« 日曜日 | メイン | カレンダー配布 2018年版 »

2017年11月 7日 (火)

柄にも無く、つらつらと。

午前中の仕事がキャンセルになったので、

何気なくテレビを見ていたら・・・

あるクイズ形式のバラエティー番組で、

『なぜ、男と女が存在するのか?』

そんな疑問を投げかけていた。

大方の意見は、「神のみぞ知る!?」だったのだが、

実は、、、

『男は女にとって滅び無いための保険』

なのだという。

番組では、腑に落ちる説明をされていたのだが、

詳細を綴るのが怪しいので、少し視点は変わるが、

同じような説明で、” 滅び無いための保険理論 ”

を解説しているサイトをご紹介する。


東洋経済 ON LINE サイト
生き物にとって、男性とは女性の保険である


生き残るための多様化、、、それが男の存在意義?

自分の存在意義などという哲学的らしきを、

柄にも無くつらつら考えてみたりした・・・



トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/605037/34091056

柄にも無く、つらつらと。を参照しているブログ:

コメント

なるほど。
確かに。
カマキリのオスは交尾の後、メスに食べられてしまいます。カマキリは保険さえも要らなくなれば食べちゃう訳ですね。戦国時代には男たちが天下を取るため命がけで争っていましたが、実は女たちが子孫を残すために男を上手く使っていたという説もあります。
朝から長々と失礼しました(^^;

はまさんへ

そうなんですよ!
所詮男は、女性から生まれて来るのですからね(^^)

ただ、、、
人がひとを人為的な方法で創りだすことを
合法的に是とするような時代が来た時、
人は、生命体は何処へ向かうのだろう?

なんてことを、考えたりしちゃいました(^^;

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013