« 10月10日 | メイン | 収穫 »

2017年10月12日 (木)

手紙

あるお客様から手紙が届いた。

そのお客様は、少し離れた山間の町に住まれる方。

亡き親父の好む風景が散在する、お気に入りの場所でもある。


お袋が入院していた2月、仕事の依頼を受けた。

さほど急ぎの用では無いとの前置きはされたが、

結局お伺いは出来ていない、、、今でも。


あれから8か月余りが経過してしまった。

意を決してお伺いし、謝罪すべきところなのだが、

どうしてもそれが出来ない、、、今更感が半端なくて。

急を要する内容では無いと、なおざりにした後悔が

今も痛い、、、会わせる顔が見つからない。

せめて電話すれば早いのだが、何か違う気がして・・・


それで、いい訳がましく手紙をしたためることにした。

慎重に言葉を選び、尚且つ正直な気持ちを綴った。


早晩カレンダーの配布で訪問するし、その折に謝罪しよう!

そんな風に思っていた矢先に届いた、返信のお手紙。


まずは俺の謝罪を受け入れて頂き、労いの言葉まで頂戴した。

仕事は、「心身共に元気になってからでよい」と。

そればかりか、「遊びがてら出かけて来なさい」とまで。

言葉や文字の柔らかさに胸が詰まってしまった。



親父の代からのお客様で、もう50年以上のお付き合い。

俺の少年期もご存知のお得意様。

俺の甘えを受け止めてなお、、、

「そんなこと気にせんでよかよ!」

こころを ” ポン " とされたような気がした。


ありがとうございます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/605037/34086281

手紙を参照しているブログ:

コメント

ちょっとした人の優しさがとても
嬉しい年齢になった私です。
ふとしたしぐさに優しさを感じて
「人のふり見て我が振り直せ」を
実感しているこの頃です。

しんがりさんってきっと優しい人なんだなと
ブログも訪問しながら感じています。
これからもよろしくお願いします。

夢子さんへ

>ふとしたしぐさに優しさを感じて

分かる様な気がします。
自然体な振る舞いに、その人の優しさがにじみますものね!

優しさの表情は人それぞれでしょうが、
一つでも多くの優しさに包まれ、
そして包んで生きて行きたい、、、
きっとそれが望みなのかもしれない、
そんなことを思うようになりました。

こちらこそ、どうぞよろしくです(^^)v

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013