« ゼブラゾーン | メイン | レーザーカラオケ »

2019年1月 9日 (水)

時刻表示

朝や夕方、テレビでは画面の主に左上に、

時刻が表示されることが多い。


2011年地デジ化されて、画像の遅延が

時報の遅れを招いてしまった。


アナログラジオ放送が、比較的正確な

時報のお知らせを担っているとされる。

ならば、テレビは如何に対応しているのか?


今から8年ほど前、、、

あるお客様からそのことを質問された。

「テレビでは正確な時報は伝えられないので、

 時刻表示は出さないようにする。」

当時、そんなことが噂された。


しかし今も昔も時刻表示はある!?


難しいデジタル処理や機器の問題が絡んで、

おおよそ1秒から2秒の遅延が予想される為に、

各放送局では、独自に対応策を講じている。


何故そうしているのかは分からないが、

放送局によって時報の変わり目がいろいろだ。

ある局は、数字がゆっくり回転(下から上へ)。

またある局は、ゆっくり回転するが、

今度は、上下を軸に立体回転して数字が進む。

そしてまたある局は、一度完全に数字が消えて、

1~2秒後に進んだ数字が表示されるetc...

どの放送局も、変わり目の速度で帳尻を合わせている。

変わり目の何処かで、時報が合うという算段!

苦肉の策なのだろう。


朝の忙しない時間帯、

テレビ画面の時刻表示を目安として

行動されている向きもあろうかとは思う。


ただ、、、

こんなことを気にするのは俺くらい?

1~2秒は誤差の範囲として気にしない!

そのくらいの余裕は誰しもが持っている?


・・・かな (^^;

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/605037/34165274

時刻表示を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アクセスランキング

福岡の天気
祝日カウントダウン
Sakura Calendar
名言集
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
Powered by Six Apart
Member since 02/2013
フォトアルバム