カテゴリ「福岡芸能人・有名人」の記事 Feed

2016年8月11日 (木)

内村航平

体操男子団体優勝、、、そして個人総合連覇の金メダルを獲得。

歴史上、最も強い男子体操選手と言って過言では無い選手。

やるべきときに、出来得る全てを出し切って勝ちに行く。

その揺るぎのない強さは、驚くべき練習量が裏打ちしている。

素質の上に重ねた努力は裏切らない、、、まさに稀有な選手。


非凡な人が地道に事に当たれば、、、鬼に金棒ということ。

彼の努力と精神力、そして持って生まれた素養と練磨、

何より周りの大いなるサポーターを含めて、、、


全てにおめでとう!

 

Images

  

国籍 日本の旗 日本
生年月日 1989年1月3日(27歳)
生誕地 福岡県北九州市
故郷 長崎県諫早市
身長 161cm
体重 55kg
種目 男子体操競技
代表 2006-
所属 KONAMI
学歴 東洋高校日本体育大学
獲得メダル
男子 体操競技
オリンピック
2012 ロンドン 個人総合
2016 リオデジャネイロ 団体総合
2016 リオデジャネイロ 個人総合
2008 北京 個人総合
2008 北京 団体総合
2012 ロンドン 団体総合
2012 ロンドン ゆか
世界選手権
2009 ロンドン 個人総合
2010 ロッテルダム 個人総合
2011 東京 個人総合
2011 東京 ゆか
2013 アントワープ 個人総合
2013 アントワープ 平行棒
2014 南寧 個人総合
2015 グラスゴー 団体総合
2015 グラスゴー 個人総合
2015 グラスゴー 鉄棒
2010 ロッテルダム 団体総合
2010 ロッテルダム ゆか
2011 東京 団体総合
2014 南寧 団体総合
2014 南寧 鉄棒
2010 ロッテルダム 平行棒
2011 東京 鉄棒
2013 アントワープ ゆか
2013 アントワープ 鉄棒
ユニバーシアード
2007 バンコク 団体総合
2007 バンコク

ゆか

          ~内村航平 Wikipedia 参照~

2016年1月27日 (水)

歴史秘話ヒストリア

今日のオンエアーでは、江戸時代の発明家、

からくり儀右衛門こと、田中久重を取り上げる。


1799年9月18日(1799年10月16日)、

筑後国久留米(現・福岡県久留米市)の

鼈甲細工師・田中弥右衛門の長男として生まれた。

幼名は儀右衛門。 ~Wikipedia 参照~



福岡県南部の中心地久留米市は、世界的な

タイヤメーカーであるブリヂストンの城下町。

其の地は、東芝の創始者の一人である、

田中久重を輩出した地でもあったのだ。


江戸の大発明家「からくり儀右衛門」の名を、

もうこれ以上汚して欲しくは無いものだ。



 

2016年1月25日 (月)

琴奨菊和弘

琴奨菊(本名 菊次一弘 きくつぎかずひろ)、、、福岡県柳川市出身。

初場所、日本出身力士としては10年ぶりとなる幕内最高優勝を果たす。


幼少期からの相撲ファンではあるが、さすがに近年は

テレビ観戦すら怠るほどの不義理を重ねに重ねていた。

初場所も、日馬富士の連覇か白鵬の復活かと高を括っていたが・・・

あの快進撃を、どれほどの人が予測していただろうか?


もちろん、頷ける理由はあるのだろう。

来場所以降の活躍を期待する声も、無理からぬこと。

ただ、今は、、、そっとしておいてあげたい。

むしろこれから来場所までの時間が大事になるから。


近隣同県人としても、ほんとうに喜ばしく誇らしい。

 

Pn2013111201001572___ci0002              琴奨菊 Google画像 参照

2015年11月10日 (火)

蛭子能収

1947年10月21日、熊本県牛深市(現天草市)出身。

漫画家、イラストレーター、タレント、エッセイスト、

ギャンブラー、俳優、映画監督。長崎市立長崎商業高校卒。

この方のイメージは、タレントギャンブラーかなぁ!

ただ、テレビ番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」では、

彼のゆるゆるなところが良い塩梅に出ていて、何かイイ。

著書『ひとりぼっちを笑うな』は、彼なりの処世術が

込められているような気がする。

福岡県出身者ではないのだが、彼の操る長崎弁は、

俺の住む地域にも馴染む響きで、その辺りも彼が

憎めないキャラクターに思える所以である。

しぶとく生き残れる、雑草のような強さを感じる人である。

 

Images_2

2015年10月27日 (火)

五郎丸 歩

ゴールキックを蹴る前の仕草が独特だがあれは・・・

元イングランド代表のスタンドオフ ジョニー・ウィルキンソン

(2003年ワールドカップ優勝メンバー及び大会得点王)に倣っている

3歳でラグビーを始める。福岡市南区鶴田小学校出身。

小学校4年から6年まではサッカーに専念し、福岡市選抜に

選ばれたこともある。同市南区老司中学時代はサッカー部と

ラグビークラブに所属。佐賀工業高校時代には3年連続で

花園に出場(いずれもベスト8)。U17日本代表にも選ばれる。

早稲田大学スポーツ科学部に進学し、1年時よりフルバック

レギュラーとして活躍。全国大学選手権優勝を経験。

2005年3月、日本代表選出。

2008年4月、トップリーグのヤマハ発動機ジュビロに入団。

2012-2013シーズンの得点王(160得点)およびベストキッカー

(40G/25PG)を2年連続2回目の受賞を果たした。

2015年、ラグビーワールドカップ2015の日本代表に選ばれる。

                                        ~五郎丸歩 Wikipedia 参照~

俺にとっての、ラグビーとの関わり、、、

新日鉄釜石や神戸製鋼などが活躍していた時代、

高校の体育の時間にラグビーは必須だった。


ラグビーワールドカップ2019、、、

日本で開催されるこの大会での、

彼の更なる活躍を希う。

V

福岡県福岡市出身 身長 185cm、体重 100kg

2015年8月10日 (月)

田中麗奈

田中麗奈 1980年 5月22日 福岡県久留米市出身。

幼少期から女優志向の強い少女だったと聞く。

俺のイメージの中での彼女は、ローカルのCMから

映画俳優へと駆け上った女優さん、、、

その昔の、薬師丸ひろ子さんや原田知世さんを彷彿とさせるが、

そのご両名とは異質のきらめきを感じる役者さんである。


現在大河ドラマで、幕末、長州毛利家の御姫様役を熱演中!

同郷の吉田羊さんと同じく、今後も注目して行きたい女優さんだ。

Imagesqshj6j24          ~Google 画像検索 参照~

2015年6月14日 (日)

タモリ

日本お笑いタレント司会者俳優歌手ラジオパーソナリティー

作詞家作曲家作家実業家。本名:森田 一義(もりた かずよし)。

福岡県福岡市出身。田辺エージェンシー所属。

妻は2歳年上の一般人で自身の個人事務所の社長を務める。 

                      ~Wikipedia 参照~ 


言うまでも無く、日本屈指のエンターテイナー。

そして、『笑っていいとも』に代表される名司会者。


彼をテレビで最初に見たのは、「うわさのチャンネル」。

和田アキ子、せんだみつお、ザ・デストロイヤーets・・・

たしか、金曜夜10時からの放送だったかな?

PTAには眉をひそめられた、、、そんな番組。

伝説の゛イグアナ”を目にしたのも、、、この番組。

マニアックな形態模写をやるかと思えば、パロディーや

ブラックユーモアを駆使した密室芸が、彼の真骨頂。

トランペット奏者としても知られ、ジャズにも精通し、

拘りのある料理にも定評がある。

ただ、俺のなかでのタモリさんと云えば、、、

『夜のオトナな雰囲気とシャイな少年のこころ』

そのギャップとバランス感覚が絶妙な人。

北部福岡県人の気質、、、上品な九州人のイメージ。

サユリストを自認する中で、最強の男だとも思う。

Images_z


今後の人間タモリの動向を注視していきたい。
                                                  

 

2015年5月 8日 (金)

吉田羊

福岡県久留米市出身、1974年2月3日生まれ。

はじめて知ったのは、NHK朝の連続ドラマでのこと。

その後の活躍は目覚ましいが、HEROでの演技力が、

現在の確固たる地位を獲得するチャンスを得る。


テレビコマーシャルなどで、見ない日は無いほどの
活躍だが、

たぶん彼女のポテンシャルはこんなものでは無い。

テレビのバラエティーからシリアスな舞台、映画まで、

幅の広い演技スタイルには、これからも相応のオファーがあろう。


そんな大女優さんが、俺の住む近くの町出身だと云うことが、

何だかとっても嬉しいこと、、、自慢に出来ることである。

彼女の今後の活躍を見守りたい。

Photo

2015年3月 8日 (日)

高倉健

高倉健さんは、1931年2月16日福岡県中間市に、

軍人だった父と教員の母との間に生まれた。

本名は、小田剛一(おだ ごういち)さん。


時代劇映画と任侠映画に、はまっていた時があって、

たぶん、健さんの男気に惚れ込んでいたのだと思う。

ご本人がどうなのかは別として、晩年は特に、

゛不器用ですから・・・”のフレーズが、

高倉健のイメージに彩りを添えた。


昭和を代表する銀幕のスターの中でも、

燦然と輝きを放つ、存在感溢れる俳優、、、

それが、高倉健という役者さん。


俺に中に残る名作は、

『日本任侠伝・網走番外地シリーズ』、『幸福の黄色いハンカチ』

『鉄道員』、、、『あなたへ』などなど。


2014年11月10日、悪性リンパ腫により逝去、83歳だった。

 

Photo

2015年2月25日 (水)

博多華丸・大吉

福岡のローカル局で、何やらドタバタやっている、

そんな若手の芸人がいるのに気付いたのが、20年ほど前。

 

福岡吉本の1期生として、若手お笑い集団の先頭に立って

引っ張っていたのが、博多華丸・大吉のご両人。

当時は確か、鶴屋華丸・亀屋大吉と名乗っていた。

 

博多弁の、しゃべくり漫才師第一人者を目指す二人が、

意を決して東京へ進出し、THE MANZAI 2014グランプリにまで

登りつめようとは・・・。

漫才師としての技量は、同業者も認めるところだと云うが、

その奥ゆかしさが、ややもすると気後れに繋がって、

活躍の場を狭めていたのかもしれない。

ただ、この受賞はこれまで頑張ってやって来たことへのご褒美。

能ある鷹の爪が、キラリと光った、、、たぶんそうだ。

これからも、いぶし銀の技を、、、

泥臭い博多弁の漫才を見せ続けてほしい。

 

213

 

 

 

時計

アクセスランキング

福岡の天気
ガソリン価格

gogo.gs
野菜today
フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 02/2013