アンティーク時計
福岡の天気
名言集
祝日カウントダウン
Sakura Calendar
野菜today
ガソリン価格

gogo.gs
フォトアルバム

« 講習会への道中 | メイン | 梅雨の晴れ間 »

2018年6月17日 (日)

リンゴ牛乳(オームリンゴ)

ローカル色のきついお話を一つ。


昭和34年、福岡県大牟田市と熊本県荒尾市の

酪農家さんの有志によって作られた乳業会社、

それが『大牟田牛乳』、、、

今は、オーム乳業と名を改めている。


そんなオーム乳業の製品に『リンゴ牛乳』

というブランドがあった。

昭和30年代中期ごろの高度経済成長期真っ只中、

西日本を中心に好まれて数多の乳業メーカーが、

こぞって製造をしていた乳製品だったと聞く。


時は移ろい、多くの乳製品も生まれ、

人の好みも多様化し、いつしかリンゴ牛乳の名は、

次第に忘れ去られて行く・・・

そして2012年12月29日、、、惜しまれつつ

その歴史に幕を下ろした。


今では、知る人ぞ知るのリンゴ牛乳。

俺も小さい頃は、好んで飲んでいた覚えがある。

味は、ほんのりリンゴ風味の付いた甘い牛乳!

とにかく甘いのだ、、、甘すぎるかも(-_-;)

少し、しつこかったんだな、だからかな?

だけど、それが昭和の味だった気がする。


その後、リンゴ牛乳をこよなく愛する方々の、

レアな声に応える奇特なメーカーさんが現れ、

商品名を『らくのうリンゴ』と命名されて、

リンゴ牛乳の歴史の糸が繋がった。


味は、微妙にディテールで個性が違うが、

リンゴ牛乳のDNAは受け継がれている。

甘さは相変わらずのパンチ力だ!


店頭常備の飲料品では無いので、

見かけたらつい買ってしまう、、、

そんな存在なのだ!

Kimg0288

Kimg0287

Kimg0286

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/605037/34131022

リンゴ牛乳(オームリンゴ)を参照しているブログ:

コメント

おはようございます。
いつも楽しみに読ませて頂いております
日常に色々なことに 目を向けられて
記録して頭の下がる思いです。

オームりんご 飲んだ事はない様です
酪農牛乳は給食で…

???不思議なのは 2つが並んで写真
合成写真?それとも パック保存??
使用済パックですよね?

夏場に向かいお仕事全開ですね
腰を労わりつつ 乗り切って下さいな。ー

いなか(^ ^♩ さんへ

こんにちは。
いつもありがとうございます。

>???不思議なのは 2つが並んで写真

仰る通り、使用済みのものを一組だけ取り置いているのです。
オームリンゴのパッケージは、希少価値があるかな?
なんて思ってます(^^)

大阪で大きな地震がありました。
余震を含め、被害が拡大しないことを、
ただただ祈るのみです。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。