時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013

« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月18日 (火)

赤い花白い花

♫赤い花摘んで あのひとにあげよ

  あのひとの髪に この花 さしてあげよ・・・


http://www.uta-net.com/song/143086/


         赤い花白い花

唄 山本潤子、ダ・カーポ  作詞・作曲 中林ミエ

 


YouTube: 「赤い花白い花」山本潤子


YouTube: 赤い花、白い花_ダ・カーポ

2016年10月17日 (月)

変な、オジサン。

いつものスーパーの入り口前、微妙な立ち位置のオジサンが佇む。

入れない訳では無いのだが、見ぬからに邪魔さ加減が半端ない。

俺も脇をすり抜けて、如何にも通りにくいを演出してみせた。

誰かに促されでもしたのか、オジサンは鮮魚売り場の前。

ここでも、どこを見るでもなく何を買うでもなく、微妙な立ち位置。


いつものローテーションで店内を巡る俺の視線の中に、

頻繁に入るようになったオジサンは、相変わらず佇むだけ。

しかも、買い物かごに品物は無し、かれこれ10分は経過してるのに。


レジを通る頃になって、やっと気がついた。

このスーパーに立ち寄る時間帯が、いつもの俺のとは違っていた。

そう云えば、入り口横でタイムセールやっていて混雑していたし、

鮮魚コーナーでは、カツオを裁く解体ショー的な催しもあった。

要所要所で、少しだけいつもとは違う場面が点在していたのだ。



気付いてなかったのは、俺の方。
変なオジサンは、俺だった?

2016年10月16日 (日)

つづる旅 568日目

大阪府 枚方市 「御殿山神社」

 今から50年ほど前、小学生の私を訪ねて同級生の男子2人が来たのは、

 クワガタ採取のために、御殿山神社へ誘うためだった。

 ところが獲物は雑魚ばかり、仕方なく大きなクヌギの木の

 てっぺんまで登る挑戦を敢行する。

 今もあるのか?そのクヌギの木の今を見てきて欲しいお手紙。

Img_1998

Img_1999


面倒くせぇ~~~、       土手を下り、枚方の街へ。

Img_2000

Img_2001


川原町商店街。     鶏麺って書いてあった! あぶらそば。

Img_2002

Img_2003

Img_2004


混ぜてる間に、、、朝は此処まで! なんかタイプの違う女の子にあったみたい。

Img_2005

Img_2006_2


かぎや、、、時代劇や!お宿、枚方って古いんや。

おっと、見落とすとこだった。御殿山神社前へとうちゃこ。

Img_2009

Img_2010

Img_2011

Img_2012



御殿山神社のクヌギの木 おうちが登って見えるって、こっちかな?

Img_2013

Img_2014

Img_2015


何十年も経って、枝ぶりも変わってるかな。

 

Img_2017

Img_2016

Img_2018

Img_2019_2

NHK BS プレミアム にっぽん縦断 こころ旅 bicycle

http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/route_2016autumn/20161007/index.html

 

2016年10月15日 (土)

誓詞

衣替えをしていたら、余分なこともしたくなって、

タンスの引き出しの中まで整理することにした。


親父のものは整頓したと思っていたけど、

奥の引き出しから結婚式の誓詞が出てきた。

親父の直筆で、親父の言葉で刻まれたもの。

ここに記しておくことにした。



          誓詞

私共は、皆様方の長い間の御愛情と御養育により、

今日あることを得まして、本日この市中央公民館に

おきまして婚礼の祝典をあげ、夫婦の契りを

結ぶことに成りましたことは、感激にたえません。

只今は、公民館長殿の御懇篤なご祝辞をいただき、

感銘の外御座いません、厚く御礼申し上げます。

今後は、只今のお言葉を人生航路の指針として、

御互い終生不変の愛と信を以って明るい幸福な

家庭を建設し、これを通じて社会に寄与する

覚悟でございます。

私共はこのことについて、生涯をかけ努力

致しますことを茲に謹んでお誓い致します。

尚私共の結婚に際し、〇〇様ご夫婦の

温かき御友情に対し、厚く御礼申し上げます。

昭和三十四年〇〇月〇〇日

 

Img_2021

2016年10月14日 (金)

つづる旅 567日目

大阪府 和泉市 「光明池大橋」

 光明池大橋は2本のアーチで出来ていて、其の気になれば

 アーチに上ることは出来る。誰も挑戦すらしないそのアーチに、

 あろうことかお転婆な娘とその友達が上ってしまった。

 当然このことは、担任の知るところとなり、大騒ぎになる。

 その後、全校生徒や父兄にまで橋のアーチには絶対に

 上らないようにきつくお達しが出る始末。

 その思い出の橋を見に行って欲しいとのお手紙。

Img_1968

Img_1969


また電柱に、何でしょう?    古い家だね!赤いヒモがついてる

Img_1970

Img_1971


だんじり、、、

これ今から終うんですか?    こっちは遅いのか!

Img_1972

Img_1973


ここにもあった!、、、1億円? 俺、3日働いて、それくらいやからなcoldsweats01

Img_1974

Img_1976


田んぼの風景     和泉府中駅付近 これアーケイド? ロードインいずみ

Img_1978

Img_1979

Img_1980





3年前ここ来たんやけど 前より若くなりましたね カレー焼きめし

Img_1981

Img_1982

Img_1984


光明池大橋、あそこにある!、、、ちょっと待って、これ嘘でしょcoldsweats02

Img_1986

Img_1989

Img_1990


来たけど、、、娘さんに話し聞いてみたいわ。

Img_1991

Img_1992

NHK BS プレミアム にっぽん縦断 こころ旅 bicycle

http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/route_2016autumn/20161006/index.html

お袋の通院日記 10・13

午後から仕事のため、朝一番で通院することにした。

こんな時は、近くのクリニックで助かる。


前回はお薬だけ頂いて、診察は約ひと月ぶりになる。

どうやらインスリン量をほんの少しだが増やした、

その効果が現れたようで、主治医も安堵のご様子。


そのことがどれ程の意味があったかは分からないが、

お菓子や飴を食べるタイミングについて、ゆっくりと

二人で穏やかな雰囲気で話し合った、、、ゆっくりと。

そのことを、どこまで覚えているかは分からないけど、

現状は本当に良好なので、このまま、、、このまま。

2016年10月13日 (木)

ノーベルの賞

ノーベル氏の遺言により始まった世界的な賞。

湯川秀樹、江崎玲於奈、川端康成、、小学生のころから、

ノーベル賞のことは漠然と入っていた、、、幼い記憶の溜まり場に。


末は博士か、大臣か!

そんな言葉は、すでに死語となってはいるが、

その両者を凌駕するのが、ノーベル賞の受賞者。


若い研究者達が、その情熱と人生とをかけて挑む、

尋常では手に出来ない誉れ、大いなる心の拠り所、

なれども・・・

いつしか実を結ぶを夢見るも、その殆どが叶わぬ夢。

だからこそ、ノーベル賞は異彩を放つ栄誉ある賞。


それゆえに、これからも全ての栄誉の鑑(かがみ)であって欲しい。

何ごとにもぶれない、ピュアな探求心のユートピアであって欲しい。

どんな時代が、この世界に訪れようとも、

たとえ、諸刃の剣と揶揄(やゆ)されようとも。

2016年10月12日 (水)

旬のたより

今年も梨の最盛期がやって来た!

聞けば猛暑の影響で、収穫前に落下する物も少なくないとか。

甘さは例年同様だが、一部に身の固いところもチラホラ。

袋をかけていたのに、日焼けしている梨もあったらしい。

「小粒だけど甘いから・・・」

仕事終わりに頂戴した、荒尾梨の新高。


其れでも、やって来てくれる旬の便りには、かんしゃ感謝。

季節の恵み、、、ありがたや!

Img_1996

因みに、大きいものはこの1.5倍はある。

Images3ubj3el1

Images

                ~荒尾梨 新高 Google画像 参照~

2016年10月11日 (火)

つづる旅 566日目

大阪府 堺市 「ヤスさん号」

 夫のヤスさんが肺がんで亡くなったのは、阪堺電気軌道の通称

 チン電の「青藍」が作られている時で、3万円でネームプレート

 を乗せられると聞き及び、寄付をした。

 その後に青藍を軌道に運び入れる場面を目撃していたことに気付き、

 不思議な縁を勝手に感じていた。

 いろんな場面のチン電が、いつまでも走り続けてくれることを願い、

 そんな可愛いチン電のある風景を見に来て欲しいというお手紙。

 

Img_1928_3

Img_1925_3

Img_1924_3

Img_1927_3


阪堺はこっちで合ってる?チンチン言ったらいけません!NHK的には?

Img_1931_3

Img_1949_3


  可愛らしいチン電の駅        これが青藍

Img_1932_2

Img_1933_2


あれ!プレート     水野ヤスさん、、、3万円です。

Img_1935_2

Img_1936_2

Img_1937_2


天王寺駅から輪行 浜寺駅前目指して!大和川の鉄橋

Img_1938_3

Img_1939_4

Img_1940_2


堺市に入る              綾之町東商店街踏切

Img_1950

Img_1951_2

Img_1952_2


昼食、ミックスのお好み焼き 正平さんやろ、そうやろ!

Img_1946_3

Img_1947_2

Img_1948_2




間違ったかもしれないなぁ~、、、青藍捕まえた!

Img_1953_2


    チン電の坂        浜寺公園         浜寺駅前

Img_1954_2

Img_1955_2

Img_1957_2



こころ旅に似つかわしくないって言うんだけど、どうやって終わろ。

Img_1962_2

Img_1963_2

Img_1966_2



Img_1943_2

Img_1959_2

Img_1964_3

NHK BS プレミアム にっぽん縦断 こころ旅 bicycle

http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/route_2016autumn/20161005/index.html

2016年10月10日 (月)

涼し風

季節が一気に進みそうだ、、、風が涼しいというより、肌寒い。

居間の寒暖計も、23.1℃、、、なるほどなっとくのいく秋日和。

そろそろ、衣替えもやらなきゃいけないようだ。

東窓の涼し風が、やっとのことで秋の本番を告げに来た!

2016年10月 9日 (日)

つづる旅 565日目

大阪府 千早赤坂村 「千早赤坂村の風景」

 金剛山麓の千早赤坂村は、空襲を逃れるために疎開した、

 大阪唯一の村なのである。

 父は戦地、母も家を守るために疎開地には来れず、

 子供7人だけの暮らしは、ひもしさや寂しさの

 毎日だったが、千早赤坂村の四季の移ろいや

 自然いっぱいの風景を家族にも見せて語り継ぎたい。

 そんな思いのお手紙。


奈良から大阪に入って来ました、、、撮りたい!

             天望台まで上る?   さすがに、これはbearing

Img_1906

Img_1907

Img_1896_4


熊かなんか出て、逃げてはんの? 嘘ぉ~、チャリンコじゃないの?

Img_1898

Img_1899


展望台、来る意味ある?何も見えんし。

Img_1901

Img_1903

Img_1904

 

昼食は、カレー、、、松茸のトッピング。

Img_1909

Img_1910

Img_1911


映画でも撮れそうな雰囲気よ!  棚田、、、上手に、まぁ!

Img_1913

Img_1915


赤坂城址、       建水分神社、         おじいちゃんの日だよ!

Img_1916

Img_1919

Img_1920




棚田に神社、、、見たよ。

やっぱり、そうだったんだ!

水分と書いて、みずくばり、みずくまり、みずまり。

Img_1921

Img_1922

Img_1923

NHK BS プレミアム にっぽん縦断 こころ旅 bicycle

http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/route_2016autumn/20161004/index.html

 

2016年10月 8日 (土)

酔いました。。。

ひと騒ぎが落ち着き、少し気持ちが、

上向きになりつつあった週末、

その知らせは唐突に舞い降りて来た。


ある人からの知らせには驚いた。

お袋が、俺の行く末を案じているのだという。


珍しく先々週の日曜日に、そのある人宅に連れて行くことに。

半時間ほどの滞在で、お迎えに行った後は何も無い。

そして今日、ある人から携帯に着信。


ある人曰く・・・

もう、結婚に拘ることは無い、とにかく自分(お袋)が逝ったあと、

ひとりぼっちで寂しい人生だけは送って欲しく無い。

家に縛り付けておきながら、今更だけれども、、、。


そんな風なことを、お袋が語ったという。

驚きである、、、そんなこと、一度も聞いたことは無い。

進学・就職・結婚、、、すべてどうするのか俺一人で決めた。

だから、すべてが俺の自己責任であり、両親には関係は無い。

心配をさせていることを思うと、ほんとうに辛い。

親不孝、ここに極まり、、、今日は、酔いました。

月命日 2016年 神無月

昨日のお上人さまは、午後1時半お出ましで午後4時半過ぎまでの滞在。

秋祭りの季節なので、話題はお祭りから・・・

お寺さんだから、関係無いでは済まされず、山車引き回しの

交通整理に駆り出されるとのこと、、、神に塩を贈る。

次に、この辺りで少しは知れた『大川家具祭り』の話題。

それから、お袋の糖尿病についての講義。

インスリン利用歴が長くなると、効き目が悪くなる。

だから量も増える、、、まさに、インスリン依存症。

ただ、怖いのは低血糖を起こすこと。要警戒なのだ!


お上人様ご自身も、重度の病を抱える病人でもある。

毎日が、その試練との闘いであり、共存でもある。

2016年10月 7日 (金)

コミュニケーション!?

「其処は今、、、いいだろう。」

何やら深刻な話をしているらしい夫婦の会話が固まる。

話の腰を折られた旦那さんが、やるせない思いを吐露される。


「今の生活や将来の方向性を話し合う積りだったのに、

 あんな風に話の流れを絶つような言葉を吐かれると、

 次を続ける気力が薄れるんですよねぇ~。」


要約すると、こんな具合の話だった、ような?

それも、コテコテの熊本弁で。


どうやら奥様が話の途中で・・・

「家のローンは、あと21年!22年じゃ無かぁcoldsweats02

「〇〇は、まだ年中さん、、、年長さんじゃ無いとよdanger

「明日は朝8時半までに、、、8時じゃ無かよ、もうannoy

旦那さんの猛攻を、要所要所でかわす技を駆使したようだ!


今ではほんとに稀有な存在である、

30歳代のお客様ご夫婦宅で出くわした、

まるでロールプレイングゲームのような、

コミュニケーション(夫婦喧嘩)のひとコマ。


満腹で、、、ごちそうさまcoldsweats01

 

 

2016年10月 6日 (木)

つづる旅 564日目

奈良県 奈良市 「航空自衛隊幹部候補生学校にあるプール」

 大学を卒業し、航空自衛隊に入った。泳げないゆえに、陸上自衛隊や

 海上自衛隊を回避したのだが、校内には飛び込み台付のプールがあった。

 教官の「泳げない者は手をあげろ」の声と共に、自衛官の夏が始まった。

 よい子の水泳教室のように、まずは水の中で目を開けたり、

 水に浮くことから始めて、その後何度も溺れながら最終的には、

 4キロの遠泳が出来るまでになった。

 たかが水泳だけど、航空自衛官生活30年の中で、最も記憶に残る出来事。

 其の地を訪ねて欲しいお手紙。

Img_1861

Img_1863

Img_1862_2

Img_1864


昼食は、トリトン? 稀代のイケメンが、、、うふふっ。

Img_1866

Img_1868

Img_1869


あっ、NHK!! え~っ、本物?

Img_1870

Img_1871

Img_1873


ブレークタイム、、、濃い~ぃ、コーヒー。

Img_1875

Img_1876

Img_1877

Img_1878



幹部候補生学校、入れるものか?プールを見せて欲しい。

Img_1880

Img_1881

Img_1882


これ、何落とし用ですか? 飛行機です!唯一、お酒が飲める春日クラブ。

Img_1884

Img_1885

Img_1887


自衛官に階級が16もあるって、勉強になったぁ。

幹部候補生に女の子もいるんですかぁ!会いたいわぁ~。

Img_1891

Img_1892

Img_1888


NHK BS プレミアム にっぽん縦断 こころ旅 bicycle

http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/route_2016autumn/20160930/index.html

日々

♫出逢った日 恋に気づいた日

  結婚した日 別れたいと思った日

  子供を抱いた日 手を離れた日

  溢れる涙よ これは幸せな日々・・・


     日々

唄・作詞・作曲 吉田山田


http://www.uta-net.com/song/156395/


YouTube: 日々 / 吉田山田【MUSIC VIDEO】

2016年10月 5日 (水)

台風18号

Typhoon_1618_20161005050000large_2

実況・推定  

実況日時 5日5時現在 中心気圧 955hPa
大きさ --- 中心位置 北緯 33度05分 東経 126度55分
強さ 強い
存在地域 五島市の西約180km 中心付近の 最大風速 40m/s
方向・速さ 北北東に30km/h 最大瞬間風速 60m/s
15m/s以上の 強風域 東に390km 西に280km 25m/s以上の 暴風域 全域で90km
    

2016年10月5日 5時8分発表

強い台風第18号の影響で、6日午前中にかけて、

西日本や東日本では、暴風や高波に厳重に警戒し、

低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水やはん濫、

高潮に警戒してください。

            ~tenki.jp 参照~


今回は、12号より更に北寄りの進路のために、

福岡・南筑後への影響は少ないようだが、

最接近はこれからなので、、、要注意。

2016年10月 4日 (火)

つづる旅 563日目

奈良県 宇陀市 「宇太水分神社」

 想い出の地は、放課後に吹奏楽の練習で使わせて貰った、

 宇太水分神社の境内。

 通っていた高校には吹奏楽部がなく、寂しい思いをしていた。

 学校に申し入れ、何とか吹奏楽部を作るものの、未熟ゆえに

 練習場も確保できず、思案に暮れていた。

 そんな時に、先生から勧められた山奥の神社での練習を、

 宇太水分神社が快諾して下さった。

 お蔭で吹奏楽に恋に青春を謳歌できた。

 その宇太水分神社を訪れて頂けないかとのお手紙。

Img_1834

Img_1835

Img_1833



雨の後で多いんだろうね、水が。 
なんで、、、あれ?ヘビだった!。

Img_1836

Img_1838

Img_1839



何かええとこやなぁ~、カラス逆さまになって・・・。

Img_1840

Img_1841

Img_1843



やまと座、小屋?勉強しな、あかんなぁ~。俺、ライブやってもこんなん入らへんで!

Img_1844_3Img_1845_2Img_1846_2Img_1847_2



昼食はチキンカレー、辛さは中辛、飲み物はラシアル。

5歳の息子がこころ旅のフンであるというお父さん。

Img_1848

Img_1849

Img_1850_2


山の神様って書いてある。この苔のグリーン!

20年に一度の動宮がある、、、それで改修工事?

Img_1852

Img_1853

Img_1855


水分(みくまり)と読む! 水をみんなに分ける区分でも作った?

どこで練習したのかは、分からんけど。

Img_1857

Img_1856

Img_1858

Img_1859

Img_1860


NHK BS プレミアム にっぽん縦断 こころ旅 bicycle

http://www.nhk.or.jp/kokorotabi/route_2016autumn/20160929/index.html

 

 

 

 

 


 

吾が仏尊し

客「きっとその線は、ここに繋がるこの線だからannoy

俺「それだと、出と入りの辻褄が合わないんですよcoldsweats02

アンテナ配線工事での、お客とのやり取りのひとコマ。


絵に描いたような、アンテナ線が散らかる状況。

何故にこんな多数の配線が?とにかく、何とかせねば!

50数年になる古民家の、アンテナ事情は複雑だった。

それよりも厄介だったのは、助っ人を買って出たくれた

そこのご主人様だ、、、主張が強い。


要するに、古い配線をすべて取り換えるのに、

その雑然とした古い配線を導線にして、

新品のアンテナ線を引っ張ってやれば、

配線の手間が省けるという算段なのだが・・・

客「その線は、こっちから入っとるけん、ここば切って

  新しか線と繋ぐとよかったい!」

俺「いえいえ、そこは出の方やっけん、逆なんですよぉ~」


吾が仏尊し、、、

確かにその方の頑固さは、尊いとは思うのだが・・・。



ほんとに頑なだったが、何とか怒らせない絶妙なタイミングで

客の指摘と逆の線に、新たな線を絡ませて勢いよく、

そして素早く誤魔化しながら、配線工事を完了させた。


我ながら、滅多にない巧みな裁き加減であったcoldsweats01

 

2016年10月 3日 (月)

akiya

空き家のこと。

「まだまだ十分に住めるのに、このままじゃねぇ~」

そんなこんなの家々が、其処かしこに点在している。


そのお宅は、今年に入ってから幾度目かの空き家になった。

住人は、そんなに長くは居付かないのだという。

別に曰くつきの物件では無いのだが、

角地なので多少は、出入りに難がある。


そんな空き家に数日前、新しい住人が越して来た。

会釈程度の関わりで、まだ挨拶は無い。

若からず、若からずのご夫婦二人暮らしか?

それにしても、引っ越し作業は驚きの短時間。

二人分の荷物にしては、相当に絞り込んで来たのだろう。


そんなことは、どうでもいい大きなお世話だけど、、、

今度はどんな人だろう?馴染んでくれそうな方かな?

言うほどこの界隈だって和んじゃいないけど、、、

どんな風に溶け込んで来てくれるか、興味津々。


昨日の仕事先、お客様ご近所の空き家と

お引越しにまつわるお話。


空き家が有効活用されるのは、いいことだし、

人が増えるのは、活力の源だ。

たとえそれが、シルバー世代の住人だとしても!



もどり夏 隣は何を する人ぞ


しずしずと 宿替えのひと お隣さん

夏も終りか? 空き家にも 秋や!