« 2017年11月 | メイン

2017年12月

2017年12月12日 (火)

大相撲

降って湧いたような角界の不祥事。

おすもうさん同士の内輪もめは警察沙汰となり、

いつしか大相撲協会内部のゴタゴタを露呈させる結果に。


その発端となった事件の真相が明らかになる前に、

当事者で加害者とされる横綱日馬富士関が引退した。

このことは、ほんとうに残念なことであり不本意なこと。

ただ、刑事事件の加害者となった横綱を、

土俵にあげることが果たして妥当なことか!

そんな思いもある、、、なんとも複雑なところだ。


大相撲は国技では無いらしい、、、そもそも、

この日本と云う国に、国技と定義される競技も武道も無い。

しかしながら、、、大相撲は奉納される神事なのだ。

日本人の持つ、大らかな宗教観の中で育まれた祭事であり

古くから伝わる興業なのだと思う。


横綱の品格も大相撲の伝統も、一体何のため、誰のために

受け継がれ守られて来たのだろうか?


こころの国技である大相撲の未来は、きっと大衆文化の

心意気に継承され育まれ、そして力士の指針となり、

新しい元号の世にも引き継がれて行く、、、

そう信じたい。

2017年12月11日 (月)

ある本のタイトル

もう2年以上前のこと、、、

来店されたお客様は、お久しぶりの方だった。

『いらっしゃい、ま!』

くらいのタイミングで、いきなり被せるように、、、

「電器屋さん、これ!」

見せられたのは、何かの切り抜きの拡大コピーだった。

「姪の子供がね、今度本を出すらしいとたい!」

「何か分からんけど、、、嬉しかったい(^^)v」

満面の笑みと同時に差しだされたA4のコピー用紙。

そこにはインパクトのあるキャッチコピーが載っていた。


「ん?、ホラー小説!、、、マンガ?」


だが、本のタイトルらしきその文字の横には、、、

『読後、このタイトルにあなたはきっと涙する。』

『驚異の新人デビュー!!今年最大の青春小説』


この文言が、この本の作者の大叔父には響いた!

きっとそうに違いない (^^)

 

Img_2414

2017年12月10日 (日)

まだまだと・・・

あるテレビドラマのワンシーンで詠まれた短歌に、

少し付け足し、和歌にして一首。


「まだまだと 思い過ごしおるうちに

  早や黄泉の途へ 向こうものなり・・・

  それ故に 今を盛りと 生きるものかな」

2017年12月 9日 (土)

修復

先日施した、屋上雨漏り箇所の応急処置の養生シートが、

昨日の強風に煽られ、一部が剥がれてなびいていた。

虫の知らせか?何となく気になり、眺めに行って正解だった!


取り敢えず剥がれた部分を修復し様子を見てみることに。

養生シートやテープの処置は一時凌ぎに過ぎないのだが、

雨漏りの原因が屋根瓦関係では無く、防水加工の劣化によるものと

分かっただけでも、養生シート敷設の甲斐はあったと云うもの。


こうなったら、防水塗装もやってみるか!

上手く行かなくても、自分の屋根・屋上だしね(^^)

 

 

 

2017年12月 8日 (金)

お寒うございます。

いつものウォーキングコースから外れ、

橋を渡って川沿いの細道を辿ってみた。


まるでダウンジャケットが歩いている様な、

そんなお婆さんが犬を連れてこちらへ来る。


強い北風に押されながらの一人と一匹。

俺には頬を刺すような冷たい向かい風。


すれ違いざま、、、

「お寒うございますね!」


冷たくて寒かった心と体に、

あったかい言葉の贈り物。

 

2017年12月 7日 (木)

招かれざる客

我が家は築60数年の、老朽店舗付住居である。

移り住んで11年目に入った。

先日、夕飯を食べ終りくつろいでいると、

何かが崩れ落ちるような物音がした。

恐るおそる1階の倉庫を見に行くと、

どうやら何者かが物色をした形跡があった。

ネズミか猫か?

何れにしても、ここを片付けないといけなかった。


次の日、片づけをしていると階段下の床が、

斜めになっていることに気付いた。

どうやら床が抜けたらしい。

そこから何者かが侵入したのだろう!

とても素人では太刀打ち出来ないレベルに見えたが、

取り敢えず、垂木を打って薄いコンパネで養生した。


招かれざる客の正体も気にはなるが、

それ以上に、抜けた床の状況が気になる (^^;

2017年12月 6日 (水)

痛み分け ~つづき~

突然に送られて来た一通の葉書。

その葉書に誘われるように送ったカレンダー!


更に送られて来た二通目の葉書には、

前回葉書の訂正と謝罪の文字があった。

だが既に、カレンダーは送付していた。


それから二日後、、、カレンダーが送り返されて来た!

「あて名不完全のため配達できませんでした・・・」


「えっ(◎_◎;)、何で!」

どうにも納得がいかず、〇〇郵便局に問い合わせてみた。


郵便局からの返答は、、、

「まず、『住居表示整備事業』のお知らせ葉書の発信元は、

  〇〇郵便局では無く〇〇市役所であって、

  当局は一切を与り知らぬということ。

  次に、当該葉書は〇〇市役所の委託を受けて、

  〇〇郵便局が発送業務を請け負っているということ。

  何れにせよ、止むを得ず返送されて来た郵便物は、

  その時点で完結しており、再発送する場合には、

  発信者もしくは受取人に応分の費用負担を

  お願いするということ。」

簡潔に、しかも理路整然とした返答を頂いた。


しかし、、、

今回の返送が、止むを得ずの返送なのかどうか?

これ以降は、〇〇市役所にお伺いを立てるより

他に無いとの結論に達し、電話を切った。


その時点では、まだ俺には非が無いと確信はしていた。

ただ、以前に同じような件で感情的になり、

墓穴を掘ってしまったことがあったから、

今回はそうならぬようにひと呼吸をおいて、

最初からここまでの流れをおさらいしてみた。


で、、、気付いた!

郵便番号の変更は無い?だったら何故に返送されて来た?

確かに住所には不備はあるが、番地は訂正して合っている。

そこで出戻りカレンダーの郵便番号を再確認してみたら、、、

なんと〇〇〇ー〇〇〇〇の筈が、

〇〇〇ー△〇〇〇と打ち間違えていた(◎_◎;)

つまり、、、

郵便番号と謝罪葉書にあった地名の欠落で、

配送できないという、致命的な郵便物になってしまった

カレンダーということになったのだ。



何とも間抜けな話である。

これは俺にも非がある、、、詰問は出来ない(>_<)

何だかどっと疲れが襲って来た(-_-;)

 
差し詰め、、、痛み分けってところか!?

2017年12月 5日 (火)

痛み分け 

11月の初旬に、一通のはがきが届いた。

内容は、、、

” 拝啓 時下あなた様にはますますご健勝のことと

  お喜び申し上げます。

  さて、住民表示整備事業の実施に伴いまして、

  平成29年10月30日から、あなた様のお知り合いの

  下記の方の住所が変更となりましたのでお知らせ

  いたします。今後、郵便をお出しいただく際には、

  新町名をご記入くださいますようお願い申し上げ

  ます。               敬 具

●旧 町 名

    〇〇市 〇区 〇〇町△△111-1番地

●新 町 名

    〇〇市 〇区 1 丁目 1番1号


 ご氏名 〇〇〇〇 様


今回の住所変更に際して郵便番号の変更はございません


この住所の方には、過去一度だけ贈り物をしたことがあったが、

そんなデータを掘り起こして、親切にもお知らせ頂くとは!

差出人には〇〇郵便局長とあったので、この時点では、

郵便関係の事業と理解し、さして気に留めるでもなかった。


先週のこと、、、

お世話になった数人の縁者に、カレンダーを郵送することにした。

そこで、先日住所変更の方にも急きょ送ることにした。


そして、郵送の手続きをしたその翌々日、、、

またもや変更届の葉書が送られて来た?

どうやら、前回の変更届に誤りがあって、

その訂正と謝罪の葉書であった。

「あれ!そしたらカレンダーはどうなる?届くか?

  そうか!郵便番号に変更は無いし、番地が合ってるから

  たぶん届くだろうな (^^)v 」

その時は、、、そう思っていた。


つづく・・・

2017年12月 4日 (月)

二度寝!

午前4時55分、、、寝汗で目を覚ます。

「やっぱり安物の薄い羽毛布団といえども、

  毛布2枚との3枚重ねだと暑いなぁ(-_-;)」

毛布1枚外してみたがまだ暑い、、、眠れない!


そうこうしていて、ウトウトと眠りに落ちて・・・

 

パッと目を開けると、、、もう正午を少し回った時刻!


「えぇぇぇ~っ(◎_◎;)」


更にパッと目が覚めて、、、午前6時15分過ぎ。

「えぇぇぇ~っ」から2度目に目が覚めるまでの間に、

何だか沢山の出来事があった気がするのだが・・・。


きっと、時間がゆっくりと流れていた頃の想い出が、

走馬灯のように流れて行ったんだろうな!


取り敢えず、、、

ほんとうの目覚めが、正午過ぎで無くて良かった(^^;

 

2017年12月 3日 (日)

心の瞳

🎶心の瞳で 君を見つめれば

  愛すること それが

  どんなことだかわかりかけてきた・・・


          心の瞳

唄 坂本九 作詞 荒木とよひさ 作曲 三木たかし

 


YouTube: 心の瞳~坂本九さんの生前最後の収録

2017年12月 2日 (土)

届いた!

先日受けた、家電製品総合エンジニアの更新講習。

その更新試験を何とかギリでパス出来た証の、

認定証が、、、届いた! 

 

Img_2409

2017年12月 1日 (金)

みかん・ミカン・蜜柑。

今年はみかんの当たり年。

ただ、大きさが疎らで獲れ高は並みだった!

ミカン農家のお客様からの頂き物は、

疎らでもその美味しさに変わりは無く、

しばらくは買わずに済むほどの量だ。


昔は数十件で凌ぎを削ったみかんの収穫も、

今ではお得意様のお宅と僅か2~3軒の農家が、

兼業で営んでおられるくらいに縮小した。

高齢化と後継者不足がその原因とのこと。


やる気のある若者や、チャレンジしたい

壮年世代の転職組も数多いるらしいが、

古い掟やしがらみがそれを阻み、

仕組みや政治が追い付いて来ないという。

何処も同じ問題で窮している現状が浮き彫りに。



働き方改革もいいが、机上の空論が過ぎる!

最も先に改革すべきは、国会議員の資質と数だ!


先ず隗(かい)より始めよ、、、


ものごとは、まずいい出した者から始めよと、

ふるい諺にもあるではないか!

時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013