« 2017年1月 | メイン | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

ここまで

正直に云えば、衝撃の1月19日の告知から、

ここまでの時間が与えられるとは思いもしなかった。

今日で入院41日目、、、2月が終る。



もう一日、そしてまた一日。

今はただ、積み重ねて行こう。

ひたすらに。

2017年2月27日 (月)

お袋の入院40日目(転院27日目) ~お風呂~

入院40日目にして初の入浴、、、驚きである。

早朝に病室を訪ねた俺には何が何やら。

すでにお袋は病室にはおらず、

待てど戻らぬゆえに、仕事に帰る。


後で妹や弟の話だと、久しぶりのお風呂に

満足げなお袋の様子に安堵。


されど夕方病室を訪れると、不安な話を聞く。

夕べお袋は、2度も点滴の針を自ら抜いたのだという。

認知症も少し進んだか?不安の種が一つ増えた。

会食

昨日は日曜日ということもあり、

昼食と夕食を病室で食した、、、

お袋を囲んで。


そんなに広くはないが、個室だから成せること。

兄弟そろって、妹のこしらえたおにぎりをほお張った。


こんな何気ない時間も、後には大切なひと時として

心に刻まれて行くことになるのだろう。

2017年2月26日 (日)

お袋の入院39日目(転院26日目) ~夢うつつ~

日曜日の今日は、早朝から病室に入り浸り。

午後には、姪っ子が子供を連れて見舞ってくれた。

ほとんどの時間、夢うつつをまどろうお袋だが、

このひ孫の見舞いには大いに喜び、満面の笑みで迎えた。

しかしながら、当の曾孫はおっかなビックリの表情で、

曾婆ちゃんの歓迎ぶりとは若干の温度差が否めなかった。

それでも帰り際には、ハイタッチを披露してくれたひ孫に感謝!



夕方には、痛みと怠さを訴えるお袋に、緩和策を講じて頂いた。

随分と楽な感じで眠りにつくも、3時間ほどで目覚めると、

今度は咳込む始末、、、咳止めを処方して頂く。

度々の咳込みと続く微熱から、肺に水が溜まっている

可能性を示唆される、、、誤嚥からの症状か?

不安は尽きないが、ここはホスピス。

冷静な判断と、適切な対処療法で事に当たる構え。

粛々と、、、整然と。

 

ご近所さん

隣室の方々のことでは無い。

自宅兼店舗周辺のご近所さんには、ここ最近の俺の行動に、

違和感を覚えながらも其処には触れないでおこうとの

配慮を感じてはいたのだが・・・


急ぎの仕事を依頼された先がご近所さん。

お袋の近況を尋ねられたものだから、

言わずもがなとは思いつつ、つい吐露してしまった。

そこからはもう、堰を切ったように、、、


隠すつもりは無く、自然体で居ようとしただけだった。

ことさらふれ回ることではないのだから。

親父が何度も入退院を繰り返したことで、

お隣近所の住民に心配と面倒をかけたことを、

追い目に感じていたというのもあった。


でも、、、そのことはこれで解消された。

「大変だろうが人の道なのだから」と諭され、

ねぎらいの言葉も頂戴した。


そうだ、向くしかなかったんだ、、、前を。

2017年2月25日 (土)

お袋の入院38日目(転院25日目) ~週末~

取り敢えずの安静を保つお袋。

朝は目覚めもよく、みかんを少々食したらしい。

微熱も37度0分だったし、まずまずである。


週末はスタッフさんの人数も少なめ。

他の病棟の看護師さんの応援もある。


それでも手厚い看護に質の低下は無い。

さすがであると同時に、ありがたい。


夕方、はじめて痛みを訴えるお袋。

はたして何処の痛みなのかは見当もつかないが、

ごく軽めの沈痛剤を注射して頂く。

同時に、痰の吸引をそろそろ準備して頂いた。


それでも、お袋が嫌がることはしない、、、

そこはスタッフさんにも浸透している。

万全を期して臨む、、、

俺なりの覚悟を胸に。

つれづれ

こころ此処に在らず、、、

遥か昔の幼少期、そして戦後は物資不足の青春期。

以前にも聞いたことのある話が口をつく。


お袋の今は、ずーっと昔と、ほんのちょっと昔と、

そして、、、

「いま、何時かね?」

そこを行き来の、、、つれづれなる時の流れ。


もう少し、いま少し、、、このまま、このまま。

2017年2月24日 (金)

お袋の入院37日目(転院24日目) ~悼む~

昨日の言葉のことが気になり、今朝は早出をした。

午前9時半には病室へ、、、平然と眠るお袋。

いつもの感じで、いつもの所作で場を繕う。

そのことが何よりも嬉しいこと。

今日もどうにか生かされている。


午後、仕事を終えて駆けつけた病室。

ドアーに手をかけようとすると、

廊下の先に妹の佇む姿、、、そして手招き。


病室では病衣替えの最中とのこと。

実はその少し前から、病室に居たたまれずに、

廊下のソファーで佇んでいるのだという。


お隣がにわかに騒がしくなったかと思うと、

女性の慟哭と嗚咽が響いたのだと。



その場に居合わせなかった俺には、

計り知れないほどのショックが

妹を襲っていた。

それは、我々も通るであろう、

少し先にある風景なのだ。


今は、この病室でスヤスヤ寝息を立てるお袋。

明日はどうなるか?それは、神のみぞ知る。


隣の住民の安らかな旅立ちを祈り、

心から哀悼の意を表したい。

今、ここで思うこと。

先日、緩和ケアースタッフさんから頂いた、、、

「寄り添うご家族のみなさまへ」の小冊子。

その内容を、今一度読み返してみた。

いちいち頷きながら、一言一句を噛みしめる俺がいた。


今ここで思うこと。


やはり、お袋の今を出来る限り受け止めて、

医師・スタッフの知恵と経験を頼りに、

如何にすれば、少しでも楽に出来るのか?

そのことを一番に考えたい。


何よりも、お袋の意思を大切にしたい。

2017年2月23日 (木)

お袋の入院36日目(転院23日目) ~うわ言~

時おり目覚めては、何やら囁くように呟くお袋。

相変わらずの微熱に咳込む姿、、、

ここ数日はこのような毎日の繰り返し。


よく眠っているお袋の横で、

いつものよもやま話で場を紛らす妹弟。

それを聞きながら、お袋を見守る俺。


不意に目覚めたお袋が、、、

「寝てばかりは、もうきつかぁ。」

はっきりとした口調に、皆驚く。

そしてまた、ゆっくりと眠りについたお袋。


初めての弱音ともとれる言葉の投げかけに、

唖然として口をつぐむ一同、、、時が暫し凍りつく。



もちろん、身体は辛いに決まっている。

そうなることも分かってはいた。

でも、、、お袋の口から出た言葉を聞けば、

さすがに身震いする、、、怖いほど。


どうする?どうすればいい?


うわ言なれど、心乱れて。

俺・妹・弟

このところ、仕事帰りの弟が合流すると、

3兄弟が揃う、夕暮れ時の病室になる。


お袋を囲んでの他愛のない話。

たぶんお袋には聞こえていない。

それでも、場の雰囲気が伝わればいい、

伝わって欲しい。

 

2017年2月22日 (水)

お袋の入院35日目(転院22日目) ~顔色~

相変わらず眠っている時間が長いお袋。

点滴針の挿入箇所もなかなか定まらず、

手は腫れあがり、液漏れの後が滲んでいる。

それでも何とか事なきを得る、、、まずまず。


夕方には微熱が出ることも多いが、今日もそうだった。

アイスノンを後頭部と脇の横に当てて、解熱を促す。

抗生剤と解熱剤の投与も成されていた。


数日前から、顔色が徐々に浅黒くなりだした。

肝機能の衰えが否めない、、、仕方がない。

 

住人

転院して20日あまり、、、

お隣近所の様子に目を配る余裕などは無いが、

挨拶程度のことであっても、

どの方も同じホスピスの住人だから、

通じ合う心があるのかもしれない。


それに、看護師さんの名前を覚えたのは、

親父の入院を含め初めてのこと。

ローテーションではあるものの、

それだけ我々が通い詰めている、

きっとそういうことなのだろう。


多い日は、4~5時間病室界隈にいる。

すでにこの病院の住人と化した。


それでもいいから、

もう少し、このままで。

 

2017年2月21日 (火)

お袋の入院34日目(転院21日目) ~声掛け~

寝ていることの多いお袋に、どのタイミングで声掛けしたらいいのか?

そんなことを考えるのに、十分な時間が与えられるほど、

お袋の沈黙は長くなっている、、、思いのほか。


それでも時おり目覚めては、少しだけ何かを所望し食す。

看護師さんに体位変更をして頂くほかは殆ど、

体を動かす素振りは見せ無くなってしまった。

いったい何を思っているのだろうか?


看護師さんによると、、、

深夜巡回に行くと、お袋が目を見開いて、

宙を見ているのだという。


こころが締め付けられる、、、

 

 

継続

” JAFからのご案内、、、まもなく有効期限満了です ”


忘れていた。

更新手続きもそうだけど、

このままJAFを続けるのか、どうかを。

そもそも、自動更新にしていないのは、

必要性を疑問視しているから?


この時期、、、いつも迷いに迷い、

それで、期限スレスレに更新!

そのことを、、、思い出した。


そんなに迷うくらいなら、

一度やめてみればいいのだ!

そこからまた、、、考えれば。

なのに・・・


” 継続は 力なり "

そんな言葉が、立ちはだかる。


悩ましいなぁ、

継続も、俺も。

 

 

僕らが生まれた あの日のように ~redraft~

♫ 高い空 見果てぬ夢 砕ける波 はじける夢

 君は来るか ここへ来るか 僕の腕の中に

 何も疑わない すべて受け止めて

 君はここへ生まれて来る

 君はいつの日にか 僕らの時を越えて

 風の顔で 走るだろ・・・


         僕らが生まれた あの日のように

唄 USED TO BE A CHILD 作詞・作曲 飛鳥涼/小田和正

 


YouTube: 「僕らが生まれた あの日のように」USED TO BE A CHILD

2017年2月20日 (月)

お袋の入院33日目(転院20日目) ~落ち着き~

もちろんお袋の病状に、好転の兆しが見えた訳では無い。

ただ、落ち着いている、、、それだけのこと。


それでも奇跡を信じない訳では無い。

万分の一でも可能性は感じていたい。


今のお袋は、点滴が上手く入らない。

食事が思うほど摂れていない。

でも、生きて行ける。


もう神頼みでも何でもいい、、、

今の落ち着いた状態を少しでも長く、

俺たちに見せつけて欲しい。

支え

土曜の夜も昨晩も、落ち着いていたお袋。

「また明日」を合言葉に、病室を離れた。


帰りに、遅い夕食をすべくラーメン店へ寄り道。

用事があるという弟と別れ、妹夫婦と向かう。


あっさり上品な豚骨スープを飲み干して、

店を出るころには、周りのお店も仕舞いの時間。


「また、明日ね!」

同じ合言葉で、帰路に就いた。

2017年2月19日 (日)

トイレの神様

♫トイレには、 

  それはそれはキレイな 女神様がいるんやで

  だから毎日キレイにしたら 女神様みたいに

  べっぴんさんになれるんやで・・・

 

          トイレの神様

唄 植村花菜 作詞 植村花菜・山田ひろし 作曲 植村花菜

 


YouTube: 植村花菜 - トイレの神様

お袋の入院32日目(転院19日目) ~繋ぐ~

日曜日なので、面会者も多い。

駐車場は満杯で、談話室にも華やいだ雰囲気が!

それでも此処はホスピス、、、

笑い声も何処か哀し気に響く。


お袋の部屋にも、姪っ子家族と妹の旦那が集う。

面会が終り、病室にはいつもの3兄弟が残る。


午後から熟睡のお袋、昔ばなしに花を咲かせる3兄弟。

突然目覚めて、お茶に生菓子を所望のお袋。

お口直しは小粒の氷、、、数粒食べてご満悦。


そうやって今を、命を繋ぐお袋の覚悟を見た。

時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013