« しあわせは・・・ | メイン | 冬が来た! »

2017年11月19日 (日)

ルールの精神

17日朝刊朝日新聞の記事に、、、

相次ぐ品質管理の不祥事『ルールの精神見つめ直せ』

というのがあった。


筆者は、現存するルールを破ることは、

決して許されることでは無いとしながらも、

古いルールが現状に齟齬(そご)を来たす時には、

ルールを改める必要性もあると論じる。


世の中には数多のルールがあって、

それを順守することにより秩序が保たれ、

安全で安心な日々の生活を営んで行ける。


ただ、時が流れ考え方も多様化すれば、

古いルールは形骸化しいつしか、

守られ無くなって行くものだという。


人が決めたルールだからこそ時代に則して、

変えて行くべきは変えなければならないのだろう。


それでもその時々のルールの精神はきっと、、、

人のあるべき姿は不変であれと願っている。


きっとそうだと、俺も願っている。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/605037/34093433

ルールの精神を参照しているブログ:

コメント

あまりにもお堅い役人様が、日本の物づくりの足を引っ張っていると記されているのを読みました
これ以上、最高の物はないというのに
規定に達していないものが納品されていたと非難されたから?
素人の私には、勉強しないと解らないことですが・・
ただ、以前にも、役所の方がTVで解説されていた時
文章を読んでは「かっこ〇〇、かっこ閉じる」と繰り返してみえました
普通、子供でも、そこは自己判断で省略して読みますよね

えりさんへ

>「かっこ〇〇、かっこ閉じる」

まさに、” マニュアル通りに ”と言うことでしょう!

良いものを作り続けるために定めたルールであったものも、
いつしか色褪せて形ばかりのマニュアルに!
ものづくり日本の本質を、見つめ続けて行きたいですね。


コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013