« 2019年1月 | メイン | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

2019年 月命日 如月

二年前の今日、お袋は静かに旅立った。


40日ほどの入院生活を潤していたのは、

一枚のCDに収録されたオルゴール曲たち。


お袋がそれに反応することはなかったが、

きっと思いは届いていたと、今も信じてる。


そして、、、

初っ端にかかるこの曲を聞くと、

病室の風景がよみがえってくる。

日々を生きて行くために、いま一度。

 


YouTube: オリビアを聴きながら (オルゴール)

 

2019年2月27日 (水)

追記

昨晩のお客様からの電話の件で・・・


今朝、そのお客様から電話が入って、

昨晩の依頼は無かったことにして欲しいとのこと。

俺のあのひと言が、、、

お客様のご機嫌を大きく損ねたらしい。


俺としては、何がなにやら???

どうやら、仕事のご依頼を頂戴していた

ことになっていたようだが???

少しお酒が入っていた俺には、

あの長話は、ほんとに長過ぎたなぁ (-_-;)


それにしても、お客様の機嫌を損ねるなど、

言語道断なこと、俺の不徳に相違ない。

ただ、、、

今後一切の出入り禁止を宣言されて、幕が下りた。


お困りごとを引き受けて逃げずに頑張る!

なんて恰好をつけてはいるが、この有り様!

短慮な性格は、いかんともし難い。


ますます親父の晩年に似てきた、、、

怖い(>_<)

 

モヤモヤ

あるお客様からの電話で、モヤモヤしている。


その電話は昨晩、唐突に掛かって来た!

ご自分の今が複雑だとの訴えから始まり、

余りにも支離滅裂で、時系列もバラバラ、

ただ、たぶんあのことに繋がる話?

そう思い当たる昔ばなしは有った!


一方通行の現状報告を聞かされること半時間、

さすがに疲れてきた俺が放ったひと言は、、、

「とにかく、、、何か仰りたいことが

 お有りだということは分かりました。

 明日お伺い致しますから、

 その上で今一度お話をお聞きしたいと思います」


たぶん、そんな風なことをこちらの方言で、

出来る限り冷静に喋ったような気はしている?


お電話の主は、一人暮らしのお得意様。

いったい何があったのだろうか?


俺は身の上相談員じゃなくて、、、

ただの電器屋なんだけど (^^;

2019年2月26日 (火)

🎶たけや~~~、竿竹!

春を彷彿とさせるほどの日射しに誘われて、

仕事終わりの隙間時間にウォーキング!


颯爽と風を切って歩いていたら、

どこからか、誰かが何かを呼んでる!


🎶いかり~~~、いかりちゃ~~~ん!」

ごはんだよ~~~っ(*^-^*)

まさに、、、

🎶たけや~~~の節回しとメロディーで!

その声は、ほんわかな風に乗ってやって来て、

何処かへ飛んでいってしまった。

果たして、いかりちゃんは何ものか?


日差しの眩しい、昼下がりの出来事。

2019年2月25日 (月)

歩容認証

花粉の飛散が最盛期を迎えている。

いつものウォーキングコースでも、

マスク着用率が、半端なく高い。


ただ、、、

マスクばかりか、ニット帽に眼鏡とくれば、

もう誰でも同じに見えてしまうが、

その歩き方で、何となくその人と判り、

いつもの挨拶と会釈で行き交っている。

もちろん合っているかどうかの真偽は別。

それでも俺の歩容認証システムが、

確かにそうだと云っている (^^;

2019年2月24日 (日)

I LAVE YOU

♫I LOVE YOU  I LOVE YOU  I NEED YOU

  ずっと 愛されたい あの頃のように

  叶わない願いでも この気持ちはいつもそう

  その胸に届いていますか・・・


            I LOVE YOU

唄 クリス・ハート 作詞 H.U.B.・坂詰美紗子 作曲 坂詰美紗子

 


YouTube: I LOVE YOU クリス・ハート - 日本語

2019年2月23日 (土)

なんかんトッパ丸

熊本県北部南関町のゆるキャラが、

『なんかんトッパ丸』

難関(南関)を突破して欲しいとの願いがある。


熊本県玉名郡南関町は、、、

NHK大河ドラマ『いだてん』で紹介された、

和水町のお隣に位置する、妹が住む町なのだ。


確かにその名は知られてはいないようだが、

コンセプトやキャラの完成度は低く無い!

我が町大牟田のジャー坊よりむしろ好きだ。

ただしこれは、個人的な見解なので、、、

公式ホームページでご確認いただけたら。


なんかんトッパ丸

 

2019年2月22日 (金)

天日

太陽光を利用した機器といえば、ソーラー発電システム。

お日様のエネルギーを電気に変換して利用するもの。


そして今一つ、太陽熱を利用した機器が
太陽熱温水器。

通称『天日』と呼ばれる機器もある。

集熱版と貯湯タンクを組み合わせて、

屋根上に張り付け、タンクに水を補給する。

太陽光に照らされて、集熱版の中を巡らせた

チューブの中の水が湧き上がり、その熱が

タンクへと伝わって、中の水がお湯になる。

ざっとそんな仕組みになる。

このお湯を直接お風呂に使うもよし、

給湯器のタンクへ落として、燃費の向上を

狙うもよし。

当地で有名なメーカーとしては、、、

朝日ソーラー(本社大分県) 

アズマソーラー(本社熊本県)

長府製作所(本社山口県)

九州では、比較的その普及率は高かったが、

太陽光発電の登場で、求心力は衰えた?


屋根の上で老いて行く太陽熱温水器の姿が、

技術の変遷を如実に物語っていた。

Images914zb8g0

         ~太陽熱温水器 Google画像 参照~ 

 

2019年2月21日 (木)

適性料金

先日の午後7時を回ったころ、

仕事依頼の電話が入って来た。

台所の流し元灯が点かないとのこと。


ちょうど風呂上がりで冷蔵庫から
ビールを、

取りだそうとしていた矢先の

手を止めて出た電話だった。

初見のお客様ではあったが、

お困りのようでもあったので、

すぐさま仕事着に着替え、

蛍光管類を持って向かった。


「15Wの直管型蛍光管とグローランプの劣化」


単なる交換で済む事象だったのだが、、、

その器具は、今まで見たことの無いほどに

交換作業がやり難いタイプの蛍光器具だった。

流し元灯ゆえに、油分による困難もあったが、

本体内部への水分や油分の混入を最小限に

考えてなのか、敢えて分解のし辛い

構造のように俺には思えた。

当然、分解はそれだけに面倒だった (>_<)


それでも、構造上の外す段取り
がある。

それに従って作業を進めて、

どうにか交換を終えることが出来た (^^;


蛍光灯本体は、年数の割には劣化は進んでおらず、

今回は、蛍光管類の交換で十分を告げ、お代を

ご請求した。


その明細書を見るや否やのお客様が・・・

「これは、今の作業の対価としては、

 適正な料金かな?」

???となっている俺に向けて更に、

「時間外手当も含めれば、

 この料金の2倍でも少ないと思うよ」


そんなことを正面切って物申されたこと自体、

初めてのことだったので驚くと同時に、

こんなお客さんもいるのだと感じ入った。

 

2019年2月20日 (水)

えっ (@_@) !?

今度の日曜日に、回忌法要を営むことにしている。

父親の七回忌と母親の三回忌が重なって、

一緒でも構わないと云うことだったので、

母親の三回忌月である今月にした。


集まるのは兄弟夫婦4人と俺で5人。

しめやかに執り行おうと思っている。


とは言え、それなりの準備をしていると、

供花をお願いした業者さんからスマホに着信が。


「〇〇社の☐☐でございますm(_ _)m」

「この度は、お父様の七回忌法要にご用命賜り、

 その御礼と、ご供花お届けのお時間確認で

 お電話させて頂きました・・・」


それはそれは丁寧で流暢な、

如何にもプロの仕事という感じだった。


で、、、今朝のこと。

洗濯物を干していると、その担当者さんから着信が!


担当者 
「えっ (@_@) !?、、、」

俺   『はい???』

担当者 「あっ、はい。先日お電話差し上げました

     〇〇社の☐☐と申します。」

担当者 「あのう、、、大変失礼なことを

     お伺い致しますが・・・」

担当者 「お名前をお伺いするのを忘れておりまして。」

俺   『あっ?、はい!△△と申しますが。』


先日の流暢な電話対応とは一転、

どこかぎこちなくて先日の流暢さが微塵も無い。

たぶん、第一声とその少しの間から推察して、

電話を掛ける相手を間違えてしまった?

それで、用意してた言葉が飛んで・・・


そうかどうかはともかく、、、

親父の七回忌法要のことまでリサーチしておいて、

今更名前の確認は、あり得ないでしょうね (^^;

しかも2月は、親父じゃ無くてお袋の三回忌法要annoy

2019年2月19日 (火)

雨水の候

暖冬と云われていた今シーズンの冬。

概ね予想通りではあったものの、

記録的な寒波が襲来する騒ぎも。


それでも季節は巡って、雨水の候。

春は花粉と共に、足早に近づいて来る!


そして、、、

平成の終焉と新元号の春を迎える。



2019年2月18日 (月)

電器屋のおにいちゃん!

俺はまだ、一部のお得意様に、

電器屋のおにいちゃんと呼ばれている (^^;

 


先日、あるお客様宅にお邪魔した時のこと。

お孫さん連れの息子さんが帰省されていて、

そこへ俺が出向いたものだから・・・


 息子さん 「あら!、、、〇〇電器さん!」

 俺 「お久しぶりです (^^)」


すると、お得意様が奥から出て来て、


 お得意様 「洗濯機の調子が悪かけん、

   電器屋のおにいちゃんば呼んだとたい」

 お孫さん 『おにいちゃんは、、、どこ?』


お孫さんが辺りを見回し、確認の後に大声で

云い放ったひと言が、、、然もありなん (-_-;)

30年ほど前までならいざ知らず、

さすがに『おにいちゃん』は痛い (>_<)

 

2019年2月17日 (日)

春よ、来い。~Reuse~

♫君に預けし 我が心は

  今でも返事を待っています

  どれほど月日が流れても

  ずっと ずっと待っています・・・


    春よ、来い

唄・作詞・作曲 松任谷由美


YouTube: 松任谷由実 with ASKA - 春よ、来い【ハイレゾ】

2019年2月16日 (土)

花粉症

この時期になると、連日天気予報でも

取り上げられる話題が、花粉の飛散情報。


幸いにして今のところ花粉症とは

縁の無い生活を送っている俺だが、

これは誰がいつ発症してもおかしくない!

そんなアレルギー反応なのだ。


アレルギー反応(過敏反応)とは、

通常は無害な物質に対して免疫系が、

異常反応することを指すこと。


つまりは、、、

過敏な反応による勘違いなのだ!

裏を返せば、、、

それだけ敏感で繊細だということ。


昨今は、いい薬や注射があって、

備えも万全だと聞くが、それでも・・・


憂鬱なこの時期をどうにかやり過ごせば、

巷では春爛漫を迎える時期になる。

2019年2月15日 (金)

大相撲のこと。

母方の祖父の影響で好きになった大相撲。

小学生当時のお気に入りの力士は、

元大関 清國勝雄 関。

Kk004

~元大関 清國勝雄 関 「相撲茶屋 清國 HP」参照~

取り組み内容や技の切れなどの記憶は無いが、

土俵上での四股やその所作が綺麗で、

どこか相撲人形のような端正な顔立ちが、

子供ながらに印象を深くしたのだろう。


ところで、、、

大相撲といえば、立ち合い。

1970年代の大相撲界は、中腰で仕切り線に

手を着かない立ち合いをする力士が、

殆どだったという。

そんな当時に清國関は、きちんと両手をついて

立ち会う姿勢が賞賛されていたというのだ。


立ち合いのぶつかり合いが、大相撲の醍醐味であり、

勝負の行方を左右する、最も大きな要素だと思う。

ただ単に勝ち負けに留まらず、神事として、

且つ、興業としての相撲人気を続けるためにも、

立ち合いの呼吸所作の正しさが重要だと考える。


古来からの伝統は、進化という継承の成せる業。

ただし其処には、温故知新を忘れない、

真摯な伝承の心意気があったればこそ。




2019年2月14日 (木)

確定申告

今年こそはと思いつつも・・・


年明け早々に始めた準備作業も頓挫し、

こんなことでは、またいつもと同じだと

自らを戒め鼓舞しながらも挫折し、

結局、例年同様に3月に入って

尻に火がついた状態で何とか間に合わせる!


やはり今年も同じなのかな、確定申告。

2019年2月13日 (水)

先ほど

どうでもいいようなことだけど・・・

 

Kimg0551

PC横に置いている置時計とその上の温湿度計が、

同じ様に、、、

午前7時3分頃を指しているように見える光景。

因みに、、、

気温は14度、湿度は約56%。


お粗末。。。

2019年2月12日 (火)

教育的指導

柔道用語に、『教育的指導』というのがある。

反則に対する、最も軽度の判定となる。


今朝、いつものドラッグストアーに赴くと、

あるご婦人が、店員さんと話している場面に

遭遇した。


それは、、、

買い物を済ませレジに並んでいる時のこと。

レジ横の狭いスペースでの会話が漏れてきた。

ヒソヒソ話だったので、、、

はっきりとは聞き取れなかったのだが、

どうやら、店員さんの接客態度についての

教育的指導を、本人では無く別の店員さんに

指摘しているようだった。


指摘を受けている店員さんは恐縮し、

何度も謝りの言葉を重ねつつ頭を下げた。

店長と本人に事の次第を詳らかにし、

追って謝罪をしたい旨を丁寧に告げていた。


聞こえて来た話の内容から推し量ると、

そのご婦人の指摘の背景にあるのは、

軽はずみなその店員の接客態度は、

きっとこの店の信用を大きく損なうことに

繋がって行くということ。


口ぶりや態度から、そのご婦人が過去に、

接客業に携わって来られた御仁であることを

彷彿とさせるオーラを感じた。


いやぁ、、、

ひょっとしたら、そのチェーン店本部が送り込んだ、

監察管だったのかな (@_@)

 

2019年2月11日 (月)

建国を思う。

2015年2月11日のブログに綴った思い。

 

もとは紀元節と称されていた、国民の祝日。

「神武天皇の即位をもって、日本国が建国したとするを祝う日」

と、されていた。

戦後、GHQの意向で祝日から除外されるものの、

建国記念日と名を改め、1967年から適用された。

                    Wikipedia より


神武天皇の即位が、日本の始まりかどうかは別として、

元寇からこの国を守ったとされる神風、、、

いずれにせよこの国は、神様との縁浅からぬ国なのだろう。

人々の心のうちに、それぞれが信じる神が宿る。

森羅万象(しんらばんしょう)は、神の一撃から始まった!❓



たまぁ~に日本と云う国へ、宇宙へ、、、

その思いを馳せてみた。



相い変わらず紋切り型の文章だが、

云いたいことは、まぁ分かる様な (^^;


2020年の東京オリンピックそして、

2025年の大阪万国博覧会!

華々しく世界へアピールし続ける我が日本。

国際社会に渦巻く危機的な問題が山積する中、

どう見ても、日本の果たすべき役割は大きい。

目立たなくても良いではないか、、、日本!

世界をその英知と底力で下支えすれば!!

日本国がやれること、そしてやるべきことを、

ただ粛々と着実に、前へ前へと押し進めよ。

2019年2月10日 (日)

競馬

むかし、お隣の市に地方競馬場があった。

今は、場外馬券場になったと聞く。

其処のバックヤードで働く方がお客様で、

時々業者専用の通用門から入場させて貰っていた。


馬券は一度も買ったことは無いし、

観客席に座って観戦した経験も無いが、

仕事の合間に競馬場からバックヤードに

こぼれ出る、歓喜や怒号!!!

何と云っても、馬群が発する圧巻の地響き!

ここに仕事に来るのが楽しみでもあった。


学生の頃、、、

ある授業で担当の非常勤講師の先生が、

競馬に造詣の深い方で、

時々授業から脱線して競馬論が始まった。


難しいことは忘れてしまったが、

公営ギャンブルというカテゴリーに於いて、

競馬だけが、人と馬との駆け引き、、、

つまりは、生き物のみの真剣勝負!

其処にお金が絡む人生劇場だと力説された (^^;

騎手のスキルやキャリア、馬の性格や素質。

馬場の状態や天候などなど、

あらゆる要素を鑑みて、馬券を買うのだと。

ただし最も大事なのは、、、

冷静な状態で自らが決めた賭け金。

それ以上の賭け金は、一円たりとも

競馬場には持ち込まないこと!

それさえ守ることが出来るのならば、

ギャンブルとは言え、或る意味勉強だと(^^)v


それがポリシーだということで、

授業はいつも締めくくられていた。

2019年2月 9日 (土)

誕生日だった日

今日は、お袋の誕生日だった日。

生きていれば、89歳になっていた。


外出もままならなかったお袋が、

一日の殆どを過ごしていたソファー。

そこには、お気に入り?のクッションも!

Kimg0549

きっと今でも、そこに居るな (^^)

2019年2月 8日 (金)

それでも歩く!

雨の木曜日、それでも歩くことにした。


先日痛めた左ふくらはぎは順調に回復。

ただ、かばっていた為か今度は、

右膝に少し痛みを覚えていた。


ウォーキングに然したる拘りは無い。

もはや日課になっているがゆえに、

それをやらなければ気持ちが悪いだけ。

他にやることが無いと云うのもある。


とにかく、それでも歩いている!

 

2019年2月 7日 (木)

あとのちまつり

仕事先でのお話。


「ばぁちゃん!、今はね、後の血祭りって言うとバイ」

『はぁ(@_@)、血祭りぃ~~~。』


おばあちゃんと孫息子の会話が、ちょっと変!


『なんば言いよっとかね、こん子は!?』

『誰がそげんこつば、云いよっとね?』


どうやら、後の祭り問題で盛り上がっていた(^^;

因みに、この後の血祭りも、

手遅れで無駄なことを例えた諺らしいのだが?


いったいどんな話題が、

あとのちまつりに繋がったのだろうか (-_-;)

2019年2月 6日 (水)

思し召し !?

いつものウォーキングロード唯一の大通り、

片道2車線で、けっこう車の通りも多い道。

その歩道は、5mほどもある余裕の道で、

ウォーキング終盤を颯爽と歩いている。


昨日は歩き始めが遅い時間で、

その歩道に差し掛かった頃には、

車のヘッドライがチラホラの薄暮状態。

ただ、あと10分ほどでフィニッシュなので、

気持ちはHighな状態になっていた !(^^)!


ちょうどコイン精米機が
配置されている

更に広めの歩道を歩いていると・・・

背後に接近する、何かの気配を感じ始めた。

と、、、左ふくらはぎに何かが激突!

チャリの前輪がぶつかって来たのだった。


精米を終えて建物から出て来た子供を避けようと、

ハンドルをきった先にちょうど、

俺の左ふくらはぎがあったと云う訳だ(>_<)

精米機コーナーに、小さな子供連れのお客が

居たことは承知していたけど、

まさかこんなことになろうとは。


その場の空気感ですべてを察知して、

幸い大事に至ってはいないとの判断で、

その場はそれで収まったのだが・・・

約10分を歩いて駐車場についた頃には、

ふくらはぎが悲鳴をあげていた。


俺も歩道の真ん中付近を歩いていたような

気がするし、ここは解放感がある道なので、

どこかに油断や隙があったとも言える!

今朝もまだ、少し腫れと痛みがあるけど、

大事故に遭遇しなかっただけ良かったし、

このところウォーキングラリーに浮かれて、

歩数を競っていた自分がいたので、

初心に帰れとの思し召しだったと

思うことにした。

2019年2月 5日 (火)

防犯カメラ

気になることがあってカメラを設置したいという、

お客様のご要望を受けて、防犯カメラを取り付けてみた。


近年では、家庭用の需要が急増している様で、

比較的安価なものは、ホームセンターやネットで、

本格的な物は、アルソックやセコムで!

コードレスの防犯カメラも少なくない状況。

ネットやスマホに繋いで、便利に防犯意識を高める。


今回は、テレビドアホンとのコラボ商品を選択してみた。

本格的な商品では無いが、コストパホーマンスは悪くない。

導入品としては、持って来いのアイテムかもしれない(^^)v

2019年2月 4日 (月)

見つけもの

不意に、、、

一年前まで使っていたガラケーが出て来た!

思い出したのは、、、

このガラケーを必死に探していたということ。


あることが切っ掛けで、探す羽目になったガラケー。

スマホに変えた時、確かに持ち帰っていた、はず!?

かなりの時間を掛けて探したが、結局見付からず。

「持ち帰っていたのが錯覚だったのか?」

見つからないのが悔しいのではなく、

仕舞い込んだのか!、あるいは処分してしまったのか?

その辺りが全く覚えていないことに愕然となった、

ちょうど半年くらい前のこと。



そんなこんなも忘れ去ったいた昨日、

戸棚の整理をしていて、奥に仕舞い込まれていた

スチール缶の中から、ガラケーは出て来た。

お袋の目覚まし代わりのガラケーと一緒に!

ただ、そのガラケーを見つけた途端、

溢れるように記憶が甦って来たことに、

少しばかり安堵している俺がいた(-_-;)


どうでもいいような気もするが、、、

ガラケーを探していた理由は、

この待ち受け画面!

Kimg0547 

画面に綴られた言の葉は、、、

仕事先でご褒美に頂いた子供さんの直筆サイン。

洗面台の取り替え作業後に頂戴した宝物!

見つかって、ほんとによかった(^^)v



あれ(◎_◎;)、、、でもそう云えば!

直筆サインの原本があったような?

ファイルにして、どこかに・・・?

2019年2月 3日 (日)

ジャニーズの嵐が、2020年12月31日で休業する。

多方面に多大なる影響力のある人気グループゆえに、

その突然の報告は、驚きと動揺を隠しきれなかった。

取り分けファンの方々には、衝撃となって伝わった。


彼らがこのタイミングで明かした真実を、

どう受け止めるかはそれぞれだと思うが、

” 彼らが真摯に向き合ってきたこれまでの活動に、

  敬意と感謝の念を禁じ得ない!”

そう感じるファンは多いと俺は思う。

残された期間を懸命に全うすることで、

これまで応援してくれた多くの方々に対しての

感謝の念を届けようとする彼らの誠意は、

会見でのコメントで心に響いてきた。


そしていつの日にか、、、

シニアジャニーズ・嵐としての復帰も

有りなのではないか!

そんなことも、考えたりした。

2019年2月 2日 (土)

節分

雑節の一つである節分は、もともとは

立春・立夏・立秋・立冬の前日のこと。

それが、いつのころからか、、、

冬から春への季節の変わり目である、

立春の前日を指す暦日となったらしい。


節分に付きものなのが、豆まき。

「福は内、鬼は外」

鬼といえば、桃太郎!


チコちゃんによれば、、、

江戸時代まで桃太郎は、桃から生まれたのではなく、

桃を食べて若返った、お爺さんとお婆さんの

愛の結晶だったとされていたらしい。


おとぎ話や民話には、必ずと言っていいほど、

教訓めいた落ちが用意されているもの。

それ故に、内容が余りにもリアルであれば、

教育的な観点からとして修正が施されたり、

時には、国威発動の道具にされたりもする。


人の世の絵巻物は、きらびやかで甘美!

されどその陰に隠れし言の葉は、

非情で冷淡な一面を如実に語る。


ちょっと、節分とはかけ離れてしまったか?

また、、、

チコちゃんに叱られる!

2019年2月 1日 (金)

如月

2月になると、お袋へのホスピス通いを思い出す。

ちょうど一ヵ月間、日参の日々だった。


限られた時間が、そう長くは無い現実と、

それまでの時間を、濃厚なものにしたい、

そう願う気持ちに突き動かされていた。


生まれ月のみそかに亡くなったお袋。

立春近し如月のついたちを迎えて、

三回忌の法要に、心を馳せる俺がいる。

 

アクセスランキング

福岡の天気
祝日カウントダウン
Sakura Calendar
名言集
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
Powered by Six Apart
Member since 02/2013
フォトアルバム