« 2016年7月 | メイン | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

永久渋滞⁉

どう考えても起こり得ない場所での永久渋滞

そんな感じだから、その場に居ても訳が分からず・・・


上下それぞれの先端の車が右折しようとしている箇所は、

普段も交通量として、少なくはない場所である。

それにそこは、連日何度も通っているのに、

こんな渋滞に出くわすのは初めてのこと。


そもそも、どうして?事の発端は?何のせいで?

どうにもことが進まないので、どうしたものかと思案中に、

居合わせた一人の男性が、整然と交通整理を買って出た。

実にスマートな対応、、、

この精神の欠片でも、そもそもにまつわる方々にあったなら、

少しの譲りあう、余裕ある運転者であったのなら、

こんな不思議な渋滞には、ならなかったのでは。


ひょっとしたら、永久渋滞の出来る理由は、そんなところかな!

2016年8月30日 (火)

今朝は、、、

涼しいよりも、何だか寒くて、

明け方、薄手の毛布に替えてみた。


これも台風10号の影響か?

このまま季節は足早に秋めくか?



人生を己が季節になぞらえて

深まり秋に 成りし身のほど

2016年8月29日 (月)

初秋への誘い

昨日、そして今朝の雨が初秋の薫りが、

一気に巷を包み込んでくれたようだ。

吹き抜ける風も心なしか、

涼しいと云うより肌寒い。

もうあの猛暑が無かったかのように、

季節はいそぎ足で秋へと移ろうのか。

2016年8月28日 (日)

あの唄はもう唄わないのですか

♫今朝新聞の片隅に ポツンと小さく出ていました

  あなたのリサイタルの記事です

  もう一年経ったのですね・・・

http://www.uta-net.com/song/322/

あの唄はもう唄わないのですか

唄 風 作詞・作曲 伊勢正三

 


YouTube: あの唄はもう唄わないのですか  (初回プレス盤)

年金と株

「分からない」や、「苦手」なことは避けたいところだが、

年金と株のことも、知らないでは済まされない問題だろう。

運用損がかさめば、其の補てんは将来の世代に及ぶらしい。

そうならぬように、他国では年金を減らし保険料を上げる、

そんな方法を自動的に講じる制度を確立し、運用している。


そんな風に、新聞には書いてあった。


少子高齢化は益々進み、このままでは将来世代の保険料は、

うなぎ登りの一途辿り、受給者の年金額は目減りする一方。

ならばと始めてしまったのが、公的年金の株による運用だ。


なるほど、、、大義名分はあるようにも思えるが、しかし、

リスクに対する効果のほどはどうなのか?

そもそも公的年金制度の抱える、世代間扶助の限界説や、

厚生年金や国民年金などの制度間の矛盾点の解消策に、

株の運用をやってみるという政策は、

有効期限の短い処方箋のように思えて、

うっかりしていると法外な出費を、

余儀なくされそうに思えるのである。


税金の問題にも言えるが、

すべてに満足の行く方策などは、、、無い!

だからこそ、、、

過ちては 改むるに 憚ることなかれ

2016年8月27日 (土)

たいせつなこと。

時、場所、、、それに人。

生きて行く上でたいせつなことは、何だろう?

真面目か、ユーモアか、、、どっちもか?


人は生々流転の中にある。

されど人は時に立ち止まり、その足跡を顧みる。

そうやってもなお、人は過ちを繰り返すもの。


云い伝えられる歴史がすべてであろう筈はなく、

どこかの誰かに歪められ、間引かれ、

後世の者たちのいいように、あしらわれてきた。


現代に於いても、それは変わらず同じである。

真面目なだけな行動や発言は、ややもすると疎まれ、

ユーモアに過ぎた言動は、身を滅ぼす。


たいせつなことは、、、それほど伝わりにくいということ。

2016年8月26日 (金)

情けは・・・。

エアコン修理で伺ったお客様は、親父の代からの上得意。

ご高齢になられた奥様が、一人住いのお宅である。


以前より病弱な方で、歩行が少々ご不自由なこともあり、

週2回のヘルパーさんと夕食の宅配サービスを受けておられる。


ご近所付き合いは良好で、2件先の公民館長さんには、

何かとお世話になっていらっしゃると、恐縮される。


それもこれも、日頃の何気ない会話や行為の賜物。

ご本人の努力の積み重ねでもあるのだ。

やれる時には手伝って、申し送りで順繰りと、

めぐり巡って返ってくる、、、


情けは人の為ならず。。。

2016年8月25日 (木)

それは、そうだけど!

ひと仕事を終えての帰り道。

路地に面した家屋の水道配管から漏水。

それほど大量では無いが、

それでも気になる程度の吐出量が。


家主に連絡が取れないので、近隣者に尋ねるが

付き合いが乏しく、連絡もとれないとのこと。


どうにも気になって仕方がないので、

市の水道局へ事の次第を報告してしまった。


対応を任された市役所の役人さんによれば、

漏水は止めなければいけないが、

家屋内設備からの漏水は、需要者の責任なので、

水道局側の対応としては、需要者に注意喚起する留まり、

勝手に止水栓を閉める訳にはいかないとの返答。


法律的にはそうだろうが、道義的にはどうなのか?

事情も分かるが、現状を把握し対処して欲しい旨を

電話越しに訴えた、、、

何の所縁もないお宅のことではあったが、

ライフラインに関する意識が過敏になっている様で、

己のことで無いにも拘わらず、ついマジになった!

結局、現場の確認と需要家さんに連絡をとる

努力をするとの約束をしてもらえた。


今年の始め、、、寒波で水道設備が大打撃を受け、

市民は水道水の有り難味を嫌と言うほど味わった。

そのことを俺は、まだ忘れてはいないのだと言いたい、

ただそれだけのことだった。

2016年8月24日 (水)

いい塩梅

こんなにクソ暑くても、秋の気配は忍んでくる。

朝の寒暖計も、そろそろだよと言いたげだ。


蝉や虫、台風までもが普段とは違って見える。

季節の風物詩も、先取りや後出しになってしまい、

暑さで溜まった疲労は、ずっと後からやって来る。

使った代償が、電気代として返ってくるように。


気候も人も、そして世の中も、、、

いい塩梅とは、いかぬもの。

 

2016年8月23日 (火)

一冊の本

少し離れた場所にある、大きなホームセンターに

用事で寄ってみるとそこには、、、一冊の本が。


アウトレット商品の脇に位置する中古本のブース。

そのまた端の辞書・専門書コーナーに鎮座していた、

世界の国旗をテーマにした事典が、、、その本。 


オリンピックで盛り上がったことも手伝って、

国や国旗にまつわることに

惹かれるタイミングだった?

それとも単に、

値段が定価の半額だったからなのか?

意を決するまでもなく、手に取りレジへ。


シートン動物記やファーブル昆虫記に、

目を凝らしていた小学生時代の図書館を、

何故だか思い出していた。

2016年8月22日 (月)

カナリア諸島にて

♫薄く切ったオレンジを アイスティーに浮かべて

  海に向いたテラスで ペンだけ滑らす・・・


http://www.uta-net.com/song/6418/


       カナリア諸島にて

唄 大瀧詠一 作詞 松本 隆 作曲 大瀧詠一




YouTube: カナリア諸島にて(大瀧 詠一)

 

2016年8月21日 (日)

祝、銀メダル!男子400Ⅿリレー

何度見ても凄い、、、見事なバトンリレー!


第一走の山縣亮太がロケットスタートで飛び出し、

第二走の飯塚翔太が見事なバトンキャッチでつなぎ、

第三走の桐生祥秀がみるみる加速しトップ集団に肉迫、

そして、アンカーのケンブリッジ飛鳥が渾身の力走、

アメリカ・カナダの追随を許さず、栄光の銀メダルを獲得。


このメダルは、2020年東京オリンピックへと繋がる。

400          ~男子400Ⅿリレーチーム Google画像 参照~

2016年8月20日 (土)

あだ名

そう云えば、幼いころからあだ名で呼ばれた感覚がない。

下の名前に「ちゃん」や「くん」を付けるか、

上の名前に「くん」や「さん」で呼ばれていた。

目立った振る舞いや容姿に特徴の無い、

至ってノーマルな性格も関わっている。


それに、呼び捨てで呼び合えるほど人との距離感が掴めず、

どこかよそよそしいから、あだ名で呼ばれる筈など無い。


人見知りの性格が人を遠ざけた、、、寂しくも残念なこと。

2016年8月19日 (金)

お袋の通院日記 8.18

午後一番で入る、いつものクリニック。

今日は久々に、いろんな検査の日。


尿検査から始まり、頸部のエコー検査、
心電図、胸部レントゲン撮影、身体測定、

そして血液検査まで。


2~3日前から持病の腰痛が出始めたので、

エコー検査でベッドに横たわるのが

辛そうだった。


先々週の夏風邪から、尿取りパッドが欠かせない。

腰痛も加わって、トイレもきつそうだ!

そろそろライフリーのうす型パンツかな。

2016年8月18日 (木)

祝!女子卓球団体銅メダル

伊藤美誠の若さ、図太さ。

石川佳純の力強さ、安心感。

そして何より、、、

福原愛の優しさ、しなやかさ。


この3人の糸で織り成した日の丸の布は、

銅メダルと幸せを包んだ風呂敷になった。

Images_2 ~福原愛・石川佳純・伊藤美誠 Google 画像 参照~

2016年8月17日 (水)

お盆法要 2016年 葉月

14日午後4時少し前、お上人さまのお出まし。

さすがにお盆はお忙しいご様子だったが、

それでも1時間40分ほどのご滞在。

翌15日にはお寺に赴いて、ご先祖にご挨拶。

お上人はご不在、、、遠方へのお出ましだった。


ほんとうにしめやか過ぎるお盆だった。

2016年8月16日 (火)

免許更新

面倒な作業だが、これはやっておかないといけないこと。

更新の手続きは、車で40分ほどにある免許更新センター。


センターに着き、手続きを済ませ講習室へと滑り込んだ。

講習は既に枕話が終って、本題に入る寸でのところ。

教本や映像を駆使し、段取りよく話は進んで行く。

終盤に、運転者適合チェックアンケートの話が出た。

そう云えば、受付でそんなアンケートにチェックしたような?

今さっきのことが怪しい、、、認知症の兆候か?

 

アンケートは、運転の素養と云うよりは、

体調の異変を気付かせ、安全運転への配慮を促すもの。

高齢者による運転ミスや体調不良が原因の事故が多発し、

交通死亡事故そのものは減少傾向にあるものの、

社会問題化しているようだ。

アンケートにあるような異常が認められる場合、

道路交通法上は、運転を見合わせる義務が課される。


そこで講習担当者が一言。

” 明らかに体調の異変を感じたり、廻りからの指摘があれば、

  運転行為は行わないで下さい。法律に違反します。”


確かに、新しい運転免許証にある俺の写真を見れば、

5年前と同一人物とは思えない、変わり果てたスキンヘッド。

それに眉も細くなり、明らかに体調に問題あり?のような。


ゴールド免許で更新したばかりだというのに、

道路交通法上の運転適性義務違反を犯したか? (-_-;)

 

2016年8月15日 (月)

その日

昭和20年8月15日、、、その日は暑い日だった。


空襲で、町中や工場は大きな被害を受け、

里山に住むお袋家族にも、不安な日々が続いていた。

そんな中、麓の親戚宅へ少しだけの家財道具を

荷車に積んで、父親と共にその日運んだお袋。

片道2里半ほどの道程を歩き終えるころ、

そろそろお昼、、、玉音放送の時間が近づく。


大人たちが、天皇陛下のお言葉に我を忘れている時、

何事か分からぬお袋はただ、その様子を凝視していた。


空襲から逃す目的で牽いたリヤカーの荷物は、

そのまま持ち帰ることはせず、後日とした。

父親がそうしようと決めたのだと云う。

気疲れもそうだが、安堵感や脱力感、、、

何より、戦火の思い出を持ち帰るのではなく、

新たな気持ちで引き取りに行きたい!

そんな思いがきっとあった。



その日、、、戦争は終わった。

 

ありがとう

♫小さな小さな幸せでいい

  僕らにずっと続きますように・・・


http://www.uta-net.com/song/46316/


                 ありがとう

唄 SMAP 作詞・作曲 MORISHINS'

 


YouTube: 『ありがとう』SMAP

 

 

2016年8月14日 (日)

緊急事態

お袋のことを気にかけつつ、

どうしてもの仕事で出掛けた先でのこと。


電話では、この時期のお引越しと聞いて、

「無茶するなぁ」と思って駆けつけた。

ご年配女性の一人暮らし、、、

公営アパートの抽選にやっとのことで当たり、

急きょの引っ越しだったという。


御用は洗濯機関連の作業だったが、

部材が足らず仕切り直し。

ただ、他の仕事も重なっていた為に、

すぐには戻れなかった。



一息ついて休憩の最中、携帯に着信。

今朝のお引越しのお客様から。

”具合が悪いから病院へ行きたいので、

洗濯機は又でいい”、、、えっ?


すぐに駆けつけると、其処には只ならぬ

様子のお客様が、、、たぶん熱中症。

部屋にはエアコンが無かったのだ。


救急車は呼ぶなとの頑なまでの指示ゆえ、

とにかく、近くの総合病院へ運び込んだ。


今回は点滴でどうにか無事に済んだが、

次回はどうなるか分からない。



夏のエアコンは生命線、、、マジなのだ!

2016年8月13日 (土)

季節を越えて

♫泣かないで ひとりだけ この道は

  輝いてどこまでも 続いている

  信じあう心なら 寄り添って

  ふたり歩いて行ける 季節を越えて・・・


http://www.uta-net.com/song/32477/


              季節を越えて

唄 スターダスト・レビュー 作詞 林紀勝・篠原仁志 作曲 柿沼清史

 


YouTube: スターダストレビュー 「季節を超えて(アカペラ)」

至上命令

目覚めると気温のチェックが日課になった。

今日も午前6時半には、リビングで32.4℃。

軒下に設置している温度センサーもすでに33.3℃を表示。

連日の酷暑で今日も、外気温度は36℃を超えてくるだろうし、

リビングは30℃前後までしか下がらないだろうから、

扇風機の併用で、体感温度をなるべく下げるように心掛ける。

熱中症から身を守るべく、定期的な水分補給は欠かせない。

忙しさからお昼間を見守れないから、

お袋への至上命令を発令した。

2016年8月12日 (金)

山の日

いつもそこにあるもの、、、でも、なかなか登らないないもの。


日本は山国だから、どこにでもそれなりの山はあるだろう。

都会の民にも、心安らぐ憩いの地に山野は存在するだろう。

俺にとっての山は、麓から眺めるもの、見守られる存在。

しかして登山者は、頂きを目指すアスリート。

ベテランのクライマーにとって

山登りは生き甲斐と化す。



山は人生、、、有りがちな言い回しだが、

これが、、、なかなか深い。

なので、、、登れない。

 

Photo            ~里山の夏 Google画像 参照~

2016年8月11日 (木)

内村航平

体操男子団体優勝、、、そして個人総合連覇の金メダルを獲得。

歴史上、最も強い男子体操選手と言って過言では無い選手。

やるべきときに、出来得る全てを出し切って勝ちに行く。

その揺るぎのない強さは、驚くべき練習量が裏打ちしている。

素質の上に重ねた努力は裏切らない、、、まさに稀有な選手。


非凡な人が地道に事に当たれば、、、鬼に金棒ということ。

彼の努力と精神力、そして持って生まれた素養と練磨、

何より周りの大いなるサポーターを含めて、、、


全てにおめでとう!

 

Images

  

国籍 日本の旗 日本
生年月日 1989年1月3日(27歳)
生誕地 福岡県北九州市
故郷 長崎県諫早市
身長 161cm
体重 55kg
種目 男子体操競技
代表 2006-
所属 KONAMI
学歴 東洋高校日本体育大学
獲得メダル
男子 体操競技
オリンピック
2012 ロンドン 個人総合
2016 リオデジャネイロ 団体総合
2016 リオデジャネイロ 個人総合
2008 北京 個人総合
2008 北京 団体総合
2012 ロンドン 団体総合
2012 ロンドン ゆか
世界選手権
2009 ロンドン 個人総合
2010 ロッテルダム 個人総合
2011 東京 個人総合
2011 東京 ゆか
2013 アントワープ 個人総合
2013 アントワープ 平行棒
2014 南寧 個人総合
2015 グラスゴー 団体総合
2015 グラスゴー 個人総合
2015 グラスゴー 鉄棒
2010 ロッテルダム 団体総合
2010 ロッテルダム ゆか
2011 東京 団体総合
2014 南寧 団体総合
2014 南寧 鉄棒
2010 ロッテルダム 平行棒
2011 東京 鉄棒
2013 アントワープ ゆか
2013 アントワープ 鉄棒
ユニバーシアード
2007 バンコク 団体総合
2007 バンコク

ゆか

          ~内村航平 Wikipedia 参照~

2016年8月10日 (水)

緊急指令!

この暑さに、エアコンが悲鳴を上げている💦💦💦


朝の緊急指令は、どれも15年を超えるご長寿エアコン関係。

経年劣化は否めないし、出来ることに限りがある年式ばかり。

幸い何れも動いていた、、、辛うじて!

室内機エアフィルターの掃除や室外機の日よけ処置。

冷媒の補充や放熱不足の解消 e.t.c.・・・

中には、室内機送風ファンの汚れによる風量不足が

冷却不良を来たしてるものもあった。


いま俺に出来得る限りを尽くして、機械の治癒力に期待する。

この応急処置が、後の売り上げに繋がることも念じて!

Images           ~エアコン Google 画像 参照~

2016年8月 9日 (火)

ツクツクボウシ

立春の日、、、初秋を匂わすツクツクボウシがひと鳴き。

まだまだ秋の印象は遠いが、確かに鳴いた蝉しぐれの中。


ツクツクと ひと鳴きするも 錯覚か

夏のしんがり 秋の先達

2016年8月 8日 (月)

空襲

小学校を出て高等科2年を卒業し、14歳で仕事に就いたお袋。

地域内にある化学工場で、酸素やアンモニアのボンベ詰めの

管理補佐で、記帳などをやっていたという。

学校を出て家にいると、徴用に駆り出されるのを嫌がっての

仕事だったらしい。

それにしても危険な職場だったらしく、空襲警報は常ではあったが、

ある日の空爆で工場は爆破、頑強な防空壕へ避難途中の同僚が、

敵機の機銃掃射で命を落とされた。

お袋は避難行動が間に合わず、工場裏の簡易な避難壕に身を寄せ、

運よく命を拾ったのだと聞かされた。


終戦の、ほんのひと月ほど前の話。

2016年8月 7日 (日)

平和の祭典

リオ・オリンピック、、、南米初の快挙。

いろいろあっても、やる時は、、、やる!

そんなラテンの気質がいい方向性であるように。


今はただ、夢の舞台が平和の祭典で終わることを祈って。

ずっと一緒さ

♫あなたとふたりで 生きて行きたい

  それだけで何もいらない

  昼も夜も 夢の中まで

  ずっと ずっと 一緒さ・・・


http://www.uta-net.com/song/60985/


   ずっと一緒さ

唄・作詞・作曲 山下達郎 

 


YouTube: Bara no nai Hanaya end

2016年8月 6日 (土)

お花

仏壇に供えるお花、、、この時期は持ちが悪い。

4~5日で萎びてしまう、、、仕方ない。


仏壇は小さいし質素だから、せめてお花くらいは

枯らさない程度で入れ替えを心がけている。


月命日を明日に控え、お盆にはお寺にもお参りに。

今年もご先祖様を迎える準備のはじまり。

過去と今、、、そして未来を繋ぐ心の拠り所。

其処には必ず、、、花がある。

時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013