アンティーク時計
福岡の天気
名言集
祝日カウントダウン
Sakura Calendar
野菜today
ガソリン価格

gogo.gs
フォトアルバム

« ゆるキャラグランプリ | メイン | 月のしずく~Redraft~ »

2018年10月27日 (土)

実りの秋

いつものウォーキングコースの田んぼも、

順調に稲刈りが進んで、ほぼ終りかけている。

今年の出来映えはどうなのだろうか?

Kimg0392

Kimg0391


今では稲刈りから脱穀までの工程は、

コンバインを使う農家さんが主流で、

その後の乾燥も機械のお世話になる。

2014_ine14_2_image2thumb240x1601105        ~平形静置式乾燥機 Google検索 参照~


稲穂の乾燥を自然に任せている光景は、

ほとんど見ることが出来ない。

Ine14_2_image1thumb         ~はざかけ Google画像 参照~ 

俺が小学生の頃、秋の大運動会シーズンには、

どこの田んぼでも見かけた「はざかけ」の景色。

今では極一部、、、拘りの情景となった。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/605037/34149171

実りの秋を参照しているブログ:

コメント

田んぼの風景も時代とともに変わって行きますね。
家族で少しづつ耕していた田んぼも離農や委託等で年々集約大規模化して、大型コンバインで一気に刈り上げるのが主流となりました。
最早、はぜ掛けは貴重な農業風景になりましたね。

はまさんへ

>田んぼの風景も時代とともに変わって行きますね。

たぶん農業だけではありませんよね。
いろんなことが、変わるべくして変わるのですから。
ただ、変わらなくてもいいものは、変わらないでいて欲しい、、、
そんなのは、無責任な戯言なのでしょうかね。


コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。