« うれしい!たのしい!大好き! ~オルゴールバージョン~ | メイン | オオキンケイギク »

2017年6月 4日 (日)

素っ気ない会話

ある友が、今試練に耐えている。

幾重にも重なり合った苦難の衣が、

重くその肩にのしかかっているかの様。


そんな友の口から、お袋の近況を伺う言葉が・・・


友 「お袋さん、、、元気?」

俺 「うっ、ん、、、亡くなったよ。」


それだけ伝えると、、、表情が一変した。


友 「いつ!」

俺 「2月。」

友 「・・・ ・・・ ・・・」


彼も、重篤な病状の母親を抱える息子なのだ。

それに仕事のことに、子供のこと、、、

どう転んでも、彼の苦難の方が重いのに、

彼は俺のことを気遣い嘆き、、、悲しんでくれた。

もうそれだけで、目頭が熱くなって行くのを感じた。

 

ここ数年の、彼の周りの環境の激変ぶりが伺える。


俺に何が出来る訳でも無い、、、ただ、

依頼の仕事を淡々と仕上げ、

「俺は俺のステージをただひたすらやってみる。

 だからお前も、そのステージでがんばってくれ!」

それだけを心で念じ、お互いを見るでも無く、

「じゃあ、また!」で別れた。


素っ気ないが、通じてると感じた。



トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/605037/34064157

素っ気ない会話を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013