« ふるさと | メイン | ふるさと »

2016年10月23日 (日)

遠慮なく

仕事終わりに、お客様からお土産を頂くこともある。

今日のお宅は農家さんなので、季節のとれたてを

頂戴する機会に恵まれることも多いのだ。


今は、みかん。

「小ぶりだから・・・」と、5㎏入る段ボール2箱。

1箱は、帰りに妹宅へ寄りお裾分け。


今年のみかんは、味も取れ高もまずまずだが、

大きさが小ぶりで、見てくれもイマイチ。

それでもミカン農家の激減で、全体の収穫量が

少ないために、お客様を含め数件の農家さんで

収量の確保を期待されておられるようで、

朝早くから日が傾く時刻まで、大忙しらしい。


もともとこの地区のみかんは品質が良く、

甘くて美味しいことで評判はいいのだ。

ただ、高齢化と後継者の問題が大きくなり、

泣く泣くミカン農家を辞めざるを得ない状況がある。

廃業の波は、農家さんばかりではなく、

我々も同様で、町の電器屋さんも減少の一途を辿る。

それでも電器屋さんは他で代わりも利くが、

食の安全は、やはり地元の農家さんあってのこと。


遠慮することも無く、勧められるままに、

有り難く頂戴した、今朝とれたてのミカン。

来年も収穫の喜びが続くを信じ、そして願う。


早速仏壇にお供えしてみた、、、合唱。

Img_2027

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/605037/33979987

遠慮なくを参照しているブログ:

コメント

美味しそうなみかん。
しんがりさんの人徳の賜物ですね。
信州に住んでいた頃、リンゴ農家さんの激減が深刻になっていました。
生りものは木の剪定など手間がかかる上に安価で取引されるため、後継者が育たないとのこと。
せめて私たち消費者が美味しく食べることで農家さんへの応援になるといいなって、いつも思います。

はまさんへ

そうですか!リンゴ農家さんにも、厳しい現実が。
旨く言えませんが、支え合うことで繋がる未来を信じたいです。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013