アンティーク時計
福岡の天気
名言集
祝日カウントダウン
Sakura Calendar
野菜today
ガソリン価格

gogo.gs
フォトアルバム

« change of seasons | メイン | それでも、生きて行く »

2018年8月19日 (日)

今年最初の

今朝は蝉の声が遠い。


昨夕、ツクツクボウシが鳴いていた。

滅多に来ないベランダの手すりで見つけた。


今年最初のツクツクボウシ、、、

秋の知らせの夕涼み。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/605037/34140443

今年最初のを参照しているブログ:

コメント

しんがりさんのお住まいの地域でもツクツクボウシが鳴き始めたのですね。
蝉といえば関東にかつては生息していなかったクマゼミが勢力を強めていますが、
郊外の我が街では未だアブラゼミとミンミンゼミが主役です。
ツクツクボウシは先週位から鳴き始めています。
酷暑の続いたこの夏ですが、
ツクツクボウシが鳴くと夏の終わりを感じますね。

ツクツクボウシは東が先に鳴くのですね!
まさに、夏の終りの始まりを告げるかのようです。

こちらでも、ここ数年はクマゼミの勢いが絶大です。
気候と関係があるのでしょうか?

クマゼミの生息域は温暖化に影響があるようです。
現在は東北南部まで北上しているとか。
将来は北海道を除いて全国に生息域が拡がると言われています。
地球温暖化は様々なところに影響を与えるようですね。

はまさんへ

>クマゼミの生息域は温暖化に影響があるようです。

やはりそうですか!
地球規模で危惧されている自然現象の異常原因が、
すべて温暖化にあるとはいいませんが、
少なくとも、人間の営みに起因する可能性は高いと思うのです。

人間以外の生き物たちが随分前から、
警鐘を鳴らしてくれているように思えてなりません。


コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。