« 2018年1月 | メイン | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

水ぬるむ

季節の変わり目、、、

それを何で感じるかは、

人それぞれ。


朝起きたての空気感。

洗顔・歯磨きの水温。

足裏に伝う床の温度。

風の揺らぎや光の音。


何より、、、

新暦に於いては、

明日から、春。


そして今日は、

2月28日、、、

母が旅立った日。。。

2018年2月27日 (火)

過ぎ行くままに、、、

時の経つのは、早いもの。

光陰矢の如しとは、

言い得て妙だと得心する。


考えても無くても、

一日は過ぎて行く。

当たり前のことが、

当たり前でよかった!


ことさら考えるでもなく、

時の過ぎ行くままに。

2018年2月26日 (月)

お袋の一周忌法要

みんなが集まりやすい日曜日の昨日、

一周忌の法要を自宅で執り行った。


いつもとは趣の変わった

厳かな衣装に着替えられた、

お上人様の読経と、線香の薫りが

狭い仏間を包み込んだ。

 

しめやかに、そして穏やかな雰囲気の中、

小雨降る一周忌法要は、静かに幕を下ろした。

2018年2月25日 (日)

帰らんちゃよか

♫帰らんちゃよか 帰らんちゃよか

  母ちゃんもおまえのこつは わかっとるけん・・・


     帰らんちゃよか

唄 島津亜矢 作詞・作曲 関島秀樹

 


YouTube: 島津亜矢 ★帰らんちゃよか

2018年2月24日 (土)

大杉 漣さん

見ない日が無いほどに、テレビではよく拝見していた。

ふり幅の大きな、演技派のバイプレーヤー。

松重 豊さんや遠藤憲一さん同様に、好きな役者さん。


突然の訃報に驚いた。


人生後半戦、、、やり残したこともあったろう。

ご家族や関係者の悲しみも、いかばかりか。


ご冥福をお祈りいたします。


      大杉 漣

本名 大杉 孝(おおすぎ たかし)。

1951年9月27日、徳島県小松島市出身。

享年66歳。

 

Photo_2  ~大杉 漣 Google画像 参照~

 

2018年2月23日 (金)

ご来店⁉

『ピンポ~~~んnote

ご来店を告げる、来客センサーのアラーム音。

「はーーーイ、いらっしゃいませぇ~」

店先へ急ぐ、俺!


テーブルにリュックを下ろし佇むお客さん。

『あのぅ、、、単3電池下さい』

「はい、いくつ差し上げましょう?」


すると徐にリュックから何やら

黒い塊を取りだして、、、しかも、

何個も何個も・・・


どうやら、電池ボックスだ!

単3形電池×4のサイズのものが、

いくつも、いくつも・・・


「えっ(・_・;)、何個ありますかぁ?」と俺。

『たぶん20個、いや、30個ほどかな!』

「では、電池は120個ですかぁ(◎_◎;)」


どうする?そんな数の電池在庫は当然無い。

今から卸屋に取りに行く猶予も無さそう。

どうする、どうする、、、そうだflair


「相済みませm(_ _)m、

 当店では揃えることができませんので、」

「ここから500mほど上ると、

 コンビニ24hoursがありますが・・・」


すかさず客が、

『足りませんでした、、、で、此処に。』


そうか、そうか、そりゃそうだろう。

では、、、


「それから更に500mほど上れば、

 ディスカウントショップがあります」

「多分そこなら、120個ありますよ」


すると客は、

『えぇ~~~、戻るんですかぁ』


仕方なく俺が、

「じゃあ、店まで送りますよ」

「帰りはバス停が真ん前にありますから

 それで何とかして下さい!」

そんな感じのやり取りでどうにか落ち着いて・・・


でもいったい何に使うんだ、こんな数の電池を?

それに、何処から来たんだ、、、徒歩みたいだし?

で、、、何で俺がディスカウントストアまで

送らにゃいかんのだsign02

『ピンポ~ん、ピンポ~んnote、、、』

『ピピっ、ピピっ、ピピっclock・・・』

あれ!、、、目覚まし時計のアラーム音?

 

そうか!?、、、夢か(-_-;)

 

 

 

2018年2月22日 (木)

灯油ポリ容器のふた

近くの灯油販売店でいつも、持参のポリ容器に

給油してもらう、、、18ℓを2缶分。

店員さんは、必ず容器ふたの締り具合最終確認を

願い出る、、、作業のルーティーンとして。

たぶん、持ち帰り途中の灯油漏れ問題の対応策なのだ。

車で持ち帰りの途中に灯油漏れがあれば、確かに悲惨だ。

ふたのパッキンが緩かったり、劣化していたら

ラップを二重にしてパッキン代りに応急処置したり、

ふたのみご購入頂くようにお勧めしたりしている。


この類のことは、他にもある。

いつものホームセンターでは、

持ち帰りのし難い物干し竿や

長めの木材などの搬送用に、

軽トラの無料貸し出しや、

65歳以上の方で3,000円以上の

お買い物をして希望をすれば、

自宅まで商品をお届けするサービスがある。

また、ガソリンスタンドで給油を頼むと、

窓を拭いたり、ゴミの回収をしてくれたり、

時には、おしぼりのサービスをしてくれる。

慮る、忖度する、、、日本人の得意とする業。

ささやかなおもてなしの精神が、

其処には宿っているのである。


と、、、俺は思ってる。

 

 

2018年2月21日 (水)

ベ〇ト電器のコ△マさん

仕事先で蛍光管の交換を頼まれて、、、

取りに帰るのは面倒なので、

近場で調達することにした。


近くのベ〇ト電器さんに出向くと、

すぐにお目当ての品をゲット!

レジへ向かうと何やら騒がしい?


揉めているのは、、、

レジの女子店員さんと野球帽のお爺さん。

そのお爺さんが、、、

「コ〇マさんは、おらっさんとね?」

すると、店員さんが、

「コ〇マはお休みを頂いておりますm(_ _)m」

すかさずお爺さんは、、、

「そうね!コ〇マさんは昼から来なはるとね?」

更に店員さんが、

「いえ、コ〇マはお休みを頂いております(-_-;)」


少し間が空いて、お爺さんが、、、

「ほんなら、昼から出直すたいね(^^)」

呆れた店員さんが、お爺さんの耳元で、

「あのぉ、休みですので、今日は来ません(>_<)」


お休みを頂いてる店員さんの名前や、

お爺さんの耳が遠いのは仕方のないことだけど、、、

 

ベスト電器で『コジマさん』の連呼は、

さすがに不自然でしたよ(^^;

せめて、ヤマダさんならよかったね(^^)v

2018年2月20日 (火)

続いてる、ウォーキング。

少々の雨ならば、いつもの公園に通っている。

今年に入って通った日数は、昨日までで45日間。

歩数の合計が、250,686歩!


ただ1月末からは、1日平均7,500歩ほど、、、

64~65分くらいのウォーキング。


行き交う人とのコミュニケーションは、

まだまだ会釈程度、、、まぁ、そんなところ。


ただ、先日は陸上部の高校生が、

競歩の練習をしていた場面に図らずも遭遇。

その圧巻の歩きに驚いた、、、早い (◎_◎;)

余りの早さに、つい声を掛けてみたら、、、

ラストの追い込み練習の最中だったらしい。

俺が走っても、彼らには追いつかないよ。


別れ際の、体育会系の清々しい挨拶が、

何とも心地よかった (^^)

 

Kimg0029

Kimg0033

Kimg0026

       ~いつものウォーキングコース~

2018年2月19日 (月)

こころの糧

この記事は、昨日の朝投稿する筈のもの。

いろいろあって、忘れてしまった (◎_◎;)

そのいろいろは、後日また(^^;

 

 羽生結弦選手が、ピョンチャンオリンピックの

 男子フィギュアスケートで、金メダルを獲得した。


 メダル獲得を賭けた戦いのドラマにはたぶん、

 執着や葛藤、嫉妬や羨望が渦巻いている。

 それでも競技者にあるのはきっと、、、

 実は、自分との闘いの延長線上にあると信じる、

 アスリートの魂が寄って立つこころの糧、、、

 それが燦然と輝く3色のメダル!


 ロンドンオリンピック(1908年)で起きた、

 アメリカとイギリスとの間のいさかいを、

 たしなめるために用いられた言葉に、、、 


 『オリンピックは、勝つことではなく

  参加することにこそ意義がある』  


 この言葉を噛みしめながら、

 メダリストの栄光を称えたい。

2018年2月17日 (土)

話し言葉

つい、口をついて出てしまう言葉の数々。

如何に訛った方言ではあっても、

丁寧語や謙譲語を駆使しての会話には、

相手を思いやる優しさがうかがえるものである。


つまりは敬語の使い方。

福岡県で通用する?誤った敬語がある。

「~ですね、~ですよ」である。


使い方は、、、

「なるほどですね!」「〇〇しよったとですよ!」

もう福岡県人なら、誰もが使うし敬語と思ってもいる。

まさに、、、『This is 福岡県民No.1敬語』と云っも、

過言では無いくらいの話し言葉。


では、福岡南筑後の敬語調の話し言葉で、、、

「福岡だけじゃ無うて、九州ん人なら

 分かんなさっでしょけど、

 他の都道府県の人にゃどげんでしょか?

 敬語ちゃ思いなさらんでしょねぇ~」

「ばってんですね、やっぱ尊敬語じゃろて、

 私しゃ思うとりますです、、、はい!」


こんなところでしょうかね、、、はい (^-^;

2018年2月16日 (金)

いみじくも

うろ覚えではあるが、、、

遠い昔の連続テレビ小説『鳩子の海』という作品は、

1974年4月から一年間NHKの朝ドラとして放送をされた。

その出演者が番組中で「いみじくも」を、

連呼していたような記憶がある。


いみじくも、、、とは?

適切に、巧みになどの意味と書いてあったが、

良いことばかりに使われる言葉では無く、

あまり好ましくない状況にも用いられるらしい。


あるところで、、、

” 世は定めなきこそ いみじけれ ”

という言葉を見つけた。

徒然草の一節らしい。


” この世は、無常だからこそ、
すばらしいのである ”

そんな意味なのだとか!


いみじくも、、、

俗世は、諸行無常に満ちているのやも知れぬ。

だからこその人生だと思えるように、、、

成れたら、いいなぁ。

 

 

2018年2月15日 (木)

やるせない

意を決して読み返した、昨年2月のしんがりブログ。

俺が綴った筈の言葉は、読み進めるほどに、

胸に突き刺さり、こころが折れて切なくて。


覚悟を決めてのことだったのに、

綴られた言葉が心に痛い、、、やるせない。


煽った酒が過ぎたせいか、今夜は酔いそうだ。

投稿は、明日の朝にするか!


おやすみなさい、、、おはようさん!

2018年2月14日 (水)

大集団

鳥の名前もよく分からないから・・・

ヒヨドリなのか、ムクドリだったか?

とにかく数百羽以上で徒党を組んでやって来ては、

辺り一面を汚して立ち去って行く大集団の鳥たち!


彼らが立ち去った後は、何とも悲惨な状態に。

片付けする身となれば、恨めしい限りである。

ただ、彼らにも言い分はあるだろう。

そうする大義名分があるやもしれぬ。


日没迫る 午後六時 

彼らはねぐらへご帰還だ!

何はともあれ しばらくは

この界隈は 賑やかだ

2018年2月13日 (火)

女子スキージャンプ

食い入るようにしてテレビ観戦した、

女子スキージャンプ競技のてん末を。


それにしても、、、

どんなに自らのコンディションを整えて

競技に臨んだとしても、その日のその時の

自然現象で勝負は変わる、

運命が風にもてあそばれる、、、

そんな印象が強かったスキージャンプ競技。


競技の公平性を担保すべく、

出来得る可能な限りを尽くそうとする

運営関係者の後押しも見てとれた。


政治もスポーツも、すべて人間が成せる業。

不条理も平等も、すべてはドラマの中にある。

人はその時々の刹那を生きて行く。

だからこそ、、、すべては儚い。

 

4年越しの念願が叶い、

栄えあるメダルを手にした、

高梨沙羅さん、、、

おめでとう!

2018年2月12日 (月)

私をスキーに連れてって!

バブル景気が終焉を迎えたころ、

小さな田舎町の寂れた深夜映画館で観たのが、

『私をスキーに連れてって』。

今に思えば、、、

バブル時代を象徴するような邦画であった。


浮かれた恋愛物の映画に興味などは無いと、

蔑んだように突き放してはいたのだが、

その日はどう云う訳だが、

そちらに誘われてしまって・・・


その後は、、、

『彼女が水着にきがえたら』『波の数だけ抱きしめて』

三部作をすべて鑑賞し、更に遡って・・・

『天国に一番近い島』や『Wの悲劇』などの、

角川映画にもはまってしまった時期があった。


つまりは、、、

ミーハーであり、脈絡のない人間だということ。

そうやって、五十数年間生きて来たってこと!

まぁ、、、

ミーハーなんて言葉も使わないか (>_<)

しかも、若い女子に使う言葉だし (^^;

 


YouTube: 私をスキーに連れてって(バーン)

2018年2月11日 (日)

はじめまして、ばぁちゃん。

♫ねぇばあちゃん はじめまして

  今日もあなたに 会いにきたんだよ・・・


       はじめまして、ばぁちゃん。

唄 ミサンガ 作詞 高尾和行 作曲 高尾和行・佐藤裕亮

 


YouTube: ミサンガ「はじめまして、ばぁちゃん。」MV

2018年2月10日 (土)

暖かい朝。

目覚ましアラームを止めたら、

ひさしを叩く雨粒の音がした。


目覚めに感じる、

頬を刺すような冷たさが無い。

暖かいsign02


普段より軽快に布団をはい出ると、

いつもの「ちゃんちゃんこ」は、

羽織る必要のないくらいの気温。


予報通りに、温暖湿潤な朝。

どうやらこれは、、、

早春告げる、三寒四温の前触れか!

2018年2月 9日 (金)

お袋の誕生日

「わからんなら、叩かんとでけんとたいannoy

危険なことや悪いこと、間違った行いを

悔い改めさせるための、、、しつけとして。


そんなお袋から叩かれた記憶は、殆ど無い。

これは、親父もそうだった。


この一年間、いろんな人の言葉や行動を目にし、

それぞれの置かれて来た、或いは今もなお

其処に佇む姿を目の当たりにして思ったことは、

俺がほんとうは幸せな処にいるのだと云うこと。

場所では無くて、人生のポジションとしての。


温い考えかもしれないし、無責任なのかもしれない。

何がどうで、どんな人生がいいのかなんて分からないが、

少なくとも、後悔の無い人生であったと思えたのであれば、

それが自分にとっての好かった人生であり、

其処までの道のりのことを、、、生きる道と呼ぶのであろう。


お袋や親父の人生が、

果たしてどのような人生だったのか?

今はただ、、、

記憶を遡って、お袋に叩かれてる幼児のころに、

戻ってみたい、、、戻れるものならば。


今日は2月9日、、、亡きお袋の88回目の誕生日だった日。

2018年2月 8日 (木)

ほどほどの、

立春を迎えたと云うのに、何たる寒さだろうか (◎_◎;)


近くに梅の名所で有名なお寺があるが、

そこの早梅も、今年は蕾がやっと膨らんだ程度、

昨年は、お袋の入院でそれどころでは無かったが、

例年ならば、そろそろ花がさしかかる頃合いだ。


洗面所の水道水が凍るのも、今朝で5度目。

防寒対策は施したのだが、露出配管部分が多く、

端末部の洗面台水栓は、どうしても凍るみたいだ。


季節は巡るというけれど、、、

暑けりゃ暑いで茹だるほど、雨も風も荒れ狂い、

寒けりゃ寒いで大寒波、豪雪・暴風・氷結・凍死、、、

何かを試しているかのような大自然の営み。

ほどほどの頃合いで、春はやって来ないものかな。

2018年2月 7日 (水)

なに?

はまさんにコメントの返事を書いたのだけど、、、

今までにない承認画面が出て来て、


『私はロボットではない〇✖』


その後、質問に答えてブロックをチェック?

これは何かの規制が掛かってる?

どうしてこうなったんだろう?

何か、、、わからんshine

サザエさん

東芝が長い間メインスポンサーを務めて来た、

国民的テレビアニメーション『サザエさん』。


その新しいメインスポンサーが日産自動車に決まった。

ほか西松屋にダイワハウス、、、そしてアマゾンも

協賛スポンサーに名を連ねた。


経営再建中の東芝だが、企業スポーツのチーム運営は

大幅に経費削減し、中でもバスケットボールは

DeNAに譲渡することが決まっているという。


多くの社員や関連企業につながる従業員の方々の

生活や人生を左右しかねない、一流企業としての

責任と使命を背負う東芝としての、

捲土重来への決意表明と受け止めてはいる。


ただ、、、

社会インフラを始めとした4事業を分社化し、

経営再建を目指す東芝だが・・・・・・・・・



   東芝グループ 経営理念

東芝グループは、人間尊重を基本として

豊かな価値を創造し、世界の人々の

生活・文化に貢献する企業集団を

目指します。

1.人を大切にします

  東芝グループは、健全な事業活動をつうじて、

  顧客、株主、従業員をはじめ、すべての人々を

  大切にします。


2.豊かな価値を創造します。

  東芝グループは、エレクトロニクスとエネルギー

  の分野を中心に技術革新をすすめ、豊かな価値を

  創造します。


3.社会に貢献します。

  東芝グループは、より良い地球環境の実現につとめ、

  良き企業市民として、社会の発展に貢献します。


   人と、地球の、明日のために。

       東芝グループ

  

2018年2月 6日 (火)

ミシン油

先週のこと、、、

久しぶりに、あるお客様からの着信が携帯に入った。

リビングの天井カセット式エアコンから、

「時々きしむような異音がこの頃気になるようになり、

 どうやら大きくなって来ている気がするので見て欲しい」

そんな内容だった。


新築時に工務店さん関係の工事店で取付された、

そろそろ25年目になろうかという代物。

最も危惧されているのは、異音の音量以上に、

そのことが火災などに結びつきやしないかという点。

本体の大半が天井裏にある以上、御尤もなご指摘!


点検をしてみると、どうやらファンモーターの経年劣化から

発生しているとみられる異常音と判定。

ほこりやカビ、それにサビなども絡んで異音が増大している

可能性が高い旨、お客様に説明をした。

現状が、すぐにでも火災に結び付くとは考え難いが、

このままだと、異音はさらに増大し何れは停止する。

そうなれば、辛うじて働いている暖房運転も出来なくなり、

ひいては危惧されている2次災害の引き金にもなりかねない。

修理となれば、モーターの交換だが製造から25年目、、、

非常に難しい状況であるとの認識がある・・・

少し大袈裟だったが、誤解を与えないように丁寧に説明をしてみた。


すると、横で話をお聞きなられていたおじい様が、、、

『電器屋さん、ミシン油ば持っとるね?』

「はぁ(*_*; ミシン油!」

『扇風機でん何でん、ミシン油ばさしとくと、よか!』

「あっ、、、はぁ(^^; 」

そう云えば、、、

親父も同じようなことを言っていた。

それに、、、

不安定な状態が見つかると必ず、

『針金で縛れ!』

そう云って憚らなかった。

 

 

2018年2月 5日 (月)

今年初めてでは無いと思うのだが・・・

Kimg0021


我が町は、有明海に面しているからなのか?

雪になると身動きが取れないと大騒ぎして、

人も車もおとなしくなってしまうような、、、

雪が降ること自体が、本当に珍しい地域である。


だから、雪のことを綴るなんておこがましいこと。

ただただ、一面が真っ白になる別世界を思うのみ。

2018年2月 4日 (日)

今回も・・・

アンテナ工事のお話。


今回のお宅は、特殊な地域に含まれる場所にある。

アンテナの方向や取り付け方を変えると、

たぶん16~17の放送局を受信できる地域に属する。

もちろんローカル局だから、キー局はかぶっている。


最南端部とはいえ福岡県に立地するお宅ゆえに、

福岡エリアの中継局へ向けることを選択したが・・・

2つある福岡エリア中継局へのアプローチは、

どちらにも障壁があって容易では無さそう。

一方、長崎や熊本エリア方面は比較的良好なのだが、

お客様の要望に、福岡ローカル番組の視聴があったので、

期待に応えようと努力してみた!

ただ、多少の制約と工事に予算設定がある現状もあり、

そこは経験を駆使して、工夫をしないといけなかった。

しかもリフォーム途中の現場、作業手順にも制限が・・・


諸々ありながら、普段なら2~3時間で終わるところを、

倍の6時間弱の時間を掛けて無事終了!

どっと疲れたアンテナ作業の一日だった(^^;

Kimg0014


因みに、屋根もリフォーム直後だったので、

足場が悪く、けっこう滑って危険だった(◎_◎;)

Kimg0015

 

2018年2月 3日 (土)

ガラパゴス

ガラパゴスと云えば、、、ガラパゴス諸島を思い浮かべる。

ただ、独自進化の代名詞として認知されているとも言える。


何にでも言えることだと思うが、最適化を深追いしたが故に、

孤立をして逆に適応能力を失い、ますます閉鎖的になって、

外との交わりを断ち、自然淘汰されて行く・・・

そうやって絶滅をして行くものがある一方で、、、

途中で翻し、孤立無援から方向転換し交わることで

自らの独自性を取り戻して行くものもある。


3次元の世界の営みに於いて、

我々人間が関われることなど、

実は、そんなには無いと思う。

すべては、、、

過ぎたるは猶及ばざるが如し。

ガラケーを、、、

『ガラクタな携帯電話』とするか?

あるいは、、、

『ガラパゴス携帯電話』と訳すかは、

誰でも無い、自分自身なのだろう。


スマホだって、、、

「見てくれ」か「中身」か?

はたまた、、、両方か!


日本はいったい、、、

ガラパゴスか?、スマートか!


或いは。。。

2018年2月 2日 (金)

海苔漁

日本有数の海苔の産地、、、九州有明海。

佐賀・長崎・熊本そして福岡に囲まれた、

大きな入り江の内海。

日本最大の干潟の恵みの一つが、有明海苔。

海苔収穫量の約4割が有明産だとも言われている。


その養殖海苔の漁場は、漁師皆がこぞっての

抽選会で、毎年平等に決するのだと云う。

良い漁場だと獲れ高もいい、、、或る意味ギャンブルだ!


そんな海苔漁は、家族親族総出での漁場への網掛けから始まる。

養殖技術の確立が安定した漁を約束したが、やはり人の手が肝要だ。

それに何と言っても、有明海に注ぎ込む川の恵みにも感謝だろう。


ある漁師さんが言った、、、

『両親の苦労を見て来たので、海苔養殖を継ぐ気は無かったが、

 ばくち打ちみたいな海苔漁師の親父に黙ってついて来たお袋を、

 早く楽にさせてやりたかったから、後を継いだ!』

 

2018年2月 1日 (木)

2月1日

昨年の今日、お袋はホスピスに入った。

お袋にとって、誕生月でもあった2月。

長い一ヵ月間が始まった日だった。。。

時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013