« 2019年4月 | メイン | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月31日 (金)

月末 2019.05

令和がひと月経った。


10連休に始まった今月は、

アッという間の日々だった。


来月は、いよいよ梅雨入り!

例年並みか、少ない雨量の予報もある。

願わくば、、、

適量の降雨であって欲しいもの。


台風もそろそろ生まれて来だす頃。

そして、、、

災害は いつも何処でも 何度でも

2019年5月30日 (木)

今日は、ここまで。

この日は、午後6時を少し回ったところ。

公園の外周コースから戻ったら、

このトーテムポール時計?を見て終了!

Kimg0719


ウォーキングは順調に継続中。

2019年5月29日 (水)

月命日 令和元年 皐月

昨日のお上人様は、約3時間のご滞在。


話題には上らなかったが、

川崎市登戸の殺傷事件のこと。


いつの時代も、、、

理不尽な振る舞いがあり、

同時に慈悲深き行いもある。


ただ今回の所業を思う時に、

罪を憎んで人を憎まずなどと、

云える自信を失った俺がいる。

 

このことをお上人様は、

どのように思われるのか?

お尋ねしてもいないのに、

分かったような気になっている

俺がいた。

2019年5月27日 (月)

雨の月曜日

少し離れたホームセンターへ、

久しぶりに出向いてみた。

いろいろ物色したいものがあったし、

ここのホームセンターが、

その種類が多く展示されていたから。


帰り道、雨が強くなって来たので、

久しぶりにショートカットの裏道を、

スルッと抜けて帰るコースを選択した。


ここは、年に一度か二度しか通らない道。

舗装はキレイだし、そんなに狭くもない。

ただ、慣れた道では無いから徐行していた。


そんな最中、、、

側道からバイクが、目の前に飛び出て来た。

慌てて急ブレーキを掛け、緊急停車!

幸い、バイクとの接触は間一髪免れ、

後続車もおらず、大事には至らなかったが、

バイクは何食わぬ顔でとん走していった。


雨の月曜日は、、、

ちょっとだけナーバスな面持ちになる。

ただでさえそうなのに、あわや人身事故!


それにしても、何でショーカットしようとした?

あんなに雨が酷くなってたというのに<`ヘ´>

 


また、両親に助けられた。

心して戒めよ。

2019年5月26日 (日)

令和最初の国賓

アメリカ大統領のトランプ氏が、

国賓として来日した。


世界がいま、直面する喫緊の課題。

経済・環境・人権、、、そして政治。


よくよく見てみると
それぞれが、

複雑に絡む、糾われた縄のようであり、

ずーっと続いている連鎖の中にあって

有史以来、同じようなことをただ、

只管繰り返しているに過ぎない!

そんな風に思えてならない。


都度、演者は入れ替わるが、

幕の下りないドタバタ劇を、

ただ延々と見続けている様な・・・



令和の時代がはじまり、

国としてお披露目をすることは由として、

なぜにアメリカの大統領を最初に、

しかも一国のみを国賓として迎えたか?

恋に落ちたとでも、云うのか!

ARTUR'S THEME

 ♫When you get caught between

   the Moon and New York City...


ARTUR'S THEME(Best That You Can Do ) 

歌唱・作詞・作曲 クリストファー・クロス


YouTube: Christopher Cross- Arthur's Theme + Lyrics

 

2019年5月25日 (土)

会釈

軽く頭を下げるくらいの挨拶のこと、

そんな感じを受ける言葉、、、会釈。


この言葉には、こんな概念があるらしい。


 仏教用語にある「和会通釈わえつうしゃく)」の略語。

 会通えつう)ともいう。仏典二律背反を照合し、

 矛盾のない解釈を導き出すこと。

 転じて他者相互の矛盾を解消する意となり、

 さらに教説を離れて人間相互の融和から

 「挨拶」の意へと変遷した。

           ~会釈 Wikipedia参照~

で、、、何が言いたいのかというと、

昨日、思わぬ方向から挨拶をされて、

咄嗟にでたのが、中途半端な会釈だったが、

それを受けての、相手のリアクションが

「あっ!知らん人に、挨拶してしもうたぁ」

みたいになっていて、変な空気感だった。


まぁ、にこやかな挨拶を交わした訳では

なかったが、それでも悪い気はしない。

会釈でも、挨拶したことにはなるのだから。

・・・っていうお話。

2019年5月24日 (金)

納めること

「しんがり2」に連日綴ったこの話題は、

冷凍ストッカーを納めると云うもの。


実際は、、、

玄関に後付けされていた網戸を外し、

2階入り口のドアーも蝶番から外した。

あと1.5㎝奥行が長かったら、

きっと納品出来なかった (>_<)

ほんとうによくぞ納まったものだ!


いつも助っ人をお願いする相方と、

納品先のご主人の加勢が無かったら、

成し遂げらないミッションだった。


こうやって俺はいつも、

誰かや何かに助けられ、

支えられて生かされている。

2019年5月20日 (月)

ちびまる子ちゃん

19日放送回のエンディングで、

西城秀樹さん歌唱曲の、

『走れ正直者』が流れた。


一瞬、、、sign02となったが、

ネットニュースを見て納得した。


これこそが、、、

忖度というものだな!

2019年5月19日 (日)

Melody Fair

♫Who is the girl with the crying facs

  looking at millions of signs? ...


歌唱 THE BEE GEES


YouTube: 「メロディ・フェア Melody Fair」ビージーズ  Bee Gees new

2019年5月17日 (金)

本音は、口をつく。

酒は神代の昔から、

潜在意識を吐露させる!

例え百薬の長と云えども、

過ぎてしまえば、、、

身を滅ぼす諸刃の剣!

 


若輩者なれどいやしくも、

国会議員の端くれならば、

身を律してこそ浮かぶ瀬もある。



今回のことは、、、

レッドカードで、一発退場処分もの!

せめて散り際は、潔く。

2019年5月14日 (火)

元年と元日

元号の始まりの日、、、

令和でいえば、2019年5月1日が

令和元年5月1日になる訳で、

この日が、令和の始まりの日。

令和元年に、元日は存在しない!

つまり、、、

〇〇元年には、元日が無いことの方が

きっと多いはず!だろう?


調べてみたら・・・

 <明治>

 1868年1月25日(明治元年1月1日)~

 1912年(明治45年/大正元年)

 7月30日までの期間を指します。

 明治天皇在位期間とほぼ一致するとされています。

 ただし、実際に改元の詔書が出されたのは

 1868年10月23日(慶応4年9月8日)で、

 同年の旧暦1月1日に遡って

 明治元年とすると定めました。


 <大正>

 大正天皇の在位期間である1912年

 (明治45年/大正元年)7月30日~1926年

 (大正15年/昭和元年)12月25日までの期間を指します。

 日本史で一番短い時代です。

 <昭和>
 

 昭和天皇の在位期間であった1926年

 (大正15年/昭和元年)12月25日~

 1989年(昭和64年)1月7日まで用いられました。
 

 昭和は、歴代元号の中で最長であり、

 外国の元号を含めても最も長いとされていますが、

 実際は元年と64年が共に「1週間」のみであったので、

 62年と2週間になります。

       ~YAHOO! JAPAN 知恵袋参照~


明治は法的に元日を存在させているものの、

明治以前の元号もたぶん、、、

元年に元日のある確率は限りなく低い。


令和改元は、譲位によるものなのだから、

2019年1月1日から始めることも出来た。

だけど、諸々あってそうはならなかった。


元年と元日は、縁が薄いものなのかな?

どうでもいいけど、気になって(^^;

 

2019年5月13日 (月)

Hug me

      Hug me

歌唱 Sohyang

 


YouTube: (Rom | Engsub | Vietsub)「Sohyang - Hug Me」

2019年5月12日 (日)

勘違いと神隠し

その電話が入ったのは、数日前の午後。

内容は、「すべてのテレビ放送が映らない」

要領を得ないので、お宅へ駆けつけた。


確かに放送が受信出来ていない。

ところが、、、

チャンネルがBSポジションになっていた。

ここのお宅は、BS受信の設備が無い。

地デジにポジションをシフトすると、

鮮やかに映像が映りだした。


こんなことはよくあることで、

殆ど電話対応で事足りるのだが、

このお宅に駆けつけたのには、

理由がある。それは・・・

2台あるテレビの両方とも、

同じ様に画像が出ないとの

申し出だったから。

 

2台とも映らないとなると、

アンテナ関係のトラブルか?

ところが、、、

1台は、BSポジションだったけど、

もう1台は、入力1ポジションに

変わっていたのが原因!

偶然だろうが、こちらも操作ミス!?

或いは、ご家族の誰かの仕業?


状況と対策の説明をしていると今度は、

そう云えば、リモコンが見当たらない、

昨晩は使ったのにとおっしゃる。

 

その辺をくまなく探すが出て来ない。

仕方なく、テレビ本体での操作法を伝え、

「きっとリモコンは出て来るから、

 テーブル周辺を重点的に探して下さいね」

と告げて、次の仕事先へ向かった。


次の日の朝早くに電話が入った!

リモコンが見つかったとのこと。

本かノートに挟みこんであったらしい。


そう云えば、、、

かけてたメガネを額に跳ね上げたままにして、

メガネが見当たらないと騒ぐ人もいる。

勘違いを覆い隠そうとする神隠し。

挟み込むくらいのことなら、ざらにあるな!

 

2019年5月11日 (土)

不審メール

昨晩、こんなメールが送られて来た!

 弊社からの通知メールを装い

 フィッシングサイトに誘導する

 メールが確認されました。

 お客さまのメールアドレスおよび

 メールパスワードの不正利用など

 の被害を受ける恐れがあります。

 

 偽サイトには、絶対にメールアドレス

 およびメールパスワード等を

 入力なさらないよう、お願いいたします。

 また、不審なメールは、開封したり、

 リンクを開いたりなさらない

 ようご注意ください。

     ~QTnetお客様センター~


この文面の後、、、

「弊社を装った通知メールの例」

なるものが添付されていた。

この警鐘を鳴らす意味のメールが、

すでに不審メールでは?


疑えば 切が無くなる メールかな

 

2019年5月10日 (金)

LEDランプからの発火

昨日のあさイチでも取り上げていた話題。
最近急増している、蛍光管からLEDランプへの交換で、
招いてしまっているとされる火災のこと。
照明器具とLEDランプの点灯方式の不一致が、
その主たる原因だというのだ。

LEDランプには、直管型とドーナツ(環状)型、
そして、最初に普及した電球型がある。
今回特に注意喚起なされていたのは、
直管型とドーナツ型のLEDランプのこと。

蛍光器具には以下の点灯方式がある。

① スタータ式(またはグロースタータ式)
② ラピッドスタート式
③ インバーター式(半導体式)

直管型は3つとも、ドーナツ型には①と③の2つ。

これは器具に記載されているので、
確認して適合するLEDランプを選んで頂きたい。

また、電球型LEDについては、
器具が調光式(明るさを調節できるタイプ)の場合は、
調光式器具に対応している電球型LEDを必ず選ぶこと。

悩ましいのは、、、
間違えて取り替えた場合、すぐに発熱や発火をせず、
一週間後や一か月後などの時間差が生じるということ。

家電屋でありながら、、、
ここまで事態が深刻だとは思って無かった。
電球型LED以外のLEDランプは、
基本的に取り扱って来なかったのもある。
器具ごと交換をお勧めしていた。

発熱・発火ということ以前に、
旧型器具に取り替えるには、
初期の直管型LEDランプは重すぎた。
落下の心配をしていたのだ。

ホームセンターや家電量販店では、
交換時の注意点が事細かに書かれた
説明パネルが設置されている。
購入の際には確認して、
わかりにくい時には、
店員さんに聞いて欲しい。

くれぐれもご注意願いたい。

2019年5月 8日 (水)

信州松本

今週のこころ旅は、信州長野県の旅。

今日は、松本市へと向かうチーム正平!

 

昨日の南アルプスがそうであるように、

信州に入ると空気感が一変する。

正平さんの衣装も、まだ肌寒い

春先に戻ったような装いだった。

 

筑後もいいところだけど、

信州松本は、大好きになった場所。

 

とうちゃこ版も楽しみだ!

 

2019年5月 6日 (月)

前言撤回

4月30日を以って、

「BBIQ blogの新規書き込みはしない」

なんて宣言したんだけど・・・

考えてみれば、7月31日までは綴れる訳だし、

「書けなくなるまでは、書かないともったいないflair

と、考えを翻し、前言撤回して書くことにした。

ただ、、、もう一つの方もあるので、

まぁ、ぼちぼちということになる(^^;


長かったGWも、今日で終了となる。

平成・令和にまつわる諸々のこと、

先送り出来ない喫緊の課題が山積する中、

夏の参院選も相まって、事態は混迷を極める。


何かこういうフレーズを並べると、

いろいろ分かったような気になるが、

中身は何も無いことが、透けて見える!


まぁ、こんな感じで綴ってみる(^^)v

アクセスランキング

福岡の天気
祝日カウントダウン
Sakura Calendar
Powered by Six Apart
Member since 02/2013
フォトアルバム