« 落ちた! | メイン | その昔 »

2017年12月16日 (土)

街路灯

先日、防犯目的を兼ねた街路灯の電球交換を依頼された。

単に電球交換なら簡単だが、電柱の街路灯となると

上る訳にはいかないし、梯子や脚立では間に合わない。

下から電球を取り外す道具を借りてきてやってみた!


ところが、外した電球は切れていない?

そうなると、器具本体あるいは電線路に問題あり?

何れにしても、ここから先は俺に手出しは出来ない。


街路灯の場合、管轄が地方自治体か、

或いは公民館や隣組などの自治会かで対応が分かれる。

当該地域の場合は、集合団地の道路に隣接しているので、

てっきり管轄は自治会だろうと思っていた。


ところが数年前に、下水道工事の関係で隣接の道路が、

どうやら公道に変更されていたらしいのだ。

ややこしいのは、全ての私道が公道化されてはおらず、

私道と公道の数珠つなぎ状態にあるところ。

それ故に、街路灯の管理管轄運営に支障が出た。

実はその街路灯、お役御免で給電が断たれていたのだ。

理由は分からないが、他の場所へと移転されていたと。

結局、街路灯近辺の方々に知らされることなく

その街路灯は役目を終えていたと云う訳だ。

何とも奇妙な出来事だった (-_-;)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/605037/34097539

街路灯を参照しているブログ:

コメント

電気工事士だった親父も現役時代、町内中の電球を換えていました。町内会から管理を任されていたので、今思えば親父の副業だったようです(^^;
その親父も83歳。今でも散歩がてら街の電球を興味深く観察しています。最近の電球はいつの間にLEDなんですね!
そうそう、しんがりさん。
屋根裏や高所の作業、職業柄、避けては通れないと思いますが、くれぐれも気をつけてくださいね(*^^*)

はまさんへ

そうですね!若いころのように体は動きませんから、
その分用心の上にも用心を重ね、作業には細心の注意が必要です。
肝に銘じます(^^;

因みに、親父も電気工事士でした。
平成2年から約20年間、登録電気工事業をやってました。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

時計

アクセスランキング

福岡の天気
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013