アンティーク時計
福岡の天気
名言集
祝日カウントダウン
Sakura Calendar
野菜today
ガソリン価格

gogo.gs
フォトアルバム

« 2018年7月 | メイン | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

どこにいても…

入院患者が熱中症で亡くなったニュース。

病室のエアコン故障が、その原因だという。


家庭用と業務用の違いはあれ、

同じエアコンを扱う業者として

身につまされる出来事だ!

2018年8月30日 (木)

朝駆け

朝7時少し回った辺り、、、

お客様の呼び出しで軽トラを走らせた。

今朝は少し早めに目覚めていたので、

朝の支度もあらかた終わっていた。


朝焼けに気を取られつつ車列を追う。

久々に小・中学生の通学時間帯を走る。

横断歩道では、見守隊員の黄色が光る!

幼稚園やデイサービスのワゴン車が行き交う。

店前を掃くご婦人や水やりに忙しいお爺さん。


少しばかり過ごしやすくなった朝駆けの風景。

 

2018年8月29日 (水)

今朝の空気感

日中の残暑はまだまだ厳しいが、

朝晩の空気感、、、殊に早朝は変わった!?


いつものことではあるが、

お盆を境にエアコン関係の仕事は減った。

ただ、今年の夏は特別でSOSに近い、

緊急性の高い依頼が多かった。

すべてに応えられなかった無念さはあるが、

確かに、いっぱい一杯だったのもある。


いまを生きる、、、

それ以上でも、それ以下でも無く。

それがいまの心境かな!

2018年8月28日 (火)

さくらももこさん

ちびまる子ちゃん、、、さくらももこさん。

1965年5月8日、静岡県清水市生まれ。

漫画家・作詞家・脚本家、、、

そして、ミリオンセラーのエッセイスト!


2018年8月15日 寂 

ご冥福をお祈りします。

2018年8月27日 (月)

腹六分

あるテレビ番組で美輪明宏さんが、


『人間関係で一番大事なのは、

 腹八分ではなくて腹六分

 夫婦、恋人、親子、仕事関係、

 すべて腹六分でお付き合いを。

 親しき仲にも礼儀あり。


そんな話をされていたことを思い出した。

なるほど!

馴れ馴れしくも無く、素っ気なくも無く、

万事ほどほどにと云うことかな。。。

2018年8月26日 (日)

夜明けの唄

🎶夜明けの唄よ 僕の心の

  昨日の悲しみ 流しておくれ・・・


         夜明けの唄

演奏 宗次郎 作詞 岩谷時子 作曲 いずみたく

 


YouTube: オカリナ 宗次郎 / 夜明けの歌 - 日本のうた こころのうた1 -

2018年8月25日 (土)

うち(私)は、好かん!

母は、サスペンスや刑事ドラマが大好物だった。

俳優さんありきで見るものや、ドラマ本位のもの。

例えば、大好きだった渡瀬恒彦さんの出演ドラマは、

ほぼ好きな作品だったように感じた。

ドラマで云えば、、、『相棒』と『科捜研の女』。

お昼の再放送も、欠かさず見ていたほど。


取り分け、『科捜研の女』の主演沢口靖子さん。

それと、『相棒』の初代相棒役寺脇康文さん。

このお二人は、役者として好みのタイプだったような。

特に沢口さんのぶれない演技には、一目置いていた。


逆に、片平なぎささんや名取裕子さんには、

ハッキリとした口調で、、、

「うち(私)は、こん人は好かん<`ヘ´>」

今となっては、推し量ることしか出来ないが、

たぶん、生理的に受け付け無かったのかな。

なんか、そんな感じはしていたけど。

2018年8月24日 (金)

いつものウォーキング

この一週間、順調にウォーキングが出来た!

コースはいつもの公園外周田んぼのあぜ道。

強い風になびく稲も順調に生育していて、

たっぷりと張られた水面が全く見えないほど。


持参のボトルにはスポーツドリンク。

丁度いいポジションで給水タイム。

終盤、コースは少し広めの歩道になる。

新幹線の高架下で最後の休憩ポイント。

脇道に入ると、残るは10分程度の道のり。

ラストスパートで歩き抜ける。


昨日の歩行時間 1時間14分 8,847歩

 

2018年8月23日 (木)

年齢確認!

仕事帰りにビールが切れていたのに気付き、

道路沿いのドラッグストアに入った。


350ml×6缶を2つ持ち、レジに向かうと店員が、

カウンター横のお知らせボードを指さし、

蚊の鳴くような声で、何かを早口で云い放った!


???

一瞬の静寂の後、ちょっと大きめな声で、

「確認願います!」


指示された指先には、、、

『私は20歳以上です』と書かれたプラカード。

店員と目が合って、エッ!?って顔したら、

「どうぞ!」みたいな顔で返された。

如何にも流れ作業的な応対に見えた。



お酒やタバコなどの販売時に於ける、

年齢確認作業を徹底することで、

未成人者への販売を未然に防ごうとする取り組み。

最初は、顔を見りゃ成人だと一目瞭然なのに、

どうしてこんなこと、、、と思ったが、

基本的に酒の自販機は置かないことが勧められていて、

止むを得ず設置の場合は、年齢制限機能が必須だ。

そうなると、対面販売に於ける防御策としての

年齢確認の取り組みは、やはり欠かせないこと!?


趣旨には同調するから「20歳以上です」を指した。

洒落でその横に掲げられていた「20歳未満です」の

プラカードを指さしてみようかとも思ったが、

苦笑いで返してくれそうな雰囲気では無かったので、

止めることにした(^^;

2018年8月22日 (水)

台風19号

夜半に外が騒がしくて目が覚めた。

タキロンの波板が風に叩かれ鳴いていた。

雨漏り補修で屋上を覆っているシートが心配で、

凪ぎを見計らって屋上への外階段を上ってみた。


19日の早朝、台風に備えてブルーシートを

更に上張りして養生し、補強テープで止めていたので、

何とか剥がされること無く覆われていた。


この夏、我が町を襲った台風の中で、

最も風の強い台風だった気がした。

次は20号、、、果たしてどうなる?

 

2018年8月21日 (火)

人と垣根と

ある日の朝刊記事が・・・

100回記念の高校野球選手権大会で、

九州の代表校がベスト16入りを、

14年ぶりで逃したと報じていた。


主な理由は、野球留学にあると断じている。

福岡県を例に挙げ、、、

今大会の出身中学校別の出場選手をみると、

福岡県の中学校出身選手は実に68名で、

大阪府に次ぐ2番目の多さだったとした。

つまりは、、、

九州高校球児のレベルが落ちたのではなく、

そこから流出してしまったのだと。


グローバル社会とか、ボーダーレスな時代だとか、

そんな話は、もう随分と前から聞いている。

野球留学などは、その縮図では無いのか?


確かに新聞は、その良し悪しを語ってはいない。

ただ、、、

垣根ですべてを閉ざすことなどはもう、

とっくに出来やしないと思いながらも、

人は広がり過ぎた繋がりの果てにある、

一抹の不安と郷愁を感じるのだろうか!


今では複雑に絡まり解けなくなった

一本のロープのような世界情勢。

郷土を思う心とグローバル化の波は、

対立し戦争をも引き起こす一面がある。

知らないから恐怖し、話せないから争う。

戦争の歴史は、人と人との垣根で起り、

今に以って続く、愚かな物語なのだ。



高校球児のお話が、脇に反れてしまったが、

今日の決勝戦は、、、

野球留学生を擁する多様性軍団

『大阪桐蔭高校』と、

県内中学校出身でかためた公立高校の

『金足農業高校』との、

まさに象徴的な一戦となった。


勝負は時の運、、、

ただひたすらに、白球を追ってほしい。

その先に、栄冠は輝く!

2018年8月20日 (月)

それでも、生きて行く

それでも、生きて行く

演奏・作曲 辻井伸行

 


YouTube: Pianist in tears!!!. Most moving piano performance.

2018年8月19日 (日)

今年最初の

今朝は蝉の声が遠い。


昨夕、ツクツクボウシが鳴いていた。

滅多に来ないベランダの手すりで見つけた。


今年最初のツクツクボウシ、、、

秋の知らせの夕涼み。

2018年8月18日 (土)

change of seasons

季節の変わり目を感じる。


朝一番のリビングに、ムッと来る空気感が薄い。

トイレ便座のひんやり感が気持ちいい。

洗面する時、すくった水の温度が低い。


当然と云えば、当然のことだが、

季節は確実にめぐって行く。


願わくば、四季の移ろいはゆったりと、

体に優しい流れであって欲しいもの。

 

 

2018年8月17日 (金)

早朝の電話で

深夜から朝方まで、エアコンばつけとったら、

 冷たか風の出らんごつなったとばってん、

 壊れたとやろか?使い過ぎかね?

電話をとるや否や、矢継ぎ早な言葉の波状攻撃!

『そうですか(^^; まぁ、少し落ち着きましょ!』


『それで、お部屋は暑いですか?

うんにゃ!汗は出らんたい、ちょうど良かよ

『では、リモコンの設定温度は何度でしょうか?』

28度になっとる!」

『じゃ、1度だけ下げてみましょうか!』


その後、暫くしてエアコンからは、

涼し気な風が降り注いで来たのだという。



早朝の電話で図らずも、、、

外気や室温が柔らかくなりつつある気配を

感じることとなった。

2018年8月16日 (木)

後半戦

昔から、、、

お盆が明けると一年の後半戦が始まる!

そんな気分になっていた。


仕事も夏場の繁忙期を乗り越えて、

暫し端境期に入る頃なのだが・・・

今朝はエアコンの点検修理が2件、

午後から冷蔵庫やレコーダーの点検と

照明器具の取替ほかで忙しくなりそう。


すぐ近くで泣いていた蝉時雨も、

どうやら少し離れて鳴いている。

酷暑の夏も少しずつ萎えて行く。

あとちょっと踏ん張りどころだ。

2018年8月15日 (水)

お寺様へ

柳川にある菩提寺の納骨堂へ、

親族と共に出向いた。


台風の通過後で、そぼ降る雨の参拝とはなったが、

暑さも幾分落ち着いたこともあり、

しめやかな雰囲気でお参りが出来た。


両親と祖母が眠るのは、この納骨堂だけど、

 きっとその存在は、思う人の心に宿る。

 忘れ去らないことこそが、唯一の供養。


そんな身勝手な解釈をして、
お寺様を後にした。

2018年8月14日 (火)

必須アイテム

この夏、俺を支えてくれた相棒たち。

Kimg0305

2018年8月13日 (月)

五叉路

狭い路地を颯爽と通り抜けて、

目前の緩いカーブを左に切れば、

いつもの交差点が現れた。

その交差点は、高校生時代の通学路。

チャリで朝8時40分ごろに通過していた。

1本の県道がくの字に曲がったところに、

3本の市道が挿し木で接がれた様な、

五叉路だった。


信号も複雑で、、、

接がれた3本の脇道の待ち時間は、

開かずの踏切みたいに長く感じて、

通行時間は、まるで烏の行水だった。


そんな五叉路も15年ほど前に、

区画整理に伴う道路舗装の恩恵で、

立派な交差点へと変貌を遂げていた。


久しぶりにその五叉路を通った昨日、

脇道も緩いカーブもそのままだったが、

眼前に現れたのは、、、

普通の交差点と見慣れない風景。

建物はきれいに整頓されていた。


こんな田舎町でも、変るんだな!

2018年8月12日 (日)

0120-1048-☐☐

通販の購入申し込みや、商品情報の入手目的!

また、予約などのインフォーメーションのとき、

フリーダイヤルを利用されたことは無かろうか?


0120-
1048-トウシバ)☐☐は、東芝の窓口ナンバー。

☐☐に入る番号で、商品別になる。


こう云うところに電話すると、、、

まずは音声ガイダンスがお相手だ!

そして、会話録音の許可を願い出る。

次に、選択肢を読み上げ乍ら、

ステップを重ねて行く、、、面倒!


途中で断念し、違うアプローチを

模索した経験は無いだろうか?



と云うことで、、、

当店にも東芝製品の窓口業務的な

お困りごとの相談が入ることがある。


最近は留守電にしていることが多いが、

電話でことが足りれば、言うことは無いし、

すぐに解決出来なくとも、次の一手を

指南してもらえたら、、、ラッキー!


そんな訳でも無かろうが、

お役所のたらい回しのような

電話窓口対応が増えたように思うのは、

俺だけだろうか?

これも、、、ご時世か!

)

2018年8月11日 (土)

振り見て

繁忙期は何処も同じ。

いつもの仕出し弁当を頼もうと、

お盆15日の予約電話を入れたら、

予定がいっぱいで断られた。


それじゃと言うんで、

近くの寿司屋さんに出前を伺うと、

こちらも15日は満杯で無理とのこと。


あとは、、、

目ぼしいところに電話攻勢をかけるも、

ことごとく断られてしまった。


今年はいろいろ大変だったので、

準備が遅れてしまったのだが、

ここまで断られると、ちょっと凹む。


仕事に追われ、ドタバタしていた2週間ほど前、

2~3軒さんの仕事依頼をお断りしてしまった。

とてもすぐに対応は出来ないと判断したから。

でも、、、

ちゃんとしっかり、お断り出来ていたかな?

手前勝手な理由に終始してたんじゃないか?


飲食関係者の、電話口での対応の卒の無さと、

嫌味の無いお断り口調に感じ入った次第。

人の振り見て我が振り直せ!

 

2018年8月10日 (金)

激痛!

夢現の狭間で喘ぐように、

記憶は定かでは無いのだが、

半端無い激痛が、

左ふくらはぎを襲って来た!


『こむらがえり』


起きてるときに、何度か経験はあったが、

嗚咽するほどの痛みは覚えが無い。


起床後、ふくらはぎに痛みの痕跡があった。

起き上がり2~3歩で、、、痛みが走る。

やはり夢では無かったんだ(-_-;)


調べてみると、、、

水分やミネラル不足、過労・加齢などなど、

さまざまな原因で、夜間のこむらがえりは

発生しているのだという。


猛暑の影響も大いにあるのかもしれないが、

腰痛で大変な思いもしたことだし、

ここは大事にしたいところ。


夏場の忙しさも残すは僅か!

気を抜かずにやり遂げなければ。

2018年8月 9日 (木)

盂蘭盆会

昨7日、、、お上人様をお招きして

盂蘭盆会を執り行って頂いた。


今年は俺一人でのお迎えだったが、

15日には妹弟夫婦と、納骨堂に

お参りに行く予定にしている。



俺にとっての宗教は、

祖先の霊に向き合うこと。

親の恩に報いること。。。

2018年8月 8日 (水)

歩いたなぁ~

最近は、歩ける時に日没後でウォーキング!

そんな感じ、無理せずに自然体でいる。


記録している歩数を合算してみたら、

先週で昨年秋からの走行歩数の総計が、

1,144,587歩。

10mを12歩くらいで歩くから、

一歩を80㎝で換算すると、

累計歩行距離は、約915km。

俺の町から国道を使って歩いたら、

静岡県静岡市付近までの距離!


そこそこ歩いたなぁ~(^^ゞ

2018年8月 7日 (火)

第100回全国高等学校野球選手権記念大会!

高校野球との出会いを覚えてはいないが、

いつの間にかその存在は大きなものになっていた。

たぶん、それを色濃く脳裏に焼き付けた存在は、

江川卓投手(作新学院高校)。


憧れと云うよりは、畏れに近い感覚があった。

9人でやる野球を、1人でやろうとする男として。

きっとそのようにすり込まれたのだろうが、

この人ならやりかねないと思ったのも確か!


硬式野球をやったことは無い。

草野球で目立った事も無い、

男の子の登竜門的なスポーツだったから、

何となく寄り添っていたのかもしれない。

でも、江川卓を以ってしても、、、

野球は1人では出来ないスポーツ。

チームのバックアップがあってこそ!

そんなことも、野球の醍醐味だろう。


高校野球選手権大会が100回目
を迎えた。

記念であり、通過点である大会に、

普段の球児が集い戦う刹那を見守りたい。

 

2018年8月 6日 (月)

広島の灯

今も消えることなく燃え続ける、、、広島の灯。

核に蹂躙されたこの国の民が願い誓うことは、

戦争と云う狂気をこの世から廃絶すること。

核をこの世から抹殺すること。


誰もが成し得ないと思い嘆くからこそ、

唯一の被爆国民たる日本人こそが立ちあがり、

声高に宣言し、それを主張し続ける

義務と権利を有する。


千里の道も、一歩の積み重なりと思し召せ。

青臭くとも、、、泥臭くあれ!

2018年8月 5日 (日)

みんな夢の中

🎶恋はみじかい 夢のようなものだけど

  女心は 夢を見るのが好きなの

  夢のくちづけ 夢の涙

  喜びも悲しみも みんな夢の中・・・

      みんな夢の中

唄 玉置浩二 作詞・作曲 浜口庫之助


YouTube: 玉置浩二 (Koji Tamaki) - みんな夢の中 (Minna Yume no Naka) | ケンリックによる快楽的良質音 Eargasm KENRICK's JBL 4311B

  

2018年8月 4日 (土)

日陰の恩恵

日中の茹だるような暑さを回避すべく、

昨日のエアコン工事は朝8時から始めた。


現地に到着してすぐに気付く、、、

「そうか!今日は北側客間の作業か!」

東側からの朝日に照らされること無く、

干されるような酷暑から逃れられた。


終始日陰の恩恵に与りながらの作業は、

ほぼ順調に推移し、実質2時間ちょいで終了!

途中休憩と道具や部材の始末などなど、、、

合計すると、2時間半ほどの作業だった。


もう少し若かった頃なら、、、

午後からもう一台取り付けに走るところ、

ただここは、、、

グッと堪えて、予定通りの段取りで。


せっかくの日陰の恩恵を、

明日の光明へと繋げるために!

2018年8月 3日 (金)

まさに、胸突き八丁!

この記事は、昨晩書いた物を今朝投稿している。


多分今頃は、お客様宅でエアコンの取付に

励んでいる最中だと思われる。

ここから来週金曜日までの一週間が、

まさに胸突き八丁の苦しいところ!

移設作業を含み、怒涛のエアコンラッシュ!


もう四の五の言ってる場合では無い、、、

やるっきゃないpunch

2018年8月 2日 (木)

そりゃ、そうだ!(洗濯機のこと)

洗濯機回復作業からほぼ一週間目の昨日。

その後不具合発生の電話も無いので、

様子の確認にお伺いしてみた。


暫しの談笑後、徐にお客様が、、、

「ところで、どうしても納得いかないことがある。

 5日も待たされた挙句、原因の分からない症状で

 原状回復は果せたが、根本解決では無い!」

「この状況で、出張点検費を請求するのは

 如何なものか?誠意ある対応を願いたい」


要するに、またいつ発生してもおかしくない状況で、

何か対策を見いだしてくれないと、安心して使えない。

そう云う趣旨の言葉だったと理解している。


全くもってその通り。しかも、、、

販売店に任せられないような修理点検作業ならば、

もっと懇切丁寧な対応をユーザーなら誰しもが望む。

そこのところが微塵も感じられない応対にこそ、

怒りの矛先が向いている、、、そんな風に感じた。


ただ、サービスマンと同席出来なかった俺には、

道義的な責任がある。デリケートなところなのだ。


地域のお困りごとお助け家業を標榜するのなら、

もっともっと技術力とそのスキルを上げなければ!

そして何より、、、

お客様の気持ちに寄り添う覚悟がなければ、

誰かを助けることなど、出来やしないのだから。


と、、、大義名分を建前で言葉にしてみた。

言うは易く、行うは難し。


俺もまだまだ!