« 2016年10月 | メイン | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月 4日 (金)

あの頃へ

♫雪が降る 遠いふるさと

  なつかしい 涙になれ・・・


http://www.uta-net.com/song/328/


        あの頃へ

唄 玉置浩二 作詞 松井五郎 作曲 玉置浩二

 


YouTube: 『あの頃へ』  玉置浩二

2016年11月 3日 (木)

指導

新人さんのレジ打ち研修を綴ったことがあった。

昔とは違って、今のレジには値札のバーコードを

スキャニングする機能があるから簡単そうにみえて、

意外にも手強そうな印象に映った。

その新人さんも、そろそろ半年の節目を迎える。

 

仕事帰りに、そのコンビニに立ち寄ると、

陳列の品出しに勤しむ新人さんの姿があった。


ちょうどレジが混みだす時間帯。

『レジお願いしま~す』の声に呼応して、

素早く2番レジへ滑り込む、動作も機敏な新人さん。

そこには、研修当時の背中を丸めた気弱な印象は無い。

レジさばきのみならず、お客さんへの応対も手慣れたもの。


もちろん、そうなるべく指導を受けての今だろうけど、

それにしても、この仕上がり具合、、、さすがである。

すでに、更なる新人さんらしき若者がレジ奥に待機。

だとすれば、あの新人さんは既に、、、中堅さん!


その一部始終の、何処にも拘わっていない俺なのに、

ひと仕事を終えた指導教官のような達成感が湧いて、

なぜだか気恥ずかしい思いでコンビニを後にした。

2016年11月 2日 (水)

以前には、、、

この時期、家電屋さんは合同展示会なる催しをやる。

個々のお店ではどうしても展示品に限りがあるから、

メーカー販売会社とのタイアップで、数店の家電屋さんが

共同で会場を借りて、お客さんを招待しての販売会を催す。


昔は参加していた。多い時は年に4回も。

この催しに賭けていたくらいで、売り上げの柱だった。


今はもう昔のこと。

当時の忙しさを、懐かしく思うことも無くは無いが、

いつしか慢心を招き、売り上げも落ち、

その繰り返しがマンネリ化となった過去の苦さを

同時に思い出すのも、些か辛い。


ただ、この時期の風物詩として、日頃はライバルである

同業者との共同作業に、汗を流した記憶だけは残しておこう。

それは、親父と二人三脚でやっていた証にもなることだから。

2016年11月 1日 (火)

玄人はだし

このところ、自然の恵みを頂戴する機会に恵まれる。

昨日のお客様は、農家さんでは無いのだが、

定年後に起業をされ、余暇にはレンタル菜園で、

野菜に果物などなど、農業にはまってしまわれた。


電気関係のエンジニアで、職人の域に達した方だから、

趣味嗜好を遥かに超えて、玄人の領域に達している。

仕事終わりに、今日の収穫のお裾分けを頂いた。

獲れたての山芋、、、泥まみれの新鮮なやつ。

夕食で美味しく頂戴したdelicious

Img_2029

時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013