« すこたえる | メイン | 軟膏 »

2019年1月14日 (月)

ほんげんぎょう

「ほんげんぎょう」

鬼火焚きのことをそう呼ぶのだと

お袋が云っていた。


福岡県筑後南部の多くの地域でも、

そう呼ばれているらしい。

全国的には、「どんど焼き」が

ポピュラーな名称なのかもしれない。


幼いころから、そういった習慣が

無かったので、知らずに育った。


昨日、ウォーキング中に出会った

ほんげんぎょう開始前の雰囲気を

写してみた。

Kimg0520

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/605037/34165965

ほんげんぎょうを参照しているブログ:

コメント

こちらでは「とんど」と言います。
地域の小学校で小さなやぐらを組んで火を点けます。

14日の今日は錦帯橋の河原でとんどがあります。
これは昔は高く組んでいたのですが、
最近は横に大きく組んでいますね。

今日は暖かいので行ってみようかな?

こちらに来て私も始めて知りました
ホウゲンギョウ 同じ様な形です
中には 笹の葉が入っているようです。

農家の方達で 行なっているようで
お正月飾りなど 焼いて下さって
ぜんざい会とかではない様です
おじさん達が 一杯やってます🍶

夢子さんへ

>こちらでは「とんど」と言います

そうですか!「とんど」って言うんですねflair

成人式の「とんど」、参加なさいましたか?
それにしても、錦帯橋の河原で行われる「とんど」、、、
行ってみたくなりました(^^)

いなか(^ ^♩ さんへ

>こちらに来て私も始めて知りました。 ホウゲンギョウ 同じ様な形です

「ホウゲンギョウ」「ほんげんぎょう」似てますよね!

日本全国、似たようなお焚き上げは行われていますが、
呼び名や作法にも、多少の違いはあるのでしょうね。
お正月の伝統的な行事として、続いて欲しいものです。

我が街では「どんど焼き」です。
隣市では「さいの神」と呼ぶようです。
ちなみに信州松本では「三九郎」と呼ばれていました。
地域によって様々な呼び方があるのでしょうね。
お正月の伝統行事として、
次の元号になっても続いて行くと良いですね!

はまさんへ

「さいの神」に「三九郎」ですかぁ!
「どんど焼き」とはまったく違う行事のように思えますよね (@_@)

>次の元号になっても続いて行くと良いですね!

同感です!
まさに平成最後の「どんど焼き」なのですから、
各地の似たような行事の名称と特徴をまとめてMAPにして、
後世に伝える必要がありそうですね!
もうすでにあるのかな?
珍しい「どんど焼き」の名称を、もっと知りたいですね(^^ゞ

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アンティーク時計

アクセスランキング

福岡の天気
祝日カウントダウン
Sakura Calendar
名言集
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
Powered by Six Apart
Member since 02/2013
フォトアルバム