時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013

« 寒かねぇ~ | メイン | 片想い »

2016年11月27日 (日)

リサイクル

販売から約35年、、、ご使用主の施設入所を機に、

リサイクルの処理を仰せつかった冷蔵庫がある。


その冷蔵庫は、これまで一度も修理歴は無い。

冷蔵能力を確認はしなかったが、

コンプレッサーは紛れもなく動作音を響かせた。


このタイプは、当時の冷蔵庫には付き物だった、

背後の放熱パイプを本体に収納し、

背中スッキリを業界初?で実現した製品だった。

そのことで、冷蔵庫を壁に極限まで近付けた。

出っ張りを少なくしたのだが、

業界ではリスクが大きいと批判を受けた。

それが今では当たり前のこと。

もう誰も、背中の黒い放熱パイプの存在は知らない。

たぶん忘れ去られている。


忘れていたのは俺も同じ。

技術の進歩で得られた優位性は、

それが当たり前になれば何時しか

忘れ去られてゆくもの。


思い起こさせてくれたその冷蔵庫を、

丁重にリサイクル処理した。

Imagesreizouko          ~東芝冷蔵庫 Google画像 参照~

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/605037/34009557

リサイクルを参照しているブログ:

コメント

放熱パイプのある冷蔵庫覚えています。
子供の頃、我家にあった冷蔵庫もこの写真のような型式だったと思います。
東芝提供サザエさん全盛期の頃でしたね!懐かしいです。

はまさんへ

写真の冷蔵庫はけっこう売れ筋でした。
その割に、故障の極めて少ない優秀な冷蔵庫でした、、、それに、
若草色のボディカラーは当時の流行でした、よく覚えています。

サザエさん提供は、今でも継続ですが、
当時は東芝が一社独占でした。
ほんとうに懐かしいですね。


コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。