、、か。

 

2016年2月19日 (金)

SAN-PO

仕事帰りに3年ほどぶりで、少し離れた公園に散歩目的で行ってみた。

そこは、たまに親父とリハビリ散歩で通った公園。

いつも通っていた公園よりも広くて、本格的なグラウンド。

遊具が豊富な遊園地も隣接していて、ランニングにウォーキング、、、

時折マラソン大会などの競技会も開催される、

この辺では、少しは名の知られた公園、、、諏訪公園でSAN-PO。

 

Hi3d01530001

2016年2月18日 (木)

なごり雪

♫なごり雪も 降る時を知り

  ふざけすぎた 季節のあとで・・・

http://www.uta-net.com/song/3382/



      なごり雪

唄 イルカ 作詞・作曲 伊勢正三

 


YouTube: なごり雪 イルカさん

2016年2月17日 (水)

重力波

時間や空間のわずかな伸び縮みが、

さざ波のように伝わる現象のこと、、、

それが、重力波。~朝日新聞2016.2.13 参照~


宇宙は、今から約130億年まえに
誕生し、

その38億年後に晴れ上ったのだという。

今回の発見は、宇宙の誕生から晴れ上がるまでの、

光や電波では解明できなかった謎を探る手立てとなり、

宇宙の成り立ち、メカニズムに到達する可能性がある。


ただ、、、


今回観測に成功したとされる観測装置『LIGO』の測定結果に、

致命的な誤差や誤謬が全くないと、現段階で言えるのか?

そもそも、重力波によるとみられる歪みは、

太陽と地球までの距離(約1億5千万キロメートル)に対して、

水素原子1個(約1千万分の1ミリメートル)程度なのだという。

何かの雑音を、重力波のゆがみと錯誤した可能性は・・・



天文学会におけるSTAP現象にならぬことを、

ただただ祈り願うのみ。



この期に及んでもなお、、、

STAP現象を諦めきれない、呆れた俺の煩悩。

2016年2月16日 (火)

暖冬の撹乱

寝汗をかいたのは、土曜日の朝の目覚めのこと。

一転してこの肌寒さは・・・

天気予報の正確さが、まさに身に染みるほど。


関東地方をはじめ、多くで春一番を観測したらしい。

三寒四温は、今時分には付きものなのだろうが、しかし・・・。

ロートルの、端くれの身には堪える、暖冬の撹乱。

2016年2月15日 (月)

夢の中で・・・

この頃よく、夢をみる気がするのだが、昨日のはリアルと云うか・・・


あるお客様宅に居る、、、まさに、エアコン取付工事をはじめる直前。

そのお客様がエアコンを、広い玄関ホールに取り付て欲しいと云う。

やぶさかでは無いが、、、そこには何の脈絡があるのか?

いったい、どういう理由でその場所を望まれるのか?


あやふや、うやむやのまま、、、

取り付けに掛かろうとすると、誰かがその手を止めた。

その人が、自分で取り付けたいから指南して欲しいという。

これも、やぶさかでは無いので、手ほどきをはじめるが・・・

やたらに我流を主張して来て、その割には出来ない依頼人。

いよいよこれは、いったい何の夢なんだ?

時間ばかりが経過して、なかなか完成しないエアコンの取り付け。

自然と冷や汗も額を伝い出し・・・・・・・・・。


朝6時、、、目覚ましアラームにはまだ早い時間。

生ぬるい空気感で起床、、、寝汗?エアコンはどうなった?


鮮明に蘇ってくる夢の軌跡。

『そうか!この夢は・・・』


今に思えば、電器屋さん人生のなかで、

エアコンにまつわる苦い経験は多い。

主力商品であるがゆえに、トラブルもあった。

この夢通りでは無いが、似たシチュエーションで

感じた、プロの仕事の流儀を思い出した。


結果は同じ様に見えても、経緯が随分違うことはある。

お客様のお宅情報やご希望、ご予算などを知った上で、

出来得る限り、ご要望に添えるよう努力する。

出来映えと速さはプロの醍醐味ではあるが、

正確さと丁寧さを忘れては、仕事人として失格。


この夢は、このところ自信喪失ぎみの俺に、

駆け出しの頃の、俺自身からの

゛喝”だったような気がした。

2016年2月14日 (日)

プレゼント

♫ひとりぼっちになりたくない

  ここにいてよ

  その言葉言えなくって

  心閉ざさないで

  ひとりぼっちにさせないから

  大丈夫だよ

  その言葉返せるように

  強くなりたい・・・


歌詞 http://www.uta-net.com/song/194595/


          プレゼント

唄 SEKAI NO OWARI  作詞 Saori 作曲 Nakajin

 


YouTube: SEKAI NO OWARI「プレゼント」

   

 

2016年2月13日 (土)

人の言う。

噂や批評に惑わされたくは無いが、気にはなる。

人の心理とは、そんなものなのかもしれない。


人づてで、ある病院の評判を耳にした。

終末期の医療に手厚いと云うのだ。

ホスピス、、、詳しくは無いが、その存在は知っている。

患者さん本人はもちろんのこと、その家族のケアーにも

献身的にフォローなされる病院だとの評判らしい。



人の心理と思惑は、時に食い違うことがある。

病状の告知で励める人もあれば、意気消沈の人もある。

まして余命宣告ともなれば、受け入れの許容を超えて、

パニックに陥ることもあるだろう。


ホスピスとの距離感を遠く感じるような頃に、

終末期医療に献身的な病院があるという話は、

誠に頼もしく有り難いと受け入れるかもしれない。

一転、病に倒れ伏し、病名や病状を受け入れられぬまま、

或いは告知を受け、己の重篤な状況を知れば尚のこと、

ホスピスとして名高いその病院の存在が、、、

死出の旅路の水先案内人のように思えてくる。

その時になって訪れる心理の矛盾、、、



この世は、修行の場だと、、、人の言う。

艱難辛苦(かんなんしんく)は、その証。

我が身に降りかかってやっと、

はじめて思い知る心理がある。

そして本当は、そこからやっと、人は始まる。

 

2016年2月12日 (金)

二槽式洗濯機

今では滅多にお目に掛かれない、、、それが二槽式の洗濯機。

大手家電量販店でも、展示は2~3台くらい。

30歳代以前の方には、ほとんど馴染のない白物だろう。


まだ二槽式洗濯機が主流だった30年ほど前、

東芝は画期的な商品を世に送った、それが、、、

『シャワーリンス銀河』

時間半分、水半分、脱水槽で本格的なすすぎが出来る、

洗いと同時進行の省エネ洗濯機として大ヒットした。


昭和60年代になると、全自動洗濯機に取って代わられる。

リバイバルは難しいだろうが、根強いファンもいるには居る。

絶滅危惧種に指定されたかどうかは、定かでは無い。

洗濯に拘れば、、、シャワーリンス銀河の真骨頂なのだが・・・

Photo_2        東芝シャワーリンス銀河 Google 画像 参照 

2016年2月11日 (木)

高校受験

インフルエンザ流行と時期を同じくして、そろそろ高校受験のシーズン。

俺にも当然そのような時期があった訳で、それなりに頑張りもした。

友の話に触発されて、受けた専門学校は敢え無く不合格。

一緒に受験した友二人は見事に合格、、、理不尽だと逆恨み。

もちろん、小心者の俺だから、そんなことはおくびにも出さず、

身ら出た錆なのだと、少し道化も交えて、ほんとうをひた隠した。


意気消沈で迎えた公立高校の受験は、
どうにか本懐を遂げて、

溜飲を下げた、、、つもりだった。


結局俺は高校卒業後に、その専門学校に編入することになる。

形は、高校受験の仇を討った気概ある行為と思いたいのだが、

不合格の呪縛を解くとか、捲土重来だとかのつもりでは無く、

当時はただ単に、、、

 ゛まだ社会人になりたくは無い、このまま働くのは、嫌だ!

  もう少し、学生気分を満喫したい”、、、

それだけだった。



今に思えば、俺にとっての初試練、、、それが高校受験。

苦い思い出と共に鈍く甦ってくる、、、拗ねた青春の陰。

2016年2月10日 (水)

夢のつづき

♫あなたがいるから いつもあたたかいから

  大切なことが よくわかる・・・

http://www.uta-net.com/song/48167/


       夢の続き

唄・作曲 玉置浩二 作詞 松井五郎

 


YouTube: 夢のつづき, 玉置 浩二

シャープのジレンマ

シャープと云えば、ペンシル、電卓、そして液晶パネル。

特に亀山モデルの液晶テレビは、世界を席巻したほど。


古今東西、、、栄枯盛衰は世の習い。

シャープと言えども、例外では無い。

生き残りを掛け、厳しい選択を強いられる。

そこに、ただ己のことだけで無く、

日本の物作り復活の、急先鋒を担わされ、

護送船団方式と外資との狭間で、

ジレンマの只中だろう。


何はともあれ、成るようになる、、、そうなのだろう。

 

2016年2月 9日 (火)

2月9日

今日はお袋の誕生、86歳になる、、、おめでとうbirthday


知り得る限りにおいて、自分より長生きは、

親父(享年87歳)と母方の祖母(享年96歳)だけだと、

お袋は最近、口癖のように呟く。

だから俺も口癖のように・・・

『だけん、曾婆ちゃん越えの97歳まで長生きせんと、でけんね!』



゛おもしろき こともなき世を おもしろく

 すみなしものは 心なりけり”

 

人の一生は、長さではなく、如何に生きるかの思慮しだい。


そうだとしても、、、永らえたい欲求を、煩悩だと云えようか?

お袋も俺も、所詮人は、生かされて生きる定めなのだから。

2016年2月 8日 (月)

お袋の通院 2016.02.05

この日は、内科と眼科のダブル受診日だった。

午後2時から5時まで、、、まずまず。


内科はいつも通りで終了、ただ眼科は・・・

総合病院からの紹介状持参での初診だった。

 
医院長さんに診察をして頂いた。

合併症である網膜の出血は、意外にも少ないとおっしゃる。

さほど重篤な状況では無いので、経過観察は半年後となる。

或る意味、こちらの方が意外で驚いたのだが、

眼瞼下垂が進んでいて、視野が狭まっているらしい。

それも、見えにくくなっている原因なのだろう。


" セロハンテープで引っ張ろかね! "

合併症が進んでいないことに気を良くした、

お袋の口調も軽やかになった。。。

2016年2月 7日 (日)

月命日 2016年 如月

今日の月命日は、お上人のご子息様のお出まし。

お経を含めて約30分のご滞在、、、ややお早いかな。

ただ、お袋に言わせれば "ちょうどいい"らしい。


息子さんも何れ、お父様のようにお話し好きの

お坊様になられるのかどうか?定かでは無いが、、、

たぶん長いお付き合いになるであろう後継ぎさん。

末永く、よろしく願い奉りまする。

 

甥っ子の息子たち

先日の葬儀に参列すべく、遠方より帰郷していた

甥っ子家族が、久々に当家を訪ねて来てくれた。


3歳9か月になる甥っ子の長男には2度ほど会ってはいるが、

10ヵ月になる次男の方は、はじめましてになる。


それにしても、甥っ子のパパぶりが板についていて、

自信にあふれたような雰囲気に、とても好感を持てた。

俺にも、このくらいの孫がいても

おかしくない程の歳を重ね、

今更ながら、このような未来予想図を、

まったく描こうともしなかった己の浅はかさを

恥じ入るばかりである。

時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013