アンティーク時計
福岡の天気
名言集
祝日カウントダウン
Sakura Calendar
野菜today
ガソリン価格

gogo.gs
フォトアルバム

« 五月の雨。 | メイン | 日本国憲法のこと »

2018年5月 3日 (木)

もやい

早朝より、熊本北部の町に出向いた。

目的地周辺は、田植え間近の田園が広がる。


現地到着の間際、車窓から見えたのは、

和やかな雰囲気の中、田植えの手をすすめる

数人の方々の穏やかな佇まいだった。


何ともほっこりする情景に車を止めていた。

これが、『もやい』の原風景だと思った。


もやい、、、

家族親戚総出で行う共同作業の精神をいう。

と、いつの頃からか刻まれている。

それが、お隣ご近所にも広まれば、

『結』ということなのだと。

沖縄でよく言われる、『ゆいまーる』も同じ。

 

しばらくその風と空気感を味わい、

その場を後にした。



トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/605037/34124617

もやいを参照しているブログ:

コメント

『もやい』の原風景。
結・ゆいまーる 呼び方は異なるけれど、
古来から日本各地の農村で行われてきた助け合いの慣わし。
時代は移り変わっても、いつまでも遺して置きたい・・・
大切な習慣だと思います。

はまさんへ

『もやい』は、家族・親族を含めた自助、
そして、『結』や『ゆいまーる』は共助だと思っています。
何れにしても、人と人との助け合いの精神は、
時代を超えて受け継がれて行くもの、、、
はまさんと同じ様に、そうであって欲しいと切に願っています。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。