アンティーク時計
福岡の天気
名言集
祝日カウントダウン
Sakura Calendar
野菜today
ガソリン価格

gogo.gs
フォトアルバム

« そんなお話。 | メイン | こころ旅が! »

2018年9月28日 (金)

左利き

この前、利き手のことをテレビでやっていた。

世間では右利きの人が多いから、

左利きの人達は、難儀することがある。

例えば、、、

こんな急須は注ぎ辛い(-_-;)

Photo_2 注ぎ口と持ち手の関係が、右利き用。



こんな風に並んだら、、、NG!!!

Photo_3
なんか、食べ辛そう(>_<)


お玉が使えない!

Imagesy4tb8ve8

こりゃ、大変だ!


文字列を書く場合でも困ることが。

英文のように左から右へ書き進めると、

左利きの人は、ペンのインクで手が汚れる。

文字だって、かすれたり滲んだり。



日本には、、、

左利きの人が人口の一割強いるという。

少数派だが、少ない数では無い。


民主主義では、、、

多数決の原理を可とするものだけど、

少数派の意見を、すべて不可とするものでは無い。

むしろ、少数意見を組み入れる努力を惜しまない

姿勢の中にこそ、ほんとうの民主主義がある。


効率や生産性、時短や働き方改革。

女性の更なる社会参加、人生100年時代・・・

日本が民主主義国家を標榜するのであれば、

少数派を無視しない在り様が求められる。



利き手のお話。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/605037/34145313

左利きを参照しているブログ:

コメント

我が家の末っ子は、左利きです
鉛筆も箸も(当たり前ですが)全て利き手の左
小学校の授業参観で、可哀想なことを、させました
私が教室に入ると、そろばんの勉強でした
なんと!我が子だけがぼんやりしていて、そろばんを持っていません
慌てた私は自宅に走って、そろばんを持ってきて、末っ子の机に置きました
でも、そろばんを眺めているだけでした
末っ子は、以前、そろばん教室で「教えられません」と断られて、その理由が親の私はわからなかった
左利きでは、右利きのそろばんは使えないと・・その時に理解しました

えりさんへ

そろばんにも利き手事情があったのですね!

>でも、そろばんを眺めているだけでした

授業参観という特別な場面で起こってしまった出来事、、、
息子さんやえりさんのお気持ちを思うと、
何だか胸が一杯になりますweep

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。