« 2016年3月 | メイン | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

トラウマ

トイレに行きたくてなのか?虫の知らせか?

はたまた第六感でもあると云うのか!

震度1でもベッドは揺れる、、、微かなのに、

揺れを感じると、しばらく止まる、、、何もかも。


何でもない、、、熊本や大分を思えばこれくらい。

なのに・・・

高層マンション引っ越しに伴うエアコン移設作業、

使わざるを得ないエレベーターの昇降時間が長く、

地震時の注意事項がやたら目に付く現実はやはり、

心に少なからず傷を追っている証になるだろうか。


天気のいい朝、少し眠いが、しごとだ、、、仕事。

2016年4月29日 (金)

お袋の通院日記 4.28

昨日は珍しく午前中の受診、、、やはり朝は混んでいた。

順番待ちで居ると、診察室から結構なボリュームの声が。

どうやら、処置中のご老人と看護士さんの会話らしい。

その大きな声は、耳が遠いからだと後で分かるが、

話の内容にしては、口調の尖がり具合に聞き覚えはあった。


暫くして順番が回って来て、診察室に入り出て来てもまだ、

そのご老人はお話に夢中、、、電波治療中の暇つぶしかな?


治療費を払って帰る途中、そのご老人も診療室から出てきて・・・

ずいぶんお年を召したがその方は、、、見覚えあるお客様。

もう随分前に疎遠になったお客様、、、懐かしい感じあり。



ただ、こちらに気付いてはおられないご様子、無理もない。

お声を掛けようか!、どうしようか?躊躇しつつもやはり、

静かに会釈して、その場を去ることにした選択は、どうか?


お袋が云った、、、

『あれ!今日は採血する日じゃなかったかね?』

『先生のわすれとんなはる、、、どげんする?』

俺、、、

『そうねぇ、どうしょうか先生に尋ねてみる?』

『でも今度、次の受診日でよかよ、、、たぶん』



多分、次には思い出してもらえるかも、たぶん。


 

2016年4月28日 (木)

連休

ありがたいことに、仕事が入った。

そういえば、連休に行楽地は混むからと、

敢えて出かけることをしなかった若いころ。

思えば仕事があることを当然と疑わなかった、

なんと幸せな時だったのかと、今に思う。

働きあっての休息、、、ず~っとお休みは辛い。


そろそろ斜陽に差し掛かろうとする年代、、、

それは人生で、もっとも充実した時でもある。

回遊魚とまでは行かずとも、死する間際まで、

泳ぎ切れたらきっと、幸せなのだろう、、、きっと!

2016年4月27日 (水)

意図

ドラマなら許せるだろうが、娑婆ではどうも具合が悪い。


朝の連続ドラマ、、、お弁当の誤配で一悶着(もんちゃく)。

松と竹の弁当を取り違える有りがち、しかして致命的ミス。

謝罪は当然のこと、代金は全額返却、、、信用はがた落ち。


店側の、品質管理に瑕疵はあったが、意図的では無かった。

店側の事情はどうでも、結果的にはお客様に迷惑をかけた。

最終的な責任は、経営者がとる、、、それが道理である筈。



三菱自動車のこと、社長が辞任の意向を示したとの報道。

至極当然な流れではあるが、それで幕引きとは行かない。

悪意の意図が拭えない以上、相応の落とし前は付けねば。

今回の裏切りは、根が深くそして、、、広いと覚悟して。

2016年4月26日 (火)

一所懸命

あるコンビニでの出来事


新人らしき若男が、おぼつかない手つきでレジ打ちをしていた。

脇にはベテランっぽい女性が張り付いていて、さながら研修中!

2台あるレジの、向こうは進むがこちらは停滞。

指導教官の口調も、いい加減に尖がり出す始末。



誰にでも有りそうな、通らざるを得ない登竜門。

ここは懸命がんばれ若者、、、明日もレジ打ち。

 

2016年4月25日 (月)

くもり空。

界隈で、一軒目のシャッターが上がる頃には、

ぽつりぽつりと児童達の、通学時間が始まる。

車の流れもよどみなく、忙しく通り過ぎ行く。


今日は、燃えるごみの収集日になってるから、

2件目の、シャッターが開く頃にそろそろと、

黄色や赤いポリ袋が、そこかしこに鎮座する。


軒下つばめがせわしなく、飛び交い始めだし、

残りのシャッターも、そろそろ開き揃うころ、

其処かしこから、通学チャリ達も列をなして・・・


曇天薄ぐもりの空の下、まずは一日の始まり。



2016年4月24日 (日)

痛い

damege(傷み)は人の知るところとなるが、

pain(痛み)は気づくことが出来ないから深い。


熊本の現状と、日常が交差する今。

もどかしく、やるせない思い、、、痛い。



2016年4月23日 (土)

ハンドル

♫ブーンブーンブーン今日はどこまで行きますですか・・・


http://www.uta-net.com/song/196300/


       ハンドル

唄 BEGIN 作詞・作曲 比嘉栄昇


YouTube: 【TV】 BEGIN 「 ハンドル 」 2015

2016年4月22日 (金)

無かったかのように。

午後から仕事、、、エアコンを3台取り外す作業。

黙々と流れでやっていたら、いつの間にか終わっていた。


お天気は持ち直し、明日も外仕事が出来そうだ!

何も無かったかのように、やっている、、、今はただ。

つづる旅 518日目

山梨県 都留市 『川茂山から亡き姑と眺めた景色』

 農業経験のない投稿者さんに、嫁ぎ先の姑さんが根気よく

教えてくれた田植え作業。そして、慣れたころにはじめて

誘ってくれた山菜採り。その時の、川茂山から眺めた風景を

見てきて欲しいとのご依頼。

Img_1201_2

休憩します、、、可愛いのがあったから(双対道祖神)。

Img_1204


黄色、きいろ、キイロ。

Img_1206

お洒落なカフェの隠れ家(地下)。

もぐっちゃったぜ、ありゃまぁ~、こんなとこですたい!

Img_1207

昼食は、明太で放蕩。

武田信玄も、こうなるとは思わなかった、、、美味さ。

Img_1208

まずは12km先、、、古川渡。

Img_1209

Img_1210

伏流水、長慶薬師霊命水源、、、こころが洗われる。

Img_1212

Img_1214

お手紙の発電所を目指して!

Img_1215

Img_1216

そして、山菜採りへの山道も田植えの風景も、

たぶん変わってしまっただろうが、そこには確かに、

姑さんに認められた証がある、、、そう思える旅だった。

NHK BS プレミアム にっぽん縦断 こころ旅 bicyclehttp://www.nhk.or.jp/kokorotabi/route_2016spring/20160420/index.html

Img_1218

Img_1219

2016年4月21日 (木)

何でもないこと

銀行へ行った。

いつものATMが混んでいる様で、そうだろうなと思った。

ところが行列の先には一台の車椅子と、操作中のご老人のみ。

どうやら車椅子が通路をふさぐ形で止めてあって、

それを避けるように後続者は、列を変えて並んでいるようだ。


ご老人は足腰の具合が良くないようだが、慣れた手つきで

ATMを操作していた、、、ただ、所作は遅かった。

その間、誰も構わず文句も言わず、列は変形したまま

空いた他のATMへと流れて行く、、、粛々と。


やっと俺の番も無事に回って来て用を足すころ、

そのご老人も操作を終え、出入り口へ踵を返し始めた。

列は無言で、そのご老人の押す車椅子の走行路を確保。

普段ならば逆走老人は訝(いぶか)られ、

排除されないまでも、ひんしゅくを買うところ。


車椅子はそのご老人にとっての歩行器、

確かにちょっと迷惑な行動だが、許せる範囲内。

列に並ぶ誰もが寛容であったかどうかは知らないが、

通路を開ける人達に、煙たがる顔は無かった。


駐車場で、車に乗り込もうとしている

先ほどのご老人を見かけた、、、すると、

一人の女性が駆け寄り、何やら声掛けしている。

どうやら車椅子を車に積み込む算段らしい。

そこへ通りがかった男性も加勢する。


少しばかりの、ゆとりと優しさ、、、

揺れの憂うつが、ちょっぴり抜けた。

2016年4月20日 (水)

つづる旅 517日目

山梨県 富士河口湖町 『富士河口湖町大石、そして小立妙法寺裏』

 お母様のお通夜で聞いた、ご住職さまのお話。そこには舟で輿入れの

 母の姿があり、そして先に旅立った父親のもとへ、再びの舟旅。

 見送った投稿者も来年は古希、、、止まった母の記憶を辿る旅。

Img_1184

滅多に見れない縁起のいい富士山、、、ご利益あり、かな?

Img_1185

Img_1186 

昼食は、ソーセージぺペロンチーノ、ジンジャエール付で

1,450円、、、ビビった?

Img_1187

お手紙は、大石から舟で小立へ嫁いだお母様にまつわるお話。

現在地からは、小立が近いと云って大石へ向かうを

ためらう正平さん、、、Are you a perfect human?

Img_1189

Img_1181_2

河口湖ミューズ館、、、赴きのあるお人形が迎えてくれた。

Img_1194

Img_1199


大石は対岸、、、あっちだな! そして妙法寺裏。

むかし、大石地区と小立地区の縁組は多かったらしい。

Img_1196

Img_1197

お舟に乗って花嫁さん、、、いい感じやろな、

見てみたい気もするな。

そうです!perfect woman が見てみたい正平さんbleah

Img_1198
NHK BS プレミアム にっぽん縦断 こころ旅 bicycle

http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/route_2016spring/20160419/index.html




僕が一番欲しかったもの

♫僕のあげたものでたくさんの

  ひとが幸せそうに笑っていて

  それを見た時の気持ちが僕の

  探していたものだとわかった・・・

http://www.uta-net.com/song/19570/


 僕が一番欲しかったもの

唄・作詞・作曲 槇原敬之

 


YouTube: 僕が一番欲しかった物

2016年4月19日 (火)

つづる旅 516日目

神奈川県北山町 『箒スギ』

両親が離婚し、父に引きとられ養子に出され、両親や兄弟とも離れ離れ。

それでも記憶に残る箒スギは、今では有名になってしまった2000年杉。

少し坂道あるけど見てきて下さいませんか、、、そんなお便りの依頼。

Img_1152

川の堰を遡上する小魚に、思いを込める正平さん。

「のぼろうとしてる、何かあるんだろうなぁ、俺たちも上るか。」

Img_1167

Img_1169


昼食は桜丼。食べたことの無い味、、、食レポさせないでぇ!

Img_1153 


JR御殿場線で、松田駅前から谷峨駅へ輪行train

Img_1154


谷峨駅から焼津バス停へ輪行bus、、、30分眠れるsleepy

Img_1155


平だと思ってたら上ってupwardrightたから、しんどいのannoy

Img_1164


ギヤ付けてくんないかな、、、でもこれがチャリオbicycleだもんな!

Img_1172


でもこの2ショット、、、明らかに後車のギヤが、軽くないsign02

Img_1173


樹齢2000年の長きに亘りこの地で生きて来た箒スギ。

いろんな人生を静観して来たであろうその存在は、

投稿者のみならず、人を引き寄せるのではないか。

この旅一番のハアハアも、きっと報われた、、、そんな気がした。

Img_1177

Img_1180


NHK BS プレミアム にっぽん縦断 こころ旅 bicycle

http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/route_2016spring/20160415/index.html

2016年4月18日 (月)

つづる旅 515日目

神奈川県小田原市城山 『百段坂から見える風景』

 学生時代には気づけなかった絶景。ただの通り道でしかなかった、

 百段坂から見える相模湾の風景を見てきて欲しいとのご依頼。

 

Img_1130


 世の中後継者問題は深刻、、、正平さんの後継者は、浜田岳くん?

Img_1132 


 今年の初レンゲ、、、この番組で6度目。

Img_1135


 追い越したジョギングの男性から「正平さん、がんばってぇ~」の掛け声、

 ハイ!、、、で呼応するも、「よくわかるなぁ~」

 男は背中がものを言う。

Img_1136 


 昼食は、とろろそば&自家製の吊るし柿。

Img_1138

Img_1137


 4歳児さんと、、、正平さんのこと知ってるかな?

Img_1140


 「なんでこんなとこ居るんですか?」「おとうさん、、、火野正平!」

Img_1142


 正平さん「百段坂って、知ってる?」

 女の子「まっすぐ、ずっとまっすぐ行ったらあります!」



Img_1146


 

 現在進行形では気付けないことが、けっこうある。

 百段坂の風景の今が、高校3年間のグレーな記憶をクリーンアップ。

 人生まだこれからだよ、、、そう正平さんなら言うのかな?

Img_1148

Img_1149

Img_1147

 

 NHK BS プレミアム にっぽん縦断 こころ旅 bicycle

 http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/route_2016spring/20160414/index.html

いま。

いろんな、いまがある。

震災のいま、、、くまもと・おおいたのいま。


俺のいま、、、大袈裟に云えば終ったと、

一瞬思った、16日未明のいま。


やり場のない怒りや混沌のいま。

幸いにも難を逃れた人から聞いた、

「退屈な 普通に勝る 宝なし」


まさにこれが、いまを生きるということ。

2016年4月17日 (日)

生活

昨晩は熟睡したのだろうと思う。

熊本や大分ではまだ揺れている。

福岡筑後地方でも最大震度5強。

いまだかつて経験ない地震災害。


少しは終息に繋がっているのか。

でも大変なのはむしろこれから。

突然の災難にしばし向き合うと、

多くの人の願いはふつうの生活。


東日本の今を思うとき願うのは、

絆の思いを実現へと繋げる勇気。

その気付きを長く持ち続ける事。

いま自分に出来ることを淡々と、


熊本へ、ただ被災地へ届けねば。

2016年4月16日 (土)

動揺

夜半の揺れは、いまだかつて経験のないもの。

ベッドの大きな揺れ、、、揺り起こされた恰好だった。


物が落ちたり倒れたりした訳では無いのだが、

余震の多さには参った。テレビで発信された

地震情報は、すべて体で確認出来るほど。


気持ちがザワザワするのは何?

仕事にならない心境、、、明らかに動揺している。

新たな本震⁉

16日午前1時25分発生の地震は震度6強、

震源は熊本県熊本地方、深さは約12㎞。

マグニチュードは7.3。

この地震による余震も多数発生している。


このような状況になると、余震・本震の区別が

付きにくい、複雑な状態が予想される。

熊本県を中心に、広く九州全域で新たな本震の

可能性もありやしないか?

油断出来ない状況が続く、、、今夜は眠れない。

恐怖

凄い揺れ、、、これまでに経験のない揺れだった。

まだ、数分おきに余震が来る。それも結構な揺れ。


いまのところ、被害は無いが、、、どうなるか!

とにかく安全確保、身を守る算段を。

また、揺れた、、、怖いな。

2016年4月15日 (金)

熊本県熊本地方地震

いつの間にか寝てしまい、気づけば午前6時。

予想に違わぬ被害、、、これから広がる気配も。


これほどに強く、余震も多く大きな地震は経験なし。

津波が無かったことと、原発が被災しなかったことは、

不幸中の幸いだった。


親戚の小学新1年生になったばかりの子が、

恐怖で泣き止まなかったと聞いた。

子供ばかりか、大人にもダメージの残る、

何かの警鐘のような地震だった気がしてならない。


被害が最小限度に留まってほしい、、、祈るのみ。

待機

この地に50数年住んでいるが、このような規模と

数の多い余震の経験は初めて。

外は不気味なほどに静寂に包まれている。

高齢独居世帯も少なくない。

不安で怖くて長い夜が続く。。。

2016年4月14日 (木)

地震・余震

午後9時26分熊本県熊本地方を中心に最大震度7の地震を観測。

福岡南筑後地方、、、震度4。余震がすでに5回ほど。

3分ほど前にも、最初と同じ震度4ほどの余震あり。

今日は眠れない、、、もう、何処でも揺れる。

お手紙

郵便配達員さんが思案の上で、宛名不詳の手紙を持参された。

文字に覚えはないが、裏書きの名前は何とか読める。

親父の知人でお客さん、、、

腐れ縁のおじさんからの手紙だった。


その方は、内閣総理大臣賞を頂くほどの

腕のいい職人さんだった、、、かつては。

当時は羽振りもよろしくて、

ロングサイズの洋煙と金の高級腕時計を

初めて見たのは、このおじさんだった。


今は何処に居られることやら、手紙の裏に住所の記入が無い。

住居に心当たりも無い、、、何より内容が読めない分からない。

市内〇〇町の宛先で届いているので、市内にお住いなのだろう。


電話出来ない状況なので手紙を出されたのだとしたら、

病院か老人施設に入所されているのか?

家族はどうされたのか?、、、疑問が募る。

ほんの少しだけ読み取れる文字から推察すれば、

何かの頼みごとのように思えるのだが・・・


仕方ないから、ここは様子見をするしかあるまい。

手紙の主の破天荒な生き様が、遠い昔の

ノスタルジックな思い出と共に甦る。

 

Img_1129

 

つづる旅 514日目

神奈川県小田原市 『上曽我の のどかな風景と松の木』

 40年前の風景、、、祖母から聞いた松の木の傷、

 涙した記憶の今を、その傷跡を見てきて欲しい。

 

Img_1116

Img_1117


河川敷でパラグライダーの練習風景に遭遇。

そのまま飛んでっちゃったら、おもしれーなぁ~。

Img_1118
昼食はパスタ。ナポリタンが好きな正平さんがオーダーしたのは、

バジルとエビのトマトソースだったのだが・・・

 

Img_1120

Img_1121

白山神社から、ミカン畑まで登山。

プラムの受粉作業中のお母さんは、松の木を知らない。

Img_1123
それで、旦那さんにお話を伺うが・・・

松くい虫にやられてしまったらしい。

Img_1124
松が無いのは残念だけど、ここまで来れて、この旅始まって

はじめて田舎に来たなと感じれて、、、嬉しいな。

Img_1125

Img_1126



NHK BS プレミアム にっぽん縦断 こころ旅 bicycle

http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/route_2016spring/20160413/index.html

 

2016年4月13日 (水)

買い物で、気掛かりで・・・

たまにある出来事。

いつものホームセンターで買い物をして、まっすぐ帰宅。

他でも買い物していたので車を家の前にとめ、荷物を下ろす。


ちょうど来客があり、荷物はテーブルに置いて話し込む。

しばし後、荷物を片付けると、、、買ったはずのガムが無い。

あれ!確かに手に取って買い物かごに入れたつもりのガム。

すぐさまレシートを確認、、、あった!

クロレッツXPクリアミントBOX

間違いなくレジは通ってる、、、買ってる。

そうか!車の中でレジ袋から零れ落ちたか?

だが、散々探すものの何処にも見当たらず。

動線をさかのぼり探すが、やはり無い。


無くなったガムも惜しいが、何より

何処に行ったのかが気がかりで、、、気がかりで。

つづる旅 513日目 

神奈川県伊勢原市 『大きな鉄塔のある小さな公園』

 我が子のように可愛がってくれた叔父さん夫婦。

 その自宅近くの大きな鉄塔のある小さな公園を

 訪れて欲しいとの依頼。

 

Img_1094

海辺で、小ぶりのサーフボードを見かけて、それが

スキムボードと知り、感心する正平さん。

Img_1095 
平塚駅周辺で握手を求められ、ファッションのことをいじられ

戸惑い、恐縮の正平さん。

昼食は、おすすめのパイコーメン!

Img_1103
これは珍しい、、、パナソニックと東芝の看板コラボ。

Img_1102
子供のゴミ出し、、、頑張ってんなぁ~~~。

Img_1101
寄り道には、菜の花がいっぱい。なんか、うれっしぃ~。

Img_1104 

中学に上がると、反抗期なのか気恥ずかしさからか、

叔父さんの家には行かなくなってしまい、其の事に

後悔の念を抱く投稿者。

公園には、当時と同様に屈託なく遊び回る児童の姿があった。

Img_1107

Img_1108
NHK BS プレミアム にっぽん縦断 こころ旅 bicycle

http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/route_2016spring/20160412/index.html

2016年4月12日 (火)

往復25km

距離としては大したことないのだが、

なかなか訪れない隣町へ出向いた。


仕事のご依頼は暫くぶり、何かのパーツをお届け以来か!

ご無沙汰ではあるが、上得意客であることに変わりは無く、

主な大型家電品は、当店で納めさせてもらっている。


このお客様は、親父のごひいきさんのご子息。

今ではほとんどなくなった、引き継ぎのお客様。

云わば親父の遺産、、、大切な繋がり。


近くの量販店やホームセンターでの買い物も視野にあろうに、

いまだにお付き合いを頂けることには、感謝しかない。


往復25km、、、こころの距離は、意外と近い。

つづる旅 512日目

東京都 八王子市 『秋葉台公園から見る多摩ニュータウンの景色』

 懸命に子育てをしていた頃の想い出の地、多摩ニュータウンの

 今を見てきて欲しいとの依頼。

 

Img_1085 



 川沿いの桜やつくしを楽しみながら、寒の戻りを噛みしめつつの走り。

 途中でコーヒータイム、、、値上げできない曰くつきの

 一杯160円コーヒーに喜ぶ正平さん。

 

Img_1087


 更に進むと、今度はオーダーメイドの手袋店で、試作品をゲット。

 これにはコーヒー以上に顔がほころぶ正平さん、、、ラッキー!

 

Img_1086

 公園間近の坂道は、訳あって押して上ることに、、、訳って?

 

Img_1088


 
 当時、少し無理して入居した3DKの新築マンションは今でも、

 この地でまた誰かの生活を支え息づいている。

 

Img_1090

 そんな、東京都最終日の目的地であった。

 

Img_1089

Img_1092

 NHK BS プレミアム にっぽん縦断 こころ旅 bicycle

http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/route_2016spring/20160408/index.html

 

 

 

2016年4月11日 (月)

輪廻

偶然の出会いも実は、何かに引き寄せられた繋がりだとしたら。

初めて訪れた場所なのに、知っているような感覚もそう。


魂の連鎖が成せる業、、、
そう思えば妙に落ち着く。


霊感・第六感、、、気のパワーなどなど、

およそ縁無き凡人ゆえに、そのような非凡に焦がれるのか!


月命日明けは、なぜかいろいろ考える、、、

ちょっとの間だけ。

時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013