« 平和の祭典 | メイン | ツクツクボウシ »

2016年8月 8日 (月)

空襲

小学校を出て高等科2年を卒業し、14歳で仕事に就いたお袋。

地域内にある化学工場で、酸素やアンモニアのボンベ詰めの

管理補佐で、記帳などをやっていたという。

学校を出て家にいると、徴用に駆り出されるのを嫌がっての

仕事だったらしい。

それにしても危険な職場だったらしく、空襲警報は常ではあったが、

ある日の空爆で工場は爆破、頑強な防空壕へ避難途中の同僚が、

敵機の機銃掃射で命を落とされた。

お袋は避難行動が間に合わず、工場裏の簡易な避難壕に身を寄せ、

運よく命を拾ったのだと聞かされた。


終戦の、ほんのひと月ほど前の話。

アクセスランキング

福岡の天気
祝日カウントダウン
Sakura Calendar
名言集
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
Powered by Six Apart
Member since 02/2013
フォトアルバム